• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ファンタジー

このテーマに投稿された記事:314件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c218/1513/
このテーマに投稿された記事
rss

< 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19 >

「獣の奏者 闘蛇編・王獣編」 上橋菜穂子

「獣の奏者」は決して人に慣れることのない猛獣と少女の物語。 まず、圧倒されるのがこの物語の核となる架空の獣、 「闘蛇」と「王獣」の生態描写。 まるで、この生き物が世界のどこかに存在するのではないかと思うくらい、リアルに読み手に伝わってくる。 「闘蛇」は名の通り、主に水中に住み、蛇状の体に、鋭い爪と角を持つ。頑丈なうろこは弓矢も弾く。 それに対し、「王獣」は、銀白の羽を持ち、狼のような顔、鋭い爪を持ち、「闘蛇」の天敵として「闘蛇」を喰らう。 この物語の舞台、リョザ神王国では「王獣」は真王(...

日々の書付 | 2012.01.16 Mon 05:27

アルケミスト4 死霊術師ジョン・ディー マイケルスコット

アルケミスト4 死霊術師ジョン・ディー マイケルスコット忘れた頃に新しい本が出るので、思い出すのに時間がかかるのですが、お話もだいぶ佳境に入ってきているせいか、どんどん引き込まれていきました。あらすじ(amazonより)かつてエリザベス1世に仕えた錬金術師がいた。占星術ですべてを見通し、不死身となった男。その名はジョン・ディー。失敗続きで追いつめられたディーは、死者をよみがえらせる忌まわしい術を使うと決めた…“伝説の双子”として狙われるソフィーとジョシュは、このような目にあうのは自分たちが初めてではない...

ふしぎの本棚 おすすめ絵本とファンタジー児童文学 | 2012.01.06 Fri 10:33

新わちふぃーるど大図鑑 ダヤンの不思議な旅

わちふぃーるど大図鑑の第2弾です。 こちらは2004年に発行されました。旧版の違いとしては,まずキャラクター紹介が若干簡素化されています。なので,キャラクターを深く知りたい人は旧版の方がよいかと思います。一方,わちふぃーるどの世界のことや,用語集など,細かい知識が知りたい方は新版がおススメです。ダヤンの書籍ですダヤン わちふぃーるどのDAYANシリーズ!猫のダ...価格:2,415円(税込、送料別)

魔法少女!?私が愛したコレクション | 2011.12.17 Sat 15:28

RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 荻原規子

  RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (カドカワ銀のさじシリーズ) 3作目でもかなり学園祭の話がでていたので、4作目はてっきり学園祭かと思いきや、その準備だけで終わってしまった……。もちろん、シリーズとしてはできるだけ続いて欲しいので、山場が後になるのは構わないのですが、4作目が1冊の本として「これでいいの?」と思わなくもない。姫神の真相に迫ったり、泉水子と深行のやりとりが興味深かったり、見どころはたくさんあるのですけど、出来事という出来事がない。いや、それなのに1冊の本になってしまうと...

ふしぎの本棚 おすすめ絵本とファンタジー児童文学 | 2011.12.12 Mon 16:29

王国の鍵 4 戦場の木曜日  ガース・ニクス

王国の鍵 4 戦場の木曜日  ガース・ニクス面白くなってきました。1巻から3巻までは、ラストでそれなりにひと段落つくのですが、4巻は最後で、次の物語がはじまりかけて、終わる!となっています。もう、あとは一気に読みたくなります。あらすじ amazon米国で全巻ベストセラーTOP10入りをはたす超人気シリーズ。魂食らいが人々の心を食いつくし、遺書の管財人たちが次々と謎の死をとげる。世界は「無」にのみこまれようとしていた――。ウェンズデーを倒して第3の鍵を手に入れたアーサーは、一時、現実世界にもどって、家族の無事をたし...

