>
映画館でみました!
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

映画館でみました!

このテーマに投稿された記事:569件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c169/2493/
映画館でみました!
このテーマについて
映画館で見たら、みんなトラバしよう!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「peko」さんのブログ
その他のテーマ:「peko」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

【20-033】地獄の黙示録 ファイナル・カット ★★★★★

世間はコロナ禍で外出も控えるモードだが、IMAXで上映されるというこの機会を逃したくない一心で地獄の黙示録 ファイナル・カットを観に映画館へ行ってしまうのでした。 ベトナム戦争が激化していた1960年代末。アメリカ陸軍のウィラード大尉(マーティン・シーン)は、カンボジアの奥地に自分の王国を作り上げたカーツ大佐(マーロン・ブランド)を暗殺するよう命じられる。 ウィラードと4人の部下は、ジャングルを流れる川を哨戒艇でさかのぼる。 この映画は「初公開時」「特別完全版」「デジタル・リマスター」(2018年の「...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2020.03.10 Tue 18:43

【20-032】スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼 ★★★★☆

前作はちょっと微妙だったけど、スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼を観てみた。 長い黒髪の女性が狙われた連続殺人事件が解決してから数か月後、同じ現場から新たな身元不明の死体が見つかる。 事件を追う刑事・加賀谷(千葉)はかつて自分が逮捕した連続殺人鬼・浦野(成田)を訪ねると、獄中の彼は自身が師と仰ぐ「M」という人物の存在を明かす。 やがて恋人の美乃里(白石)が何者かに狙われていることを知った加賀谷は、やむなく浦野に捜査協力を依頼する。 またまたIT系を題材とした映画です。 この手の映画は...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2020.03.01 Sun 11:37

【20-031】犬鳴村 ★★☆☆☆

いかにもB級ホラーの臭いがプンプンする犬鳴村を鑑賞。 臨床心理士の森田奏(三吉)の周りで、不思議な出来事が起こる。 奇妙なわらべ歌を歌う女性、行方不明になった兄弟など、彼らに共通するのは心霊スポット「犬鳴トンネル」だった。 さらに突然亡くなった女性が、死ぬ間際にトンネルを抜けた後のことを話していた。奏は何があったのかを確かめるため、兄たちと一緒に犬鳴トンネルに向かう。 いわゆる「都市伝説ホラー」です。 自分は犬鳴村と言う都市伝説は知らないし、ガチで犬鳴村ってのが存在するのかも知りません。な...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2020.02.29 Sat 19:20

【20-030】ドミノ 復讐の咆哮 ★★☆☆☆

入場特典のチラシ欲しさにドミノ 復讐の咆哮を鑑賞。 デンマーク市警の刑事クリスチャン(ニコライ・コスター=ワルドー)とラース(ソーレン・マリン)は、市内パトロール中にある殺人事件に遭遇。 クリスチャンは、犯人タルジを取り押さたが、隙を衝かれた際に、同僚ラースが重傷を負い、さらには謎の男たちに犯人を連れ去られてしまう。 拳銃の不携帯という自身のミスでラースを危険に晒したクリスチャンだったが、自身への失望と怒りから、上司からの謹慎処分を無視、同僚の女刑事アレックスと共に元特殊部隊員の過去を持つ...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2020.02.23 Sun 16:06

【20-029】ヲタクに恋は難しい ★★★☆☆

個人的には「変態仮面」以来久々の「福田コメディ」となるヲタクに恋は難しいを観てみた。 26歳の会社員・桃瀬成海(高畑)は、転職先で幼なじみの二藤宏嵩(山崎)と再会する。 イケメンで仕事もバリバリこなす宏嵩はかなりのゲームヲタクで、成海もボーイズラブを愛する隠れ腐女子だった。 成海は周りの人にヲタクと知られる“ヲタバレ”を恐れており、家族や友人にも内緒にしていた。 まあ、自分もヲタクのはしくれと自認しているわけで(坂道ヲタだったりホラー映画ヲタだったり、複数あるってのも相当だが)、この手の話に...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2020.02.23 Sun 14:59

