朗読・リーディング
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

朗読・リーディング

このテーマに投稿された記事:86件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c273/16181/
朗読・リーディング
このテーマについて
朗読、リーディング。
ラジオ、朗読劇、ボランティア、その他。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「m-iruku」さんのブログ
その他のテーマ:「m-iruku」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9 >

朗読「少年と海」作:加能作次郎 2/2

【「少年と海」作:加能作次郎 (赤い鳥傑作選より) 2/2】 ※この作品には、高波被災の描写があります。優れた児童文学ではありますが、もし不安に感じられる方は視聴をお避け頂けますと幸いです。どうぞよろしくお願い致します。         二  それから間もなく為吉は再び浜へ下りて行きました。入江には小さな漁舟が五六艘、舷を接してつながれていました。かすかな浪が船腹をぴたぴたと言わせていました。夏の暑い日の午後で、丁度昼寝時だったので、浜には誰もおらず、死んだように静かでした。ただ日盛りの...

朗読館Meadowlark | 2014.05.21 Wed 00:28

朗読「少年と海」作:加能作次郎 1/2

【「少年と海」作:加能作次郎 (赤い鳥傑作選より)1/2】 ※この作品には、高波被災の描写があります。優れた児童文学ではありますが、もし不安に感じられる方は視聴をお避け頂けますと幸いです。どうぞよろしくお願い致します。 -----------------------------------------------------  一 「お父、また白山が見える!」  外から帰って来た為吉は、縁側に網をすいている父親の姿を見るや否や、まだ立ち止らない中にこう言いました。この為吉の言葉に何の意味があるとも思わない父親は、 「そうかい。」と一...

朗読館Meadowlark | 2014.05.12 Mon 22:21

朗読「椰子蟹」作:宮原晃一郎

【「椰子蟹」作:宮原晃一郎(赤い鳥傑作選より)】 ※「この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫さんHP)」を参考に、該当の箇所を朗読の際なるべく適切と思われる表現に言い替えさせて頂きました。原作と相違し申し訳ありませんが、ご理解頂けますと幸いです。 ---------------------------------------------------------------------         一  暑い暑い、どんな色の白い人でも、三...

朗読館Meadowlark | 2014.05.07 Wed 16:40

朗読「金のくびかざり」作:小野浩

【「金のくびかざり」作:小野浩 (赤い鳥傑作選より)】  一  よし子さんのお家も、あすは、クリスマスです。  毛なみの、つやつやした、まっ黒いネコは、夜どおし、煙突のてっぺんにすわって、サンタクローズのおじいさんが、このお家をまちがいなく見つけてくれれ ばいいがと、黄色い目をひからせて、見つめていました。よし子さんは今夜は、きっと、おじいさんが、あたしのほしくてほしくてたまらない、小さな金のくび かざりを持って来てくれるにちがいないと言って、おねんねをしました。  イヌは、家の中の...

朗読館Meadowlark | 2014.04.24 Thu 00:54

朗読「梨の実」作:小山内薫

【「梨の実」作:小山内薫(赤い鳥傑作選より)】 私がまだ六つか七つの時分でした。  或日、近所の天神さまにお祭があるので、私は乳母をせびって、一緒にそこへ連れて行ってもらいました。  天神様の境内は大層な人出でした。飴屋が出ています。つぼ焼屋が出ています。切傷の直ぐ癒る膏薬を売っている店があります。見世物には猿芝居、山雀の曲芸、ろくろ首、山男、地獄極楽のからくりなどという、もうこの頃ではたんと見られないものが軒を列べて出ていました。  私は乳母に手を引かれて、あっちこっちと見て歩...

朗読館Meadowlark | 2014.04.22 Tue 00:08

本日のミッション

JUGEMテーマ:日記・一般 JUGEMテーマ:朗読・リーディング こんばんは 月読の會 IT担当の浜田です。 本日は朗読会の稽古日だったのですが。 朗読会の詳細、ひととおり決定しましたー。 ウェイウェーイ さっそくここでも情報の更新を…… の前に。 実はわたくし、上にも書いたとおり 月読の會のブログ担当でございまして 先にそちらの更新をしておりました。 http://tsukuyominews.jugem.jp/?eid=19 どうです。わたしの見事なまでのよそ行き文章。 ほいで、調子に乗ってTwitterアカウントまで作...

SOUL MAMA | 2014.04.21 Mon 00:53

朗読「二人の兄弟」作:島崎藤村

【「二人の兄弟」作:島崎藤村 (赤い鳥傑作選より)】  一 榎木の実  皆さんは榎木の実を拾ったことがありますか。あの実の落ちて居る木の下へ行ったことがありますか。あの香ばしい木の実を集めたり食べたりして遊んだことがありますか。  そろそろあの榎木の実が落ちる時分でした。二人の兄弟はそれを拾うのを楽みにして、まだあの実が青くて食べられない時分から、早く紅くなれ早く紅くなれと言って待って居ました。  二人の兄弟の家には奉公して働いて居る正直な好いお爺さんがありました。このお爺さんは山...

朗読館Meadowlark | 2014.04.17 Thu 23:18

朗読「蛙」作:林芙美子 

【「蛙」作:林芙美子 (赤い鳥傑作選より)】   暗い晩で風が吹いていました。より江はふと机から頭をもちあげて硝子戸へ顔をくっつけてみました。暗くて、ざわざわ木がゆれているきりで、何だか淋しい晩でした。ときどき西の空で白いような稲光りがしています。こんなに暗い晩は、きっとお月様が御病気なのだろうと、より江は兄さんのいる店の間へ行ってみました。兄さんは帳場の机で宿題の絵を描いていました。 「まだ、おッかさん戻らないの?」 「ああまだだよ。」 「自転車に乗っていったんでしょう?」 「ああ自...

朗読館Meadowlark | 2014.04.12 Sat 00:23

朗読「湖水の女」作:鈴木三重吉 全編

【「湖水の女」作:鈴木三重吉 (赤い鳥傑作選より) 全編】 ※この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫さんHPより) --------------------------------------------------------------------- ※以前2回に分けてお届けした朗読を一つにまとめたものです。 ※文章は、連載時のページに分けて記載しております。もしくは、青空文庫さんのこちらのページをご参照下さい。 http://www.aozora.gr.jp/cards/...

朗読館Meadowlark | 2014.04.04 Fri 16:16

朗読「湖水の女」作:鈴木三重吉 2/2

【「湖水の女」作:鈴木三重吉 赤い鳥傑作選より)2/2】 ※この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫さんHPより) --------------------------------------------------------------------- 二  二人の間にはかわいらしい男の子が三人生れました。そのうちに一ばん上の子どもが七つになりました。  すると、或とき、知合の家に御婚礼があって、ギンも夫婦でよばれていきました。二人はじぶんた...

朗読館Meadowlark | 2014.04.04 Fri 16:13

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9 >

全86件中 41 - 50 件表示 (5/9 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!