>
源氏物語
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

源氏物語

このテーマに投稿された記事:65件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c216/4779/
源氏物語
このテーマについて
昨年は、「源氏物語」千年紀でした。
1/15からはフジテレビ系列で、
「源氏物語千年紀 Genji」の放送開始。
今年も、「源氏物語」は色褪せることはありません。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「izakamakura」さんのブログ
その他のテーマ:「izakamakura」さんが作成したテーマ一覧(4件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7 >

源氏物語9

いよいよ終わりも見えてきました源氏物語。 今日は「総角」から「宿木」まで。 とりあえず八の宮の長女の大君が薫を完膚なきまでに叩きのめ・・・じゃない、 拒んで拒んで拒み通して死に逝くのが凄い、と思いました。 そして拒まれ通して強姦に至らない薫も凄い。 全体的に薫が世を儚み気味というか、そういう感じなのが強姦に至らない 理由なんだろうなあと思いますが、この時代の男にしてはうむ、良い、と 言っていいと思います。嫌だ、と言われても引き下がらない男とは大違い。 その引き下がらないどころかサッサと中の...

散文 | 2008.10.08 Wed 22:20

源氏物語8

今回は「御法」から「椎本」まで。 「御法」で紫の上がお亡くなりになりました。 いやあそれからの源氏の悲しみようは半端なかったです。 あの稀代の好色な色男が一人の女が死んだだけでこうも変わるか、 というぐらい半端なかったです。 次の「幻」は紫の上が死んでからの1年間だったのですが、 もう何を見ても紫の上を思い出してしまって悲しい悲しい悲しい悲しい 俗世に未練も無いから今度こそ出家しよう、でもすぐにしたら 女々しいと世間に噂されるかもしれないからまだやめよう、 ああ悲しい悲しい、出家いつしよう...

散文 | 2008.09.26 Fri 16:41

源氏物語7

恒例の水曜読書です。 先週はうっかり転寝をしてしまい、気付いたら15時だったのでお休みしました。 今回は「柏木」から「夕霧」まで。 本には匂宮だか紅梅だかまで入っていたのですが、時間切れでした。 凄く半端な帖で止めてきてしまった感があります。 今日はちょっといつもと周囲の音の環境が違っていて、えらい気が散ったので あまり捗らず、いい読書時間でもなかったように思います。 まあそんなこともある。 さて。 さあ言わせてもらおう。 夕霧、あんたって子は・・・!! 柏木が遂にお亡くなりになってしま...

散文 | 2008.09.17 Wed 16:33

源氏物語の世界

この世に、光り輝かんばかりの皇子が誕生してから2年・・・ 秋篠宮家の悠仁親王。 珠のような赤ちゃん、というのは、まさにこういうときに使うのかと思ったほど、実に美しく神々しいような姿を見せてくれた。 が、今日、書きたいのは悠仁さまのことではない。 この世に、光り輝かんばかりの皇子が誕生してから・・・一千年。 光源氏。 私は『源氏物語』の原文を、最初から最後まで全て読んだことはないし、訳文にもまだ挑戦したことはない。 けれど、源氏物語と言えばあさきゆめみし、あのマンガで筋を大体頭に入れ、円地...

ぽれぽれものろーぐ | 2008.09.09 Tue 21:38

源氏物語 完成から約1000年壮大な物語

完成から約1000年壮大な物語 日本人で良かったw 源氏物語・・・ やはり日本が誇れる文学ですw 源氏物語 の本 さがすなら 源氏物語 CD DVD さがすなら 瀬戸内寂聴展:天満屋岡山店で始まる /岡山 毎日新聞より ーーーーーーーーーーーーーー 作家・瀬戸内寂聴さんの執筆50周年と、 瀬戸内さんが現代語訳した源氏物語の千年紀を記念した 「瀬戸内寂聴展―生きることは愛すること―」が5日、 岡山市表町2の天満屋岡山店で始まった。 15日まで。 同展では愛用の着物や机、自筆原稿、書簡類、 剃...

