• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ファンタジー

このテーマに投稿された記事:314件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c218/1513/
このテーマに投稿された記事
rss

< 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20 >

RDG レッドデータガール 荻原規子

RDG レッドデータガール 荻原規子今頃ですが…すっかり夢中です。気になっていならか、長そうでなかなか手が出なかった荻原作品ですが、今回なぜか、ひょいと…読むことになり…もう止まりませんでした。あらすじ 山伏の修験場として世界遺産に認定される、玉倉神社に生まれ育った鈴原泉水子は、宮司を務める祖父と静かな二人暮らしを送っていたが、中学三年になった春、突然東京の高校進学を薦められる。しかも、父の友人で後見人の相楽雪政が、山伏として修業を積んできた自分の息子深行を、(下僕として)泉水子に一生付き添わせるとい...

ふしぎの本棚 おすすめ絵本とファンタジー児童文学 | 2011.08.04 Thu 12:57

選ばなかった冒険―光の石の伝説  小学生の夏休みは岡田淳だ!

選ばなかった冒険―光の石の伝説  岡田淳この本は主人公たちが6年生なので高学年向きですが、岡田淳の本は低学年におすすめの物語も多くあるので、「読書感想文」を書くための本に困ったら、岡田淳を選びましょう!楽しいお話が多くて、夏休みにぴったり。短編集もあるので、長い物語が苦手な子にもおすすめです。この『えらばなかった冒険』ははじめて読んだのはたしか大人になってからだったのですが、「この本に小学生の頃に出会ってみたかった」と思ったのを覚えています。あらすじ(amazon)学とあかりは、保健室に行く途中、学校...

ふしぎの本棚 おすすめ絵本とファンタジー児童文学 | 2011.07.29 Fri 15:38

つづきの図書館 柏葉幸子

つづきの図書館 柏葉幸子夏休みの課題図書や参考図書に選んでいる小学校も多いであろう本です。今年の夏はこれを読もう!ブレーメンバスでいたく感動してしまったので、今回の40過ぎのおばさんが主人公、というのは、さほど驚かなかったのですが、それでもやはりうれしいものです。ファンタジーの世界に入れるのは子どもだけじゃないんだぞー。あらすじ(amazonより) 「本をさがすんですよね。」「いやいや。本をさがしてもらいたいのではない。青田早苗ちゃんのつづきが知りたいんじゃ。」「本ではなくて、青田早苗ちゃん...

ふしぎの本棚 絵本とファンタジー児童書 | 2011.07.07 Thu 15:39

ハリーポッターの作者が新ニュース?!

ハリーポッターにとうとう続編が???でるの???かな?ハリウッド・チャンネルによると   「ハリー・ポッター」シリーズの著者J.K.ローリングが新しいウェブサイトを立ち上げ、来週にも“「ハリー・ポッター」に関する重大発表”があると告知。全世界のハリポタファンの間で騒ぎになっている。  ローリングが立ち上げた新しいサイト名は「PotterMore.com」。アクセスすると「ハリー・ポッター」で大切な手紙や通知を運んでくるフクロウ便よろしく2羽のフクロウが描かれたページへと飛び、そこにはサイト名と同氏...

ふしぎの本棚 絵本とファンタジー児童書 | 2011.06.17 Fri 14:04

永遠の戦士エルリック メルニボネの皇子 【1】

JUGEMテーマ:ファンタジー メルニボネの皇子―永遠の戦士エルリック〈1〉 (ハヤカワ文庫SF) マイクル ムアコック 早川書房 発売日:2006-03 ブクログでレビューを見る» 初めて読んだのは、高校生の時。学校の近くの書店に陳列してあり、天野喜孝さんの表紙に惹かれて購入。ともかく子供向けのファンタジーではなく、大人のファンタジー、しかもヒロイック物!筋肉ムキムキの主人公ではないエルリックに惹かれました!一冊読み終えては、数少ないお小遣のなか、一冊、また一冊と続きを購入。表紙が、もうぼろっち...