【20-028】スキンウォーカー ★★★☆☆

またまた未体験ゾーンよりスキンウォーカーを鑑賞。 人間に寄生し命と記憶を奪い取る謎の生き物は、かつては一つの体で何年も生きることができたが、最近は数日で体が朽ちるようになっていた。 絶えず誰かに成り代わるしかない生き物は、いつも同じバーで会うジュリアに心を奪われるが、同じ姿を維持することも正体を明かすこともできない。 しかしあるとき、ついに自分の思い描いた関係を持つことができる。 一見するとボディ・スナッチャー系というか、「ヒドゥン」とかの人体乗っ取りSFなのかと思えるのだが、実際はちょ...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2020.02.15 Sat 10:50

【20-027】DRONE/ドローン ★★★☆☆

引き続き未体験ゾーンからDRONE/ドローンです。 新婚のレイチェルとクリスは、新居で幸せに暮らしていた。 ある日、クリスが放置されていた1機のドローンを家に持ち帰ると、不可解な出来事が頻発するようになる。 レイチェルは、隣に暮らす女性を盗撮した画像がパソコンに残されているのを発見し、クリスが撮ったものではないかと疑う。 ドローンには、レイチェルのかつての恋人で、彼女と別れた後に殺人を犯すようになったラムゼイの魂が憑依していた。 ま、言ってみりゃあ「ドローン版・チャイルド・プレイ」って感じでし...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2020.02.15 Sat 10:26

【20-026】ストレイ 悲しみの化身 ★★★☆☆

今週も未体験ゾーンからストレイ 悲しみの化身を鑑賞。 愛する息子ヴァーニャが失踪したイゴール夫妻は、数年後、養子を迎え入れることを決める。 妻は児童養護施設でいじめられていた子供が気になって家に連れて帰り、行方不明の息子の名前で彼を呼ぶ。 ヴァーニャは、一緒に過ごすうちに息子に似てくる。あるとき妻が妊娠し、喜ぶ夫妻だったが、ヴァーニャが母親を見る目が変わる。 一見すると「エスター」のような話かと思ったけど、実際は怪物映画でした。 養子を迎えるってのはいいけど、どこをどう考えたらあの子を選...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2020.02.14 Fri 23:32

【20-025】アントラム 史上最も呪われた映画 ★☆☆☆☆

もはや宣伝の煽りだけで出落ち感満載なアントラム 史上最も呪われた映画を観てみた。 1970年代のアメリカ・カリフォルニア州で映画『アントラム』が撮影されたが、ずっとお蔵入りになっていた。 この作品を観た者は不幸に見舞われるというジンクスのためだが、1988年にハンガリーのブダペストで初上映される。 すると映画の上映中に火災が起きて映画館は焼失し、56人もの犠牲者を出す大惨事となる。 まさに「惹句による出落ち映画」としか思えないものでした。 ストーリーあらすじに書かれている内容は、まさに「前フリ」で...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2020.02.14 Fri 00:03

【20-024】続・荒野の用心棒 デジタル・リマスター版 

入場特典のチラシ欲しさに続・荒野の用心棒 デジタル・リマスター版を鑑賞。 鞍を背負い、棺桶を引きずり歩く流れ者ジャンゴ(フランコ・ネロ)は、底なし沼の前で男たちに鞭打たれている女マリア(ロレダナ・ヌシアック)を、得意の早撃ちで彼女を救う。 二人はマリアが逃げ出した村へやってくるが、村はジャクソン少佐(エドゥアルド・ファヤルド)率いる元南軍兵士と、ウーゴ将軍(ホセ・ボダロ)率いるメキシコ革命軍との抗争によりゴーストタウンと化していた。 両軍から裏切り者とされたマリアは村の厄介者だ。ジャンゴは、...

燃える映画軍団【ブログ編】 | 2020.02.11 Tue 14:59

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全569件中 1 - 10 件表示 (1/57 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!