まちゃ・なぎ日記 | 2008.09.08 Mon 11:50

源氏物語6

源氏物語、今日は「若菜」の上下。 柏木、お前もか・・・・・・!!! 若菜の感想はコレに尽きる。 朱雀院が出家をし、その際に女三宮が心配でたまらんので誰か良い婿は おらんかと探しに探して最終的に源氏の君に白羽の矢が立ちました。 朱雀院さあ・・・・・・。いや、源氏に任せりゃ後見とか色々いいんだろうけど この無類の好色男にどうして差し出しちゃうんだろうか、 お前いくら源氏が40だからって侮る無かれ、この13歳だか14歳だかの 女三宮に源氏は「ほほう」となったんだぞ、と耳元で囁いてやりたい。 分かってるのか、...

散文 | 2008.09.04 Thu 05:21

源氏物語5

今回は「蛍」から「藤裏葉」まで。 どうやら藤裏葉で一区切りらしいです。 もうなんていうか源氏の君の栄華極まれり というのが今回一番の感想です。 ようやく玉鬘が内大臣の娘ですよと本人と周囲に伝わりまして、 ああヨカッタヨカッタ・・・と行かないのが源氏物語なんですね。 いや、よかったのはよかったんですけど、周知された途端に 源氏の君が前より言い寄るようになったり・・・ネ! このいよいよ内大臣に知らせようとする辺りは、先が気になって気になって ああ早く早く!という気分で読んでいました。完全に引き込...

散文 | 2008.08.28 Thu 04:12

源氏物語4

さて、今日は源氏物語を「薄雲」から「胡蝶」まで読んできました。 遂に冷泉帝が自分の出生の秘密を知りましたよ! うひょーいよいよ来たか!と思ったのですが、冷泉帝が一人悶々とお悩み 遊ばすだけで、特にこれといった面白い展開にはなりませんでした。 なりませんでしたが自分の父親が実は源氏の君だった、なんて知った瞬間は えらい衝撃だったろうなと思います。自分の臣下にしていた云々、というより 「俺の父親は桐壺帝じゃなかったのか!!」って方がショックだと思うんですが どうでしょう。彼はとにかく自分の父...

散文 | 2008.08.21 Thu 00:24

源氏物語3

恒例の水曜の読書を、今さっき終えてきたところです。 今回も源氏物語、3巻目。 「須磨」から「松風」まで。 「須磨」にて源氏の君が須磨へ退去するのですが、 退去して都が恋しいとか紫の上が恋しいとか、他の女が恋しいとか言い、 都でも源氏の君が恋しい、とかそういう恋しい展開になり、 しみじみしていたのですが、また明石の君という女性が登場し、 まあ案の定ねんごろになり後朝の文を送る展開になり 更には姫が生まれました。 どこにいてもやることはやる男だなあ、 もうこいつは男の中の男だと思いました。 ...

散文 | 2008.08.13 Wed 16:34

謎の『源氏物語絵巻』

JUGEMテーマ:源氏物語 江戸の初期といえば、千年紀で話題の『源氏物語』にもまた発見があったとか。石山寺の「末摘花」と同じ絵巻だろうとされる「桐壺」ですが54帖そろったら壮観なことでしょうね。そろいませんかねぇ。  もちろん、誰もが知っている国宝『源氏物語絵巻』も全巻見たいですが単純に、この江戸初期もののほうが絵解きが多くて楽しめそう。土佐光起が描いたとも、狩野山楽が描いたともいわれますがたいへん細部にこだわった絵巻とか。なんとも美しいミステリーです。  大沢家本という写本の発見もあったとかで、...

50代からの桃山ニッポン | 2008.08.07 Thu 18:01

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7 >

全65件中 51 - 60 件表示 (6/7 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!