• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ビジネス書

このテーマに投稿された記事:1770件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c221/544/
ビジネス書
このテーマについて
ビジネスに役立つ本・書籍を紹介しましょう!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「kazk1223」さんのブログ
その他のテーマ:「kazk1223」さんが作成したテーマ一覧(17件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

人生の手引き書 壁を乗り越える思考法

JUGEMテーマ:ビジネス書     人生の手引き書 壁を乗り越える思考法/渡部昇一/扶桑社新書 本書は、志をもった人、今、壁を前に佇んでいる人が少しでも前に進むのに役に立つ「説教」をしようというものです。 それは、著者の人生経験からくるものです。 まえがきに、 旧制中学時代、英語の佐藤先生と大学の神藤先生に出合い、我が師と仰ぐ。先生のお話、それは知的生活を営み、人生経験豊かな老人たちからの”説教”であり、かけがえのないとお...

本を読んでみました したっけね。(Eのlog) | 2017.08.13 Sun 19:26

大人はもっと遊びなさい

JUGEMテーマ:ビジネス書     大人はもっと遊びなさい/成毛眞/PHPビジネス新書 本書は、 人は遊ぶようにできている。 だから、大人であることを理由に遊ばないのも、大人びた遊びをしようとするのも不自然だ。 子供マインドで、興味を持てる遊びだけをすればいい。 と主張しています。 また、そういう人(成熟した日本社会で遊んでいる大人)に限って、ビジネスでも成功している、と述べています。 著者は、元マイクロソフト株...

本を読んでみました したっけね。(Eのlog) | 2017.08.10 Thu 11:02

頭のいい人は「短く」伝える

JUGEMテーマ:ビジネス書     頭のいい人は「短く」伝える/樋口裕一/だいわ文庫 本書は、「4行」で語り、書き、読もうとすることを提唱しています。 そのことにより、自分の言いたいことを短い文章ではっきりと伝えることができるようになる、ということです。 著者は、小学生から社会人までを対象にした小論文指導に携わり、独自の指導方法を確立している樋口裕一氏です。 著書には 「伝わる文章力」がつく本 ~文型を使えば、短くわかりやすく迷...

本を読んでみました したっけね。(Eのlog) | 2017.08.03 Thu 20:56

情熱と信念こそが人々を動かす

JUGEMテーマ:ビジネス書     40を過ぎると、どの組織でもそれなりの役割が求められるもの。かく言う私も、5年ほど前から現場のリーダーを任されるように なり、スタッフとの関係や育成に頭を悩ませることもあります。自分たちの環境をより良いものにして、より多くの顧客から支持 される存在になるための努力なのですが、その思いや考えをスタッフと共有することは、思いの外難しいことを日々実感しています。   リーダーに求められる姿勢について、類書は何冊か読んできました。本書は...

知的生活のすゝめ | 2017.06.25 Sun 00:23

相手の記憶を操作する!新ビジネスコミュニケーションの方法は脳科学

本書はビジネス書なんですが、ちょっと科学読み物のようなアプローチが興味深い一冊です。脳科学的な方法で対人関係を改善するなんて、ちょっと楽しそう。 人間は受け取った情報の10%しか記憶にとどめることができないらしく、その少ない「記憶」が人の行動を決めるそうです。よって、ビジネスにおいても、いかに相手の記憶にとどめてもらうか、を考えながら仕事をすると、それまでのマンネリしたやり方を打破できるそうです。   新しいビジネスコミュニケーションの方法として、読んでみたい本です。結構、読み応えのあ...

Book Bulletin Board =話題の本の情報= | 2017.05.29 Mon 10:15

ブロックチェーンって何?2017年のうちに読んでおきたいビジネス本

2017年のうちに、読んで理解しておきたいビジネス知識の筆頭は、ブロックチェーンかもしれないですね。 ちょっとわかりづらいし、具体的な利用例がイメージしにくいのが大きな理由です。ビジネス雑誌やネットの記事で概要だけ読んで、とりあえず理解する……という荒業が使えないので、今のうちに読んでおきたいジャンルです。   データを、1か所で集中管理するのではなく、同じものを複数コピーして、いろいろな場所で管理する、などこれからの電子取引の未来の姿を大きく変えるのがブロックチェーンです。...

Book Bulletin Board =話題の本の情報= | 2017.05.26 Fri 09:07

「2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム」勝間和代

●本日の読書 ・「2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム」勝間和代/文藝春秋社   経済評論家の勝間和代氏が、あるきっかけから汚部屋だった自宅を徹底的に断捨離してホテルのように美しくし、自宅が世界一快適な場所となり仕事の効率が上がり新しい恋人と出会えたことを綴った「片付け本」です。わたし自分が片付け下手なのでありとあらゆる片付け本を読み漁って知識だけはあるのですが、結局やらずにそこそこ散らかった部屋で満足して暮らしております。でも片付けてきれいなおうちに住みたい欲は消えていな...

書評・三八堂 | 2017.05.12 Fri 21:29

中小企業が大企業に勝つ一歩になるかもしれない。なぜ小さなコスメ店が大型ドラッグストアに逆襲できたのか?

どうも皆さんモモコグミです。 モモコグミのビジネス本ブログ初投稿です。 ビジネスの最新情報や誰も語らないブラックな情報を書いているブログはこちらです。 http://momokogumi.hatenablog.com   初投稿の今回はなぜ小さなコスメ店が大型ドラッグストアに逆襲できたのか?という題名の本です。   まず話としては小さな商店街のコスメ店が大型ドラッグストアに逆襲する方法を実体験をもとに書いてある本でした。   大型ドラッグストアに完全に負けていると思っていた商店街のコスメ店が...

モモコグミのビジネス系の本は任せて | 2017.04.30 Sun 13:37

【読書メモ】クラウス・シュワブ『第四次産業革命 ダボス会議が予測する未来』(日本経済新聞出版社 (20161015))

   1 はじめに    ダボス会議の創設者の手による第四次産業革命の解説です。    著者は、本書の目標として、以下の3つを掲げたうえで、テクノロジーと社会がいかにして共存できるかを強調したいとしています。    ?技術革命の包括性とスピード、その多面的な影響に対する意識を高める  ?技術革新の核となる問題を明確にし、取り得る対応に重点を置いた思考の   枠組みを構築する  ?技術革新に関する問題について官民の協力や提携を推進するプラットフォームを ...

企業内弁護士(インハウスローヤー)の日々のメモランダム | 2017.04.09 Sun 00:35

【読書メモ】ウィリアム・バートン『クラウド時代の思考術』(2017年1月、青土社)

    本書で気になった点    クラウド(グーグル)に聞けばわかるような一般的な知識を学習し、記憶しておくことに意味があるのか?    保存できると思った事実=クラウド(インターネット情報)でいつでも見つけることのできる情報は、脳のフィルターにより自動的に忘れ去られてしまうという「グーグル効果」。    また、ある知識を学習し、記憶しておくのに費やされるコストが、その知識を得ることによって得られる利益を上回るために、あえて、無知でいるという「合理的無知」。 ...

企業内弁護士(インハウスローヤー)の日々のメモランダム | 2017.04.09 Sun 00:34

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 11 - 20 件表示 (2/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!