• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

函館

このテーマに投稿された記事:701件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c45/6630/
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

健一のアパート オーバー・フェンス

JUGEMテーマ:函館 映画のロケで使われたアパートを見に行ったのは5月の連休,青空の広がる午後であった。 このあたりの海は私のお気に入りの場所だ。 大森浜から宝来町,住吉町を経て立待岬までの道を幾度となく歩いたものだ。 健一はこのアパートで虚無感に包まれた生活を送っていた。 弁当とビール,寝るためだけに帰ってくるような使い方をしていた。 その昔,宝来町に手頃なアパートを見つけ,そこに住もうと本気で考えた日のことを思い出した。 バブルの時代の終わり頃にはこの街でも就職先はいくらでもあったのだ。...

函館を歩く | 2018.02.01 Thu 18:47

五勝手屋羊羹の広告

JUGEMテーマ:函館 電車通りを歩いていると五勝手屋羊羹の広告が目に飛び込んできた。 よく見ると電車のボディに描かれたものであった。 何となく函館の銘菓と思っていたが,よく考えると江差町に本社があるのであった。 歴史と伝統のあるお菓子であり,市電の広告にさらりと登場するのもいかにもといったところだ。 特にお勧めは丸缶羊かんである。 自分の食べたい分量を押し出して糸で切るという楽しみがある。 この羊かんを食べる人の様子を見ると,最初の一口目あたりは大ぶりにカットし,残り少なくなってくるとほんの数...

函館を歩く | 2018.01.17 Wed 19:07

立待岬の浜薔薇

JUGEMテーマ:函館 10月の立待岬にはしおれかけた浜薔薇の実がまだ残っていた。 この日はよい天気であり,その分,午前中の岬は寒さが残っていた。 岬を訪れる人の多くは荒々しい景観と本州の地を遠望し,記念写真を撮って移動する。 誰も浜薔薇の実には興味を示していない。 私も同じようなルートを通ざるを得ないのだが,なぜか浜薔薇の実が気になった。 子どもの頃,私が生まれ育った浜にも自生しており,その花の美しさや橙色の実は見慣れた存在だった。 実が赤くなったことを見計らって頬張るも,あまり美味しいものとは...

函館を歩く | 2018.01.16 Tue 19:16

五稜郭公園の桜

JUGEMテーマ:函館 5月の連休,絵に描いたような桜三昧の景色に出会った。 五稜郭公園の桜は訪れた人を圧倒するほどの迫力がある。 ここが西洋式築城として造成され,戊辰戦争最後の決戦の場であることを忘れてしまうほどである。 一本一本の桜の花の量が多く感じるのは手入れが行き届いているからだろう。 北海道の花見はゴールデンウィークと重なるため,五稜郭公園にも多くの観光客,地元の花見客が集まり,賑やかな雰囲気が広がる。 私は朝一番の静寂を求めてやってきたのだが,すでに焼き肉を始める若者集団,ベンチで眠り...

函館を歩く | 2018.01.14 Sun 21:05

函館要塞跡

JUGEMテーマ:函館 函館山つつじ山駐車場の近くに御殿山第二砲台跡がある。 日露戦争の時代に建設されたものである。 28センチ榴弾砲6門があったというが,実戦には使われなかったらしい。 山頂まで様々な資材を運搬するための道路が旧登山道だったそうだ。 どうりで旧登山道の道幅が広いわけだ。 昭和の終戦まで函館山は軍事要塞として扱われ,市民が立ち入ることはもちろん,写真を撮ったり,スケッチをすることさえ禁止されていたという。 ここを訪れる人はそれほどはいない。 大半の観光客はロープウェイ,もしくは観光...

函館を歩く | 2018.01.13 Sat 07:50

小いけのカレー

JUGEMテーマ:函館 外食に行ってまでカレーは選択しない,と妻は言う。 私もそう思う。 しかし,元祖小いけのカレーだけは特別だ。 むしろこのカレーを食べることだけを目的に函館に行くほどだ。 私が初めて来店したのは学生時代だ。 当時の私は持病のため,いわゆる刺激物は一斉口にしない生活をしていたので,ここで最初に食べたのはカツ丼だった。 店内に広がる刺激的なカレーの香りと汗だくになってカレーを食べる友人の様子を見て,早く身体を治してカレーを食べてやると決意した日のことが懐かしい。 その後,体調も...

函館を歩く | 2018.01.12 Fri 18:45

きじひき高原から函館山を望む

JUGEMテーマ:函館 私が学生時代はここをニヤマと呼んでいた。 久しぶりに訪れてみて驚いた。 きれいな展望台,土産コーナー,駐車場が整備され,駐車場の誘導係までいるほどの盛況ぶりだったからである。 その昔は二輪にまたがり,膝にバンクセンサー代わりのつぶした空き缶をつけた若者が集まるメッカであった。 仲間内ではギャラリーカーブと呼んでいたコーナーでのライディングフォームへのこだわりは半端なものではなかったものだ。 あれから時はたち,平成の終わりの今はそういった連中はいなくなってしまったようだった。...

函館を歩く | 2018.01.12 Fri 18:38

桜が丘通り

JUGEMテーマ:函館 函館市内には桜の名所が多々存在する。 五稜郭公園,函館公園・・・いずれも桜の季節には観光地として大変な賑わいに包まれる。 この桜が丘通りは観光地としてのインフラがないためジンギスカンのにおいも土産物屋もない名所なのだ。 市電,五稜郭電停から湯ノ川方向に少々歩き,右折するとおよそ800mの桜のトンネルが待ち構えている。 ここは一般住宅街の中であり,昭和の初め頃に住民が桜を植樹したことが始まりなのだ。 したがって,「見せよう」とか「見やすく」といった観光客向けの媚びた感が全く...

函館を歩く | 2018.01.11 Thu 18:58

ティーショップ夕日のひととき

JUGEMテーマ:函館 元検疫所の建物を利用した「ティーショップ夕日」は外国人墓地の奥にひっそりと存在している。 ここからみる巴湾の眺望,特に夕日の時間帯の眺めはとても心にしみいるものがある。 現在は日本茶の店として繁盛しているようだ。 私も含めて観光客が多かった。 隣の席に80歳程度の老婆と孫娘という組み合わせの客がいた。 ここでは夕日を眺める以外には何もすることがない。 それを目的とする客ばかりなので,連れのいる客は景色についての感想を述べ合い,お一人様は黙って景色を見るだけなのだ。 自然...

函館を歩く | 2018.01.11 Thu 18:54

函館山山頂の日時計

JUGEMテーマ:函館 函館山の頂上には日時計がある。 これが結構重厚な作りで,季節による時差表も実装されており,晴れている日にはかなり正確な時刻を示している。 地球の動きが物理の法則に則っており,それは函館山からの景色の変遷との対比のように見えなくもない。 地球の動きといえば,中学校理科の学習で「透明半球」を使った実験があった。 プラスチックでできた透明な半球に,1時間ごとに太陽の動きを観察し,フェルトペンで印をつけるというものだ。 何事もなければ,きれいな曲線の結果を得ることができ,太陽の...

函館を歩く | 2018.01.11 Thu 18:49

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全701件中 1 - 10 件表示 (1/71 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!