ふしぎの本棚 おすすめ絵本とファンタジー児童書 | 2011.12.01 Thu 13:54

王国の鍵1 アーサーの月曜日―The Keys to The Kingdom ガース・ニクス

JUGEMテーマ:ファンタジー王国の鍵1 アーサーの月曜日―The Keys to The Kingdomセブンスタワーのガース・ニクス。先日荻原規子の「これは王国のかぎ」を読んで、全く関係ないんだけど、似ているタイトル、ということで読んで見ようと思いました。が、はっきり言って、最初は「面白くないかも……」って思ってしまいました。だって、階級らしきものが、ありそうだったり、上がったり下がったり、「うーん、セブンスタワーと同じ???」という感じがしたのです。でも、なんとなく読み進めているうちに、やめられない止まらない!!とな...

ふしぎの本棚 おすすめ絵本とファンタジー児童書 | 2011.11.07 Mon 14:25

これは王国のかぎ 荻原規子

これは王国のかぎ (ファンタジーの冒険)荻原規子あらすじ(amazon)失恋して泣き疲れて眠ったあたしが目覚めたら、そこはチグリスの畔、目の前にはターバンをした青年が。不思議な力を持つ魔神族となったあたしは、彼と都へ向かい、王家の争いに巻き込まれて…。アラビアンナイトの世界に飛び込んだ少女の愛と冒険の物語。 主人公「上田ひろみ」の中学生のころのお話。高校生になったら樹上のゆりかごです。さて「これは王国のかぎ」。上田ひろみがアラビアンナイトの世界へ行ってしまうわけですが、何と言っても面白いのは、彼女がジ...

ふしぎの本棚 おすすめ絵本とファンタジー児童文学 | 2011.10.25 Tue 10:08

僕僕先生シリーズ 「先生の隠し事」 仁木 英之

僕僕先生シリーズ「先生の隠し事」 前回、苗族の旱魃騒動をなんとか収め、縁のあった王女の結婚を見届けると、僕僕一行はまた旅を再開します。旅の途中、賊に襲われた村でただ一人生き残った少女・蒼芽香(そうがこう)を助け、旅の道連れにする一方、「諸人の王」を名乗る王ラクスのいる国・ラクシアへ向かいます。そこには人々を縛る税も法も、搾取する官吏もいない。一見王道楽土に見えるこの国だけれど、王弁たちはどこか居心地の悪さを拭えない。 しかし、僕僕先生はラクスのことが何か気になる様子で、いきなりラクスと結婚...

日々の書付 | 2011.09.11 Sun 10:35

ヴィヴァーチェ 紅色のエイ あさのあつこ 

ヴィヴァーチェ 紅色のエイ あさのあつこ 「RDG 荻原規子」にハマっている(カドカワ銀のさじシリーズ)のと、NO.6を読だところ、だと言えば、次は「ヴィヴァーチェ」しかないですね。あさのあつこの「カドカワ銀のさじシリーズ」です。現在2巻までしか出ていないようですが、先はまだ続いていそう……。1巻は物語が動き出きだしそうな、ところで終わります。「これからいいとこやのにー」という感じです。あらすじ カドカワ銀のさじHPより 灰汁色の霧に覆われた地球。16歳のヤンは、最下層地区で暮らしながらも、大きな夢を...

ふしぎの本棚 おすすめ絵本とファンタジー児童文学 | 2011.09.05 Mon 13:33

「指輪物語」の宿泊施設!

アメリカで「ロード・オブ・ザ・リング」を再現したゲストハウス「Hobbit House of Montana(モンタナのホビットハウス)」ができたそうです。 元の記事:http://www.narinari.com/Nd/20110816126.html 公式サイト:http://hobbithouseofmontana.com/ 公式サイトは見ているだけでうきうきしてしまいますね。トップページをあけた瞬間「笑い声」が聞こえますから、注意して!(ちょっとびっくりする)ファンタジーの世界を再現するって、ファンにとっては永遠の憧れですね。 JUGEMテーマ:ファンタジー

ふしぎの本棚 絵本とファンタジー児童書 | 2011.08.23 Tue 10:34

このテーマに記事を投稿する"

< 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19 >

全314件中 131 - 140 件表示 (14/32 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!