朗読・リーディング
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

朗読・リーディング

このテーマに投稿された記事:86件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c273/16181/
朗読・リーディング
このテーマについて
朗読、リーディング。
ラジオ、朗読劇、ボランティア、その他。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「m-iruku」さんのブログ
その他のテーマ:「m-iruku」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9 >

朗読「湖水の女」作:鈴木三重吉 1/2

【「湖水の女」作:鈴木三重吉 (赤い鳥傑作選より)1/2】 ※この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫さんHPより) --------------------------------------------------------------------- 一  むかしむかし、或山の上にさびしい湖水がありました。その近くの村にギンという若ものが母親と二人でくらしていました。  或日ギンが、湖水のそばへ牛をつれていって、草を食べさせていますと、じ...

朗読館Meadowlark | 2014.04.04 Fri 00:15

朗読「杜子春」作:芥川龍之介 全編

【「杜子春」作:芥川龍之介 赤い鳥傑作選より 全編】 ※この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫さんHPより) --------------------------------------------------------------------- ※以前6回に分けてお届けした朗読を一つにまとめたものです。 ※文章は、連載時のページに分けて記載しております。 ※青空文庫さん、ありがとうございました。 青空文庫さんの該当作品のページのご案内です。 h...

朗読館Meadowlark | 2014.03.31 Mon 15:48

朗読「杜子春」作:芥川龍之介 6/6

【「杜子春」作:芥川龍之介 赤い鳥傑作選より)6/6】 ※この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫さんHPより) --------------------------------------------------------------------- 六 その声に気がついて見ると、杜子春はやはり夕日を浴びて、洛陽の西の門の下に、ぼんやり佇んでいるのでした。霞んだ空、白い三日月、絶え間ない人や車の波、――すべてがまだ峨眉山へ、行かない前と同じことで...

朗読館Meadowlark | 2014.03.31 Mon 15:19

朗読「杜子春」作:芥川龍之介 5/6

【「杜子春」作:芥川龍之介 赤い鳥傑作選より)5/6】 ※この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫さんHPより) --------------------------------------------------------------------- 五 杜子春の体は岩の上へ、仰向けに倒れていましたが、杜子春の魂は、静に体から抜け出して、地獄の底へ下りて行きました。  この世と地獄との間には、闇穴道^という道があって、そこは年中暗い空に、氷の...

朗読館Meadowlark | 2014.03.31 Mon 15:08

朗読「杜子春」作:芥川龍之介 4/6

【「杜子春」作:芥川龍之介 赤い鳥傑作選より)4/6】 ※この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫さんHPより) --------------------------------------------------------------------- 四  二人を乗せた青竹は、間もなく峨眉山へ舞い下りました。  そこは深い谷に臨んだ、幅の広い一枚岩の上でしたが、よくよく高い所だと見えて、中空に垂れた北斗の星が、茶碗程の大きさに光っていました。...

朗読館Meadowlark | 2014.03.20 Thu 01:59

朗読「杜子春」作:芥川龍之介 3/6

【「杜子春」作:芥川龍之介 (赤い鳥傑作選より)3/6】 ※この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫さんHPより) --------------------------------------------------------------------- 三 「お前は何を考えているのだ」  片目眇の老人は、三度杜子春の前へ来て、同じことを問いかけました。勿論彼はその時も、洛陽の西の門の下に、ほそぼそと霞を破っている三日月の光を眺めながら、ぼんやり...

朗読館Meadowlark | 2014.03.14 Fri 23:37

朗読「杜子春」作:芥川龍之介 2/6

【「杜子春」作:芥川龍之介 (赤い鳥傑作選より)2/6】 ※この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫さんHPより) --------------------------------------------------------------------- 二    杜子春は一日の内に、洛陽の都でも唯一人という大金持になりました。あの老人の言葉通り、夕日に影を映して見て、その頭に当る所を、夜中にそっと掘って見たら、大きな車にも余る位、黄金が一山出て来...

朗読館Meadowlark | 2014.03.14 Fri 00:08

朗読「杜子春」作:芥川龍之介 1/6

【「杜子春」作:芥川龍之介 赤い鳥傑作選より)1/6】 ※この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫さんHPより) --------------------------------------------------------------------- 一  或春の日暮です。  唐の都洛陽の西の門の下に、ぼんやり空を仰いでいる、一人の若者がありました。  若者は名を杜子春といって、元は金持の息子でしたが、今は財産を費い尽して、その日の暮しにも困る...

Meadowlark | 2014.03.12 Wed 17:10

朗読「一房の葡萄」作:有島武郎 全編

【「一房の葡萄」作:有島武郎 赤い鳥傑作選より 全編】 ※以前4回に分けてお届けした朗読を一つにまとめたものです。 ※文章は、連載時のページに分けて記載しております。 ※青空文庫さん、ありがとうございました。 青空文庫さんの該当作品のページのご案内です。 http://www.aozora.gr.jp/cards/000025/files/211_20472.html JUGEMテーマ:朗読・リーディング

朗読館Meadowlark | 2014.03.11 Tue 15:42

朗読「一房の葡萄」作:有島武郎 4/4

【「一房の葡萄」作:有島武郎 赤い鳥傑作選より 3/4】 一時がやがやとやかましかった生徒達はみんな教場に這入って、急にしんとするほどあたりが静かになりました。僕は淋しくって淋しくってしようがない程悲しくなりました。あの位好きな先生を苦しめたかと思うと僕は本当に悪いことをしてしまったと思いました。葡萄などは迚も喰べる気になれないでいつまでも泣いていました。  ふと僕は肩を軽くゆすぶられて眼をさましました。僕は先生の部屋でいつの間にか泣寝入りをしていたと見えます。少し痩せて身長の高い先生は...

Meadowlark | 2014.03.11 Tue 01:02

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9 >

全86件中 51 - 60 件表示 (6/9 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!