elricの独り言 | 2011.05.11 Wed 13:52

白い月の丘で  濱野京子

 白い月の丘で (カドカワ銀のさじシリーズ) 濱野京子銀のさじシリーズだから「すぐに分かる」といえば分かるのだけれど、私は読み始めるまで気づかなかった。碧空の果てに (カドカワ銀のさじシリーズ) の関連作品です。続編というほどつながっているわけでもないけれど、こちらから先に読み始めても全く問題なけれど、できれば「碧空の果てに」の方から読んでおいた方が、100倍楽しめる。といったところでしょうか?ちょうど10年後のお話になります。舞台となる国も違い、主人公も違うけれど、知った名前がちらほら…「あ...

ふしぎの本棚 おすすめ絵本とファンタジー児童文学 | 2011.04.19 Tue 13:42

精霊の守り人シリーズ外伝 「流れ行く者」 上橋 菜穂子

「精霊の守り人」シリーズの外伝「流れ行く者」。守り人シリーズの主人公・バルサがまだ養父ジグロと一緒にいたころのお話です。 ●生きているジグロ この外伝で特にうれしかったのが生きているジグロに会えたことでした。「精霊の守り人」ではすでに彼は亡くなっており、バルサの思い出の中にいたジグロが、実際に生きて旅をしたり、戦っている姿が見れるなんて! ジグロはカンバル王の陰謀に巻き込まれた親友にたのまれ、彼の娘 のバルサと追ってから逃げる生活を送っているのですが、刺客となった友人たちに追われる生活は時に...

日々の書付 | 2011.03.08 Tue 11:38

「獣の奏者 外伝 刹那」 上橋 菜穂子

「獣の奏者 外伝 刹那」は本編で語られなかったエリンとイアルの恋とジェシの出産・子育ての様子、エサル師の若き日の恋物語。「探求編」「完結編」が始まるまでの年月、エリンとイアルがどのようにして結ばれ、どのように時を過ごしてきたかが伝わってきます。 「刹那」は、エリンとイアルが結ばれるまでのじれったい思いと、結ばれてこどもの産む決意をするふたりの姿が描かれています。 特に父親となるイアルは、過酷な運命を背負っているため、子の運命について不安や恐怖にさいなまれます。エリンはそんなイアルの不安を払...

日々の書付 | 2011.02.12 Sat 20:21

漂泊の王の伝説

 漂泊の王の伝説新聞か雑誌かに載っていたタイトルが気になって読んでみたら久しぶりにいい本に出会いました。主人公が「おりこうさん」じゃないのがいい!「君!性格悪いで!」といいたくなってしまうところが魅力的。主人公が子どもじゃないのがいい!大人になっても迷ってさまよって…あらすじ(amazonより) 砂漠の王国、キンダの王子ワリードは貧しい絨毯織りの詩によって、夢と名誉をうばわれてしまう。憎しみにかられ、ワリードはその男に難題をもうしつける。人類の歴史をすべて織りこんだ絨毯をつくれ、と。それは、成し...

ふしぎの本棚 おすすめ絵本とファンタジー児童文学 | 2010.10.19 Tue 10:49

「ファーニー」

 輪廻転生の概念は、日本に生まれ育った人なら馴染みのものであると思う。信じる信じないは別としてどこかで一度は聞き、「まぁ、そういう死生観もあるよね」程度の許容は出来る人が多数派なのではなかろうか。  ところが、キリスト教文化圏の人々はどうも違うらしい。この世に生を受けたたった一人の自分、今の自分が唯一であり、別の人格や肉体を持って再び生まれるなどとは恐怖でありアイデンティティを根本から揺るがす衝撃的な思想であるらしい。 と、私自身も衝撃的に知ったのは、昔TV放映されていたアメリカ映画「リーイン...

毎日木っ端みじん | 2010.10.05 Tue 23:26

このテーマに記事を投稿する"

< 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20 >

全314件中 141 - 150 件表示 (15/32 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!