>
エッセイ
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

エッセイ

このテーマに投稿された記事:1255件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c279/1343/
エッセイ
このテーマについて
自分の視点で、自分が感じるままに...
このテーマの作成者
作者のブログへ:「sansan01」さんのブログ
その他のテーマ:「sansan01」さんが作成したテーマ一覧(3件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

第六感 vol.130

JUGEMテーマ:エッセイ   第六感は五感と同じように、誰もが持っている感覚。   五感は視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚の総称で、 外界の状態を感知するための感覚機能のこと。   一方六感は、物事の本質を直感的に感じ取る心の働きのことで、 インスピレーション、勘、霊感のようなもの。   悪いことが起こる前に、予感や予知として知らせてくれたり、 人生の目的や生きる意味を、啓示という形で降ろしてくれる感覚機能。   たとえ自分では認知していなくても、 誰...

木が教えてくれたこと | 2017.03.25 Sat 00:28

一人でいられる木 vol.129

JUGEMテーマ:エッセイ   「私にはおともだちがたーくさんいるの。」   という言葉は、私の心に響かない。 ともだちが多いということは大変結構なことではあるけれど、 それは「ともだち」の内容によりけりだ。 何でも話せて、どんな時でも味方でいてくれる、 そんなともだちがたくさんいるのなら、 それは素晴らしいことかもしれない。   けれどそういうことを言う人は、 LINEをやり取りするだけ、とか、 時々一緒にランチをするだけの同僚、 またはクラスメートのことを指...

木が教えてくれたこと | 2017.03.24 Fri 01:48

嘘つきは泥棒の始まり vol.128

JUGEMテーマ:エッセイ   「嘘つきは泥棒の始まり」。 この言葉は恐らく幼稚園児になる頃までには、 親または幼稚園の先生から一度は教えてもらう言葉だろう。   「平気で嘘をつくようになれば、悪いことも平気でするようになる。」   それが正しい意味だ。嘘をついてはいけないよ、と子供の頃から教わり、 大人になっても極力嘘をつかないようにして、 ほとんどの人は生きている。   3月23日は森友学園の籠池泰典元理事長の証人喚問が予定されている。 万が一この場...

木が教えてくれたこと | 2017.03.23 Thu 00:47

私の耳 vol.127

JUGEMテーマ:エッセイ   私の耳は他の人には聞こえない音が聞こえる。 音の大きさとは関係なしに、周波数に起因するようだ。 音を伝える空気の圧力にも敏感に反応するし、 時には人の話し声で心の状態が分かることもある。   半面、私には聞き取りやすい声と聞き取りにくい声があって、 話す相手によって、   「え? 何、何? 今何て言ったの?」   と何度も聞き返さなくてはならない。 だからそうされた相手はきっと私のことを、 耳の遠い人だと思っていること...

木が教えてくれたこと | 2017.03.22 Wed 01:22

春分の日 vol.126

JUGEMテーマ:エッセイ   今日は春分の日。昼間と夜の時間が半分半分の日。 太陽が真東から昇って真西に沈む日。   しかし正確には昼と夜の時間は半分ではなく、 昼の方が14分ほど長いのである。   私たちがいつも使っている「春分の日」とは、 「自然を称え、生物を慈しむ」ことを趣旨とした、 国民の祝日のことであり、 天文学上の春分が生じる日を、「春分日」と呼ぶのが実は正しい。   遥か昔、古代ローマ人は春分日の前日に、 植物神アッティスの死の儀式を厳...

木が教えてくれたこと | 2017.03.20 Mon 23:59

インド人とタイガーバーム vol.125

JUGEMテーマ:エッセイ   もうずいぶん昔の話になるけれど、 私の家には一時タイガーバームが溢れていた。 友人知人がアジア方面に旅行する度に、買ってきてくれるからだ。 けれど私はそれをどんな時に使えばいいのかよく分からなかったので、 結局引き出しにしまったまま、どんどん在庫が増えていくのだった。   そんなある日、私は友だちと初めてインドへ旅行することになった。 周りのみんなは、生水を飲んだらダメよとか、 生野菜はスルーしなさいとか、とにかくお腹のことを心配してくれ...

木が教えてくれたこと | 2017.03.20 Mon 00:31

それでも、媚びない。 vol.124

JUGEMテーマ:エッセイ   私は心にもないことを言えない。 たとえ相手が王様でもお釈迦様でもキリストでも、 自分が思ってもいないことは口にできない。   こんな私だから組織に属していた頃は、 それはそれは手厳しい仕打ちを何度も受ける羽目になったのである。 管理職のオジサンたちからすれば、   「なんでオンナのくせに、 ここでおべんちゃらの一つも言えないんだよ!」   ということらしいのだが、私にしてみれば、   「てやんでい! なんでここで嘘八...

木が教えてくれたこと | 2017.03.19 Sun 02:44

カッコいい人 vol.123

JUGEMテーマ:エッセイ   街を歩いていると、時々カッコいい人を見かける。 私の目はその人に釘付けとなり、ついついじっと観察してしまう。   私にとっての「カッコいい人」とは、イケメンのことではなく、 イキイキと仕事をこなしている人のことである。 男性であれ女性であれ、どんな職業であれ、 自分の仕事を楽しみながら全うしている姿は、 見ていてとても気持ちがいい。   たとえばいつも行くスーパーには、 神業としか思えないくらいレジ操作の早い女性がいる。 片...

木が教えてくれたこと | 2017.03.18 Sat 02:13

彗星の如く現れる vol.122

JUGEMテーマ:エッセイ   世の中には「彗星の如く現れる」という表現がある。 意味は、〜優れた能力を持つ人が突然その分野で活躍すること〜である。 (Weblio類語辞書より) 同じような表現に、「シンデレラガール」、「シンデレラボーイ」、 「シンデレラストーリー」などがある。 これらの言葉の裏側には、「突如成功したラッキーな人」とか、 「ツイテル人」というイメージが見え隠れする。 場合によっては「一発屋」とか、「彗星の如くすぐに消える」という、 ちょっと意地悪な意味合いも...

木が教えてくれたこと | 2017.03.17 Fri 03:45

不思議ネコ ミーチョロ vol.121

JUGEMテーマ:エッセイ   私は現在3匹のネコと一緒に暮らしている。 今の家に引っ越してきてから、ネコが次々とやって来るものだから、 もともと居た2匹のネコと合わせて、一番多い時で6匹いた。 そしてそのうちの1匹が天寿を全うしてこの家からいなくなると、 不思議とすぐに新しい子が1匹やって来るのだ。 だから長い間ずっと、「6匹のネコと私」という家族構成が続いた。 そんな私の生活を、周りの人たちはすごく面白がり、   「ネコの間で回覧板でも回ってるんじゃないの? あ...

木が教えてくれたこと | 2017.03.16 Thu 02:28

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!