[pear_error: message="Malformed response" code=16 mode=return level=notice prefix="" info=""] オススメの本のブログ記事をまとめ読み! 全9,806件の1ページ目 | JUGEMブログ

>
オススメの本
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

オススメの本

このテーマに投稿された記事:9806件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c287/3242/
オススメの本
このテーマについて
オススメの本を語りましょう。
自分が読んで面白かった本って、誰かにも薦めたくなりませんか?
薦められた本が面白かったら、さらに他の人にも薦めたくなりませんか?
そして、その本について語り合いたくなりませんか?
さぁ、同じ感動を共有しましょう!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「ruxu00」さんのブログ
その他のテーマ:「ruxu00」さんが作成したテーマ一覧(4件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

小川洋子先生のサイン会♪

ども、猫澤です😸   11月の話になりますが・・・。 あの!小川洋子センセーに会いに行ってきました♪     ひゃーもう、変な汗かいちゃましたよーw   「岡山からお越しですか?」 ↑先生のお住まい 「先生のAERAの表紙は飾ってます!」 ↑保存版 「やっぱり凛としていて美しいです!」 ↑難易度高めだけど本音 「東京で好きな場所はどこですか?」 ↑お見合いか! 「苔料理専門店はどこにあるのですか? やはり、内緒ですか?...

宇宙の盆栽。 | 2019.12.09 Mon 18:44

イエスとペテロはどう違うのか?

JUGEMテーマ:オススメの本     聖書を読んでもわからないことがたくさんある。 イエスとペテロの布教スタンスの違いについては、「世界史の新常識」(文藝春秋編)にて、加藤隆の説が参考となりそうだ。   //////////////////////////////////   「教会」の成立   ペトロは大胆な働きかけを行った。エルサレムで人々に呼びかけ、賛同する者たちを仲間に加えて、昼も夜も共に行動し生活する共同体を成立させた。学者たちによって、「エルサレム初期共同体」と呼ばれている...

にきみたまの道 日本史探訪 | 2019.12.09 Mon 04:47

ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門

ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門 ラテラルシンキングを身に着けて、 得する生き方ができたらいいな。 ♪ふしぎなポッケでかなえてくれる〜、っと ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門 JUGEMテーマ:オススメの本

うっちーの日記 | 2019.12.07 Sat 13:47

「闇の支配者」の定義

JUGEMテーマ:オススメの本 陰謀論的視点で歴史研究を行う際、世界を支配する集団を総称した言葉として「闇の支配者」という言葉などで表現することになることが多い。 しかし、この言葉について、実態がはっきりせず、なかなか定義しにくい言葉であると思っていたところ、「闇の支配者たちが仕掛けた ドル崩壊の真実」(ベンジャミン・フルフォード)にて、わかりやすい定義がなされている。 ////////////////////////////////// ここで、私が「闇の支配者」と呼ぶ人々について説明しておこう。 その最終目標か...

にきみたまの道 日本史探訪 | 2019.12.07 Sat 05:31

『反日種族主義 日韓危機の根源』(文芸春秋社) 書評

韓国にもともと関心はないのですが。     JUGEMテーマ:オススメの本     書評日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Matsuki.pdf 書評英語訳: http://www.sdh-fact.com/CL/Matsuki-review.pdf    

にきみたまの道 日本史探訪 | 2019.12.06 Fri 04:16

大人の最強雑学1500

大人の最強雑学1500 雑学のアップデート、したいよなあ。 世界のアップデートが最近早すぎる気がするよ。 話題は多い方がいいもんね。 大人の最強雑学1500 JUGEMテーマ:オススメの本

うっちーの日記 | 2019.12.05 Thu 18:07

『ファクトフルネス』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド著

JUGEMテーマ:オススメの本   公衆衛生の専門家・医師で、TEDトークの人気スピーカー、ハンス・ロスリング(まさかの剣飲みの達人)とその息子夫婦がまとめた、世界を正しく見るための方法を語る本。 帯によると、世界100万部超えのベストセラーだそうです。 まず最初に、13のクイズがあります。 例えば・・・ ・現在、低所得国に暮らす女子の何割が、初等教育を修了するでしょう? ・世界で最も多くの人が住んでいるのはどこでしょう? ・いくらかでも電気が使える人は、世界にどのくらいいるでしょう? あ...

まんぷく堂 | 2019.12.03 Tue 06:42

キリスト教宣教師たちが植民地支配の尖兵だったとする根拠

JUGEMテーマ:オススメの本 20世紀に書かれた歴史書、「イエズス会の歴史」(ウイリアム・バンガート)という本に、イエズス会宣教師たちのことがさりげなく書いてある。   ////////////////////////////////// ザビエルが極東の任務に当てられたのは、ポルトガル国王ジョアン三世が自分の広大な植民地帝国に溢れている何百万もの人々を教化したいと切望した結果であった。パリのサント=バルブ学寮のポルトガル人の学長、デイオゴ・デ・ゴウヴェア博士は、イグナティウス・デ・ロヨラを中心とする熱心な一団...

にきみたまの道 日本史探訪 | 2019.12.03 Tue 06:04

『白銀の墟 玄の月』第三巻 感想(ネタバレ)

前半で暗中模索にみえた泰麒の白圭宮での奮闘と李斎の驍宗探索。しかし、今回、すべてがつながりました。 これまで登場人物たちはもちろん、読んでいる私たちの前にも覆われていた霧が少しずつ薄れていき、その霧の先には、皆が待ち焦がれたあの方がいたのです。 物語の構成も、これまで章ごとに泰麒側と李斎側それぞれの視点で物語が展開してきましたが、3巻では互いの物語の間隔がどんどん狭まっていき、前半の伏線が、少しずつ、確実に回収されていくのです。 本当に、ページをめくる手が止まりませんでした。 白銀の墟 ...

日々の書付 | 2019.12.01 Sun 21:01

時間革命 1秒もムダに生きるな

時間革命 1秒もムダに生きるな 堀江貴文さんらしい著書。 忙しくしてるのが実は時間の無駄だってのは、 盲点の人も多いのではないのでしょうか。 他人がやればいいことを代わりにしてあげてるわけですし。 私にとっても、耳も痛い話でした。 時間革命 1秒もムダに生きるな JUGEMテーマ:オススメの本

うっちーの日記 | 2019.12.01 Sun 14:20

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!