>
映画館でみました!
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

映画館でみました!

このテーマに投稿された記事:509件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c169/2493/
映画館でみました!
このテーマについて
映画館で見たら、みんなトラバしよう!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「peko」さんのブログ
その他のテーマ:「peko」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

【19-066】記憶にございません! ★★★★☆

月曜祝日という事でauマンデイの割引(1,100円)で記憶にございません!を鑑賞。 病院のベッドで目覚めた男(中井)は一切の記憶がなく、病院を抜け出して見たテレビで、自分が国民から石を投げられるほど嫌われている総理大臣の黒田啓介だと知る。 国政の混乱を避けるため、記憶喪失になったことを国民や家族には知らせず、真実を知る3人の秘書官に支えられながら日々の公務をこなす中、アメリカの大統領が来日する。 三谷幸喜監督作品です。 三谷作品としては、4年ぶりの公開となりますが、その前作は各所で(このブログも含...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2019.09.22 Sun 15:31

【19-065】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド ★★★★☆

久々のタランティーノ映画を満喫しようとワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドをIMAX(TOHOシネマズ日比谷)で鑑賞。 人気が落ちてきたドラマ俳優、リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は、映画俳優への転身に苦心している。 彼に雇われた付き人兼スタントマンで親友のクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は、そんなリックをサポートしてきた。 ある時、映画監督のロマン・ポランスキーとその妻で女優のシャロン・テート(マーゴット・ロビー)がリックの家の隣に引っ越してくる。 1969年のハリウッドのお...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2019.09.18 Wed 01:07

【19-063】アス ★★★☆☆

いちおうホラーなのか?という思いでアスを鑑賞。 アデレードは夏休みを利用して、夫と2人の子供たちと一緒に幼い頃住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪問する。 彼女は友人一家と落ち合いビーチへ出掛けるが不可解な出来事に見舞われ、過去のトラウマがフラッシュバックする。 やがて夜になると、自分たちとうり二つの不気味な4人組が家の前に現れる。 ジョーダン・ピール監督「ゲット・アウト」がまずまずアタリだったので、楽しみにしておりました。 その「ゲット・アウト」同様に、今作でも黒人一家が主人...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2019.09.16 Mon 23:32

【19-062】プリズン13 ★★★☆☆

B級と承知の上でプリズン13を鑑賞してみた。 大学生のマリ(堀田)は、人気VTuberのソフィアが行う公開実験に参加する。 それは12人の被験者を看守と囚人に分け、4メートル四方の部屋で7日間にわたって監獄での生活を疑似体験させるというものだった。 そこでマリは看守の役割を与えられるが、実験は徐々に過激になり死人まで出てしまう。 ベースは1971年にスタンフォード大学で行われた実験・・・と言うと『es/エス』『エクスペリメント』が連想されますが(その2本とも劇場で観ています)、そのシチュエーションを使ったB級...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2019.09.05 Thu 00:35

【19-061】シオリノインム(ネタバレあり) ★★☆☆☆

「夏のホラー秘宝まつり」よりシオリノインムを鑑賞。 彼氏と別れて傷心中の詩織(松川)は毎夜、謎の男に抱かれる夢を見ていた。 戸惑いつつもその淫夢に陶酔し、日ごと妖艶になっていく詩織。 しかし、ある日を境に夢の男は恐ろしい姿に変貌し、ついに現実にも現れるようになる… 「夜な夜な幽霊に犯される」というと『エンティティー 霊体』が思い出されますが、結果的にこの映画はエンティティーどころかホラーでも無かったというのが自分の見立てです。 では何かというと、「セックス依存症で欲求不満の女の話」と自分は...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2019.08.30 Fri 00:57

【19-060】VAMP ★★☆☆☆

キネカ大森で開催の「夏のホラー秘宝まつり」よりVAMPを観てみた。 父親から虐待を受け続け、生きる希望を失い自暴自棄に陥った女子高生・美以那(高橋)。 彼女の前に現われたのは謎の美女・苓(中丸)。 自らを“ヘマトフィリア(血液耽溺者)”と呼び、“生きるに値しない”男たちを殺し、血をすする苓が、傷ついた美以那を導いていく。 そんな二人の前に美しきヴァンパイアの影が忍び寄る… タイトルの通り、吸血鬼の映画・・・・と思ったら、さほど吸血鬼感は感じられない映画でした。 もちろん「VAMP」と言うからには血を食...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2019.08.25 Sun 22:01

【19-059】スタートアップ・ガールズ ★★★★☆

劇場公開より一足早く、スタートアップ・ガールズの完成披露上映に行ってきた。 大企業勤務で起業家に投資する南堀希(山崎)と、大学生ながら起業家で天才肌の小松光(上白石)。 二人は、光のサポートをしているミズキ(山本)の考えで、小児医療で遠隔操作による診察を行うプロジェクトのビジネスパートナーになるが、光の身勝手さを目の当たりにした希は、彼女を信頼できなかった。 この手の「女の子+仕事」みたいな話だと、「希望を抱いて勤め始める」「だけど何をやっても失敗ばかり」「そのうち彼氏にもフラれる」「そ...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2019.08.24 Sat 02:31

【19-058】黒い乙女A ★★☆☆☆

前作の「Q」が思ったよりも面白かったので後編を待っていました黒い乙女Aを鑑賞です。 身寄りのない芽衣(浅川)は、裕福な宇田夫妻(和田、三津谷)の養子になったが裏切りに遭い、同じく養子のラナ(北)と一緒に夫妻を殺してしまう。 ところが一連の出来事は、ラナが仕組んだ罠だった。 捕らわれの身となった芽衣に、仮面をかぶった少女の亡霊やゾンビなどさまざまな恐怖が襲い掛かる。 いやね、「Q」の方は思いのほか「けっこうアタリやん!」「Aも楽しみ!」って感じで自分の中では盛り上がったんですよ。 なので、少し...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2019.08.22 Thu 00:45

【19-057】ダンスウィズミー ★★★☆☆

公開初日のダンスウィズミーを鑑賞してみた。 一流商社に勤務する鈴木静香(三吉)は、曲が流れた途端に歌って踊らずにはいられなくなるという催眠を催眠術師(宝田)にかけられる。 翌日から静香は、テレビから流れる音、携帯電話の着信音、駅の発車メロディーなど、ちまたにあふれる音楽に体が勝手に反応してしまう。 なんとか術を解いてもらおうとするが、催眠術師はどこにもいなかった。 矢口監督の脚本と言えば、当然主人公は「鈴木」。 今回も三吉ちゃんが「鈴木」です。 と言う前振りはさておき、矢口監督の初期の「...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2019.08.18 Sun 11:52

【19-056】ゴーストランドの惨劇 ★★★★☆

入場者特典チラシに釣られて・・という訳でも無いが、ゴーストランドの惨劇を観てみた。 双子で気ままな姉のヴェラと内気な妹のベスを育ててきたシングルマザーのポリーンは、片田舎にある叔母の家を相続し、娘たちを連れて引っ越す。 だが、新居に到着して早々2人組の暴漢が家に侵入し、ポリーンは娘を守ろうと必死に抵抗する。 その出来事から16年後、ベスは小説家として成功したが、ヴェラは心を病んでいた。 2009年に観て、その「痛さ」が衝撃的だった「マーターズ」。 後にリメイクもされた作品だが、そのオリジナルの方...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2019.08.16 Fri 11:49

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全509件中 1 - 10 件表示 (1/51 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!