画材フランドルのにっき
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

画材フランドルのにっき

このテーマに投稿された記事:219件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c83/19237/
画材フランドルのにっき
このテーマについて
静岡の画材屋フランドルのBlogです。
お店のお知らせや、美術に関する色々な情報を発信していきたいと思っています。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「frandle-web」さんのブログ
その他のテーマ:「frandle-web」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

賞金の出る公募展を教えてほしいとお問い合わせがあったので

7月に入ってから、雨が続きますね。キャンバスを張るのには適した天気ですが、額縁や紙類の納品に頭を悩ます今日この頃です。 そういえば先日、漆の扱いについてお聞きする機会があったのですが、漆というものは温度ではなく湿度によって固まるそうですね。むしろ乾燥は敵で、漆を塗った作品に湿らせたダンボールを被せるなどして固化を促すそう…驚きです。 油絵具の固化も、温度というより酸化作用でおこなわれるものですから、温度や乾燥で固化する絵具ばかりではないと知識としては知っていますが…水彩絵具が身近に...

ARTフランドル | 2015.07.03 Fri 12:31

アルシュ水彩紙ブロック特別セール!

[アルシュ水彩紙ブロックタイプスケッチブック 特別セール ] 夏の恒例、アルシュブロックの特価セールが始まりました♪ 美しい発色はもとより、500年の伝統を誇る抜群の保存性と、あらゆる水彩技法を受け止めてくれる心強〜い紙質で、プロ・アマ共に愛用者の多いアルシュ水彩紙。 絵具の吸い込みがとても良いので、深い色を出したい時など重宝します。 セットで付いてくる携帯用のマングース筆もなかなか使い心地良さそう…! ブロックタイプスケッチブック(定価の30%OFF) +  アルシュ特製水彩筆1本 ...

ARTフランドル | 2015.06.23 Tue 15:09

平成27年度 夏季市民美術講習会

夏季市民美術講習会の募集が始まりましたのでお知らせします。 日時 :平成27年7月25日(土)・26日(日) 9:10から16:00まで 会場 :静岡市民文化会館 4階B・C室 内容 :裸婦モデル2名、着衣モデル(バレリーナ)2名による人物素描 使用画材は自由。彫刻もOKです。静岡市美術家協会の理事が助言します。 参加資格 :静岡市内に住んでいるか、通勤・通学している方(高校生以下は除く) 参加料 :一人4000円(1日のみの参加でも同額です) ※静岡市美術家協会会員は3000円 参加申し込み :7月21日(火)までに、募集要...

ARTフランドル | 2015.06.23 Tue 08:59

公募展のお知らせ

早くも秋の県展の募集要項が届きました。 展示自体はまだ先ですが。応募申し込みが先に締め切られますので、出展をお考えの方はご注意くださいね。 ●第65回 静岡県水彩画協会展  会期: 平成27年8月26日(水)〜8月30日(日)  会場: 静岡県立美術館 県民ギャラリー  出品料:4000円  搬入日:27年8月24日(月)  搬入出代行料(往復):4000円  出品サイズ:20号〜S50号以内 ●第54回 静岡県芸術祭ふじのくに芸術祭2015  会期: 平成27年10月20日(火)〜11月3日(火)  会場: 静岡県立美術館展示室1〜...

ARTフランドル | 2015.06.19 Fri 15:00

小技の利いた万能額縁

春の見本市で見て、待ちに待った新商品の額縁が入荷しました。  さび金とアイボリーの2種類。  見本市での様子はこちら。  ゴテゴテ過ぎず、シンプル過ぎない丁度良い装飾で、色々な額装に使えそうです。  模様のアップはこんな感じ。   上記の写真のように民芸色の強い作品は勿論、優しい色遣いの作品を入れても、ポップな抽象画を入れても合います。 見本写真を撮りながら、万能な子だなあとしみじみ… 早速ご予約をいただきました♪ このように表情のある額は、ちょっと難しい…と敬遠される方も多いか...

ARTフランドル | 2015.06.13 Sat 11:16

増田常徳展-70年の旋律-

だんなさんが大ファンの増田常徳さんの展示が、沖縄県佐喜眞美術館で始まっています。  増田常徳展-70年の旋律- 実は、常徳さんご本人からこの展示のポスターをお送り頂いていまして…  だんなさん、狂喜乱舞 笑  こちらの作品は、別バージョンのポスターに掲載されている作品。 暗色の画面に浮かぶ瓦礫の、確かな存在感が見事。 鑑賞者の内面をえぐるような画題と、静かで重厚な表現を支えるマチエールの妙は必見です。 出来れば生身で、絵と向き合いたいところですが、沖縄まで行くのは静岡ではなかなか難しいか...

ARTフランドル | 2015.06.12 Fri 11:27

銀座への個展搬入に行ってきました。

先月の終わりに、彫刻家とさかますみさんの個展の搬入に銀座へ行ってきました。 乳白色ベースの柔らかな色調の作品が、軽やかに、静かに、空間と調和します。 個展は銀座8丁目のyyギャラリーにて、明日6日まで。 けんぢょは初めて東京の搬入についていったのですが、銀座通から1本外れた場所にあるギャラリーは老舗和食店の2階という立地で、ちょっと隠れ家的な雰囲気。並びにも何件もギャラリーが続いていて、ぶらぶら梯子するのも面白そうでした。 表通りにも画廊がたくさんありますが、どこの通りを歩いてもギャラリーが...

ARTフランドル | 2015.06.05 Fri 11:48

公募展のお知らせ

現在、静岡県立美術館では県美術家連盟展が開かれています。平面から立体・工芸まで様々な県内作家の作品が展示されていますので、篠山紀信展とあわせて、どうぞご覧ください。(24日まで) 週明け26日には市民文化祭の美術部門の展示が始まります。 今年も清水マリナートでの展示となります。 搬入出代行のご希望は25日まで受け付けていますので、出展をお考えで迷っている方は、どうぞご相談ください。 ●第43回 静岡県油彩美術家協会展    会期: 平成27年6月10日(水)〜6月21日(日)  会場: 静岡県立美術館 県...

ARTフランドル | 2015.05.21 Thu 14:43

セヌリエ水彩絵の具が入荷しました。

フランスの老舗、セヌリエ社の水彩絵具を新たに在庫することになりました。    今まで、紙やパステルはあれど全国的にも流通が少なかった水彩絵具ですが、愛好家の中では発色の美しいことで知られてきました。 100年以上前から変わらない製法で作られており、高品質のアラビアガムに加え、蜂蜜を加えてあるのが最大の特徴です。 絵具に必要な柔軟剤として古来より使用されてきた蜂蜜は、傷薬としても使われていた性質上、絵具層の堅牢性維持、防腐剤の役割も同時に果たしてきました。 ボッティチェリの『春』の下地にも使われ...

ARTフランドル | 2015.05.20 Wed 11:40

展示会の紹介 『春夏秋冬-ヒトトセ-』展

静岡市駿河区中原のGallery PSYSさんにて、静岡では少し珍しい展示会が開かれております。 春夏秋冬-ヒトトセ- (画像はサイトよりお借りしました)   絢さん、一希さんの若いお二人による二人展。 水彩で描かれた繊細なイラストと、和紙の造形物を展示しています。     東京や京都などの大きな都市では、こういうタッチのイラストを趣味にされる方々で集まっての、場所を借りた展示が結構盛んだったりしますが、静岡のような地方では特に集客の面で難しいのか、あまり目にすることはありません。 お店では...

ARTフランドル | 2015.05.02 Sat 09:03

このテーマに記事を投稿する"

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

全219件中 91 - 100 件表示 (10/22 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!