• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

即興詩

このテーマに投稿された記事:13件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c230/12029/
即興詩
このテーマについて
即興で詩を書く、ってことで。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「no38special」さんのブログ
その他のテーマ:「no38special」さんが作成したテーマ一覧(3件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2 >

『children』

JUGEMテーマ:即興詩失われた個性。まわりを見てみろ。皆と同じか不安になる。横を見てみる。 皆と同じだと安心する。 没個性。 誰かの仕業。 誰のせい。 ボクは誰。 キミはどこ。 そんな焦燥。 いのち、掬って。笑って。泣いて。優しさの欠片、ひろって。くれないか。Flickrお手数ですが1クリックして頂けると嬉しいですいつもぽちっとして頂き、ありがとうございます

Reef's 38special | 2011.02.08 Tue 13:52

『散りゆくとて』

JUGEMテーマ:即興詩居間の正面には愛犬の位牌を囲むようにみっつの様々な形の花瓶に何種類もの華やかな生花が悲しさを拭うように供えてあり、その霊前には線香受けがある閑散とした部屋の冷たさを愛犬が元気で居た頃のように花々が少し和らげている気がした粛然とした線香が香る間に間に訪れる忘心の束の間、憚る静寂緩んだ隙間に、まだはやい懐古の念僕が毎晩、就寝前に、位牌に両手を当て黙祷、対話しているのは、例えるなら諦めないことの誓いと同志への友の契りふと、花に目をやったら、一部が枯れかかっていた花瓶の水が濁ってい...

REEF's 38special | 2010.04.20 Tue 19:45

「ぬくもりの残像」

JUGEMテーマ:即興詩JUGEMテーマ:詩とイメージ写真 アスファルトの温もりよりも暖かいものはなに?足元に伸びる墨色の影を見るよりこの足先から伝わるものが何なのかが知りたいそれよりもこの身体の内側からじんわり広がる安らぎが地面より暖かければいいそれさえあればいいなぁ、そうだろ?お手数ですが1クリックして頂けると嬉しいですぽちっとしていただいてありがとうございます。

REEF's 38special | 2010.04.18 Sun 18:32

『反逆サステイン』

JUGEMテーマ:即興詩JUGEMテーマ:ポエム 教室の後ろのほうで悪態吐いてた愛嬌無しが時代の寵児気取ってみたけど何の変哲もない鉄の塊りのような何処からやって来て何処へ去っていくのかさえ分からない理由なき蒼し孤高今や、退廃の渦中で湿気煙草/シケモク喫んでヤサグレてたあの時、黒板に書かれてた“光”の文字は硝子の欠片みたいに鋭く尖って見えた卒業しても、半か丁かで一か八か吐き溜め学び舎、額面通りの資本主義だとか全ては遍く相殺し得ない現実と知って道路の隅に咲く蒲公英の花にすら、気付かなかったこんなにも小さ...

REEF's 38special | 2010.03.01 Mon 01:51

「日々是ゴミ捨てと階段上り下り」

JUGEMテーマ:即興詩 朝靄と連れ添いゴミ屑を捨てにマンションの一階までスリッパで階段を駆け下りる気の抜けたコーラか、俺はチャポチャポ、ポチャポチャ弛んだ頬とお腹が波打っても泡も立たぬとは、お役目御免だな、この体たらくやけに朝陽が眩しいのは気のせいかパジャマの裾が伸びきってもボタンひとつ掛け間違ってもこんな時間だもんね油断して何が悪いと言わんばかりに鳴り響くスリッパの音パカン、パカ、パカでもね踵はまだ擦り減ってない気がするんだスプリングの効いたバネの様な屈伸で最後の一段、飛び越えてちゃんと着...

REEF's 38special | 2010.01.19 Tue 03:11

傾いた背

JUGEMテーマ:即興詩傾いた背に哀愁なんて漂わないってぽつりと呟いた猫が軒先でゴロン日向と日蔭の境界線を綱渡りする気分で呑気にお昼寝すれどお坊さんのメガネが高級すぎてぐっすりは眠れない僕は莫迦ですよーと言ったら卑下するなと説教されてジャコ・パストリアスって神だなと言うとでは仏様は?と問われ返事に困っているとそそくさとその場を立ち去ったあれは猫じゃないと思うけど陽気にスキップする袈裟が揺れて見えたのは気のせいか・・・・きっと気のせいだ本当の神は心の中にしかいないのではと安易に口にしたその言葉が軽く...

REEF's 38special | 2010.01.10 Sun 17:17

『揺れない意志、揺れる石』

JUGEMテーマ:即興詩JUGEMテーマ:詩 揺り動かしてみよう脳幹から伝わるその意志で駄目な事を想像しないでおこう摩擦熱で溶けてしまうから本当は誰もが無理しているもので焦がれる想いは焦らされてでも揺り動かしてみよう転がる先に何があるかを想像する前にでももしその想像が低空を重そうに地団駄踏んで同じ円を描いていても動いたのなら寸分の狂いもない元の位置に戻るなんてことのない現在があるそこにあるものを再び揺り動かしてみよう揺れない石などこの世にないのだからお手数ですが1クリックして頂けると嬉しいです

REEF's 38special | 2009.12.18 Fri 01:51

「バジル」

JUGEMテーマ:即興詩JUGEMテーマ:ポエム テーブルクロスの黄緑色は藤で編んだ籠にそっと横たわる酵母入りのパンを膨らますような草原の清々しさを演出してくれた 冷蔵庫に眠る無塩バターのクリーム色した固い塊をも溶かす燦々たるプリズムの躍動感で溶け始める、おはようのこえ   捩れた背凭れに身を委ねるバジルは朝陽の槽に浴し 渋味を増した珈琲の苦々しさを舌の端のほうで感じながら感慨深げに物思いに耽っている 其れが優しさを蒸留する為の日課だった 一日の始まりにしては余りに美しすぎて、もったいない だか...

REEF's 38special | 2009.12.07 Mon 19:07

『回帰点〜白くて暖かい雪の粒』

JUGEMテーマ:即興詩JUGEMテーマ:ポエムJUGEMテーマ:詩JUGEMテーマ:小説/詩 沛然と季冬の霙雨が石を穿つが如く   やがて大気は深々と闇入りて静まり、寂寞とした密度に包まれる   そうして。  ぽつり、また、ぽつり   その一粒、一粒のどれもが綿菓子のように甘く溶けて儚い 肩を撫でる仕草に魅了される       その吐息も街並みも白に染め替えられる その厳かなるとき、     敷き詰められた温もりがなんだか優しい 愚直に降り頻るルーフには波打つ斑雪 明日の明け方にはきっと   ...

REEF's 38special | 2009.11.24 Tue 17:23

ふつう

JUGEMテーマ:即興詩 「ふつう」夜に眠れない日の朝の陽射しに含まれているほんの少しの水蒸気を吸って生きてみたいとこれは憧れのように抱いていてつけっぱなしの蛍光灯そんな時ほどリモコンの在り処には地図がある幼い頃の思い出をさがすそんなときと同じように光はいつも笑顔だと小さなわたしは思っていた曇りの日もあの雲の向こうで笑っているとでもあの雲が光の涙を含んだときわたしに向かって雨が降るふつうに触れるわたしは日常にきっとそうやって朝から晩まで触れている時折り汗ばみ時折りふるえてそして時折りほそい日常とい...

触れる日々 | 2009.11.18 Wed 20:52

このテーマに記事を投稿する"

1  2 >

全13件中 1 - 10 件表示 (1/2 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!