[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] レトロな街へ!のブログ記事をまとめ読み! 全268件の26ページ目 | JUGEMブログ

レトロな街へ!
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

レトロな街へ!

このテーマに投稿された記事:268件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c151/17213/
レトロな街へ!
このテーマについて
懐かしい、情緒豊かな街並みへタイムスリップ!!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「pi-ta」さんのブログ
その他のテーマ:「pi-ta」さんが作成したテーマ一覧(14件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27 >

昭和の町にゴジラ現る! 豊後高田昭和の町展示館にて、株式会社アキ工作社のダンボールクラフト、d-torsoの無料特別展示。 体験イベントや、株式会社アキ工作社代表の松岡勇樹氏(豊後高田市立桂陽小学校卒業)による講演会も実施

昭和の町にゴジラ現る! 豊後高田昭和の町展示館にて、 株式会社アキ工作社のダンボールクラフト、d-torsoの無料特別展示。 7月21日(火)〜9月30日(水) 10:00〜15:00(休館日:月・木) 体験イベントや、株式会社アキ工作社代表の松岡勇樹氏 (豊後高田市立桂陽小学校卒業)による講演会も実施するそうです。 国内外で高評価オンリーワンのものづくり、うちも酒蔵使ってやりたいなぁ!    ↓      ↓  にほんブログ村 JUGEMテーマ:レトロな街へ!

【麦焼酎・酒の山城屋】で働く、良くんのブログ 〜 viva!!おおいた 〜 | 2015.07.26 Sun 10:32

JR九州大分支社は、デスティネーションキャンペーン(DC)に合わせ、観光列車専用車両で県内を巡る日帰りツアーを7月に2回実施する。「海幸山幸」は、7月16日に大分駅から日豊線を走り宇佐駅へ。ボンネットバスで豊後高田市の「昭和の町」に入り、ガイドの案内で散

JR九州大分支社は、デスティネーションキャンペーン(DC)に合わせ、 観光列車専用車両で県内を巡る日帰りツアーを7月に2回実施する。 「海幸山幸」は、7月16日に大分駅から日豊線を走り宇佐駅へ。 ボンネットバスで豊後高田市の「昭和の町」に入り、 ガイドの案内で散策した後、僧侶が先達(案内人)を務める 観光バスで富貴寺や真木大堂、熊野磨崖仏を巡る。 https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/06/18/131055247 富貴寺では先祖供養の法要があり、真木大堂では国の重要文化財...

【麦焼酎・酒の山城屋】で働く、良くんのブログ 〜 viva!!おおいた 〜 | 2015.06.19 Fri 14:21

4月29日 昭和の日は大分県豊後高田市「昭和の町」へ! 「ちゃぶ台返し選手権」や「フラフープ回し大会」などイベント目白押し^^

4月29日 昭和の日は大分県豊後高田市「昭和の町」へ! 「ちゃぶ台返し選手権」や「フラフープ回し大会」「射的大会」などイベント目白押し^^ http://www.showanomachi.com/info/detail.php?142923258980127 「ちゃぶ台返し選手権」昨年は私の嫁が参加いたしました^^まだ参加者募集中みたいですよ〜    ↓      ↓  にほんブログ村 JUGEMテーマ:レトロな街へ!

【麦焼酎・酒の山城屋】で働く、良くんのブログ 〜 viva!!おおいた 〜 | 2015.04.26 Sun 11:07

レトロな店先

レトロな雰囲気の残る店先。 都会の中でも探せばまだまだ懐かしさを感じるものたちに出会えるものです。 昭和幻風景―山本高樹ジオラマ作品集posted with amazlet at 14.11.05山本 高樹 大日本絵画 売り上げランキング: 115,049Amazon.co.jpで詳細を見る JUGEMテーマ:レトロな街へ!

日々の書付 | 2014.11.05 Wed 21:58

江戸東京たてもの園探訪 「小さいおうち」のような小出邸

引き続き、東京都小金井市にある江戸東京たてもの園について。 今回の目的はデ・ラランデ邸と、この小出邸です。中島京子さんの小説「小さいおうち」を読むとき、この家をイメージしながら読んでいました。この小出邸は、大正末期にたてられた、和洋折衷の住宅で、堀口捨己というモダン建築を得意とする建築家によって設計されたのだとか。 この家にはお客様を迎える応接間と食堂は洋室、家族の生活スペースである和室が混在するつくりとなっています。玄関脇に応接間があるのが「小さいおうち」っぽいのです。 応接間をレト...

日々の書付 | 2014.06.25 Wed 01:35

ホーロー看板 放浪記

本日、国分寺南口周辺を散策していたところ、アンティークショップで数枚のホーロー看板が売られているのを発見。以前に吉祥寺の骨董屋でも見かけたし、最近、とみに商品として流通されているような気がする。 基本的には民家に設置されているのが一番味があると思うけれど、家のインテリアとしてちょと欲しい。しかし、家族に反対されると思うので、江戸東京たてもの園で売られていたミニ看板で我慢しておこう。 眉がつながってるホモの殺し屋で我修院達也が大活躍(?)の映画「鮫肌男と桃尻女」でも、やくざの組長(岸辺一徳...

日々の書付 | 2014.06.24 Tue 21:11

江戸東京たてもの園探訪 デ・ラランデ邸

東京都小金井市にある江戸東京たてもの園に、新しく移築されたデ・ラランデ邸を観に行ってきました。 デ・ラランデ邸はその昔、カルピスの発明者である三島海雲氏が所有していました。昔の建物を調査した藤森照信さんの「建築探偵の冒険〈東京篇〉」という本でも紹介されたことがありますが、以前は敷地内で養蜂を行っており、蜂たちは贅沢にも、離宮や東宮御所の花々から蜜を集めていたのだそうです。 当時は個人所有のため、一般公開は行っておらず、このまま老朽化して解体され、一般人にはみる機会などないのだろうな…、と、思...

日々の書付 | 2014.06.24 Tue 20:56

「そんへえ・おおへえ―上海生活三十五年」 内山 完造

伝説の内山書店、その始まり 大正時代、上海でひとつの本屋が開業しました。夫の行商の留守に妻が内職がわりに勤しむための、小さな書店でした。しかしそれが、上海在住の日本人、魯迅などの中国文化人のサロンとなった、有名な「内山書店」の始まりでした。 当時の中日文化交流のサロンとしての役割をになった内山書店、その創業者である内山完造氏の上海での出来事を綴ったのが「そんへえ・おおへえ―上海生活三十五年」です。内山書店創業のエピソードや氏が行なった広告手法、書店以外に手がけた日本語学校の創設など、当時の内...

日々の書付 | 2014.04.17 Thu 23:20

★伊予三津浜木村邸:おまけ

JUGEMテーマ:PENTAX K-r:レトロな街へ! 「3月23日、レトロ三津浜ぷち散歩旅へ行ってきました」の記事の続きです。解散後、木村邸へと向かいました。まずは、外観をパチリ!前回撮り忘れましたからねw

ときどき*カメラ | 2013.03.29 Fri 06:06

★3月23日、レトロ三津浜ぷち散歩旅へ行ってきました。

JUGEMテーマ:PENTAX K-r:レトロな街へ!3月23日、レトロ三津浜ぷち散歩旅へ行ってきました。団体行動(十数名)は約8年ぶりでしょうか?非常にドキドキしました。頓服のソラナックス飲んで行くの忘れましたし上の写真は集合場所の伊予鉄三津駅です。私が高校に通ってた頃は、もっとボロボロな建物だったんですよ。今なんて自動ドアになってるし、ビックリしました!

ときどき*カメラ | 2013.03.24 Sun 16:16

このテーマに記事を投稿する"

< 17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27 >

全268件中 251 - 260 件表示 (26/27 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!