• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

照明デザイナー

このテーマに投稿された記事:19件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c85/24129/
照明デザイナー
このテーマについて
有名な照明デザイナーの作品の紹介
このテーマの作成者
作者のブログへ:「interiorlight」さんのブログ
その他のテーマ:「interiorlight」さんが作成したテーマ一覧(4件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2 >

谷俊幸の照明?

JUGEMテーマ:照明デザイナー 今回は、「谷俊幸」の照明を紹介いたします。 「谷俊幸」は、1974 年に、兵庫県宝塚生まれ、1997年に、神戸芸術工科大学プロダクトデザイン科卒業した。卒業後、友人5人とデザインチーム「air-com」を設立した。1999年に 独立して「MODERN」を設立し、東京に拠点を移してインテリア作家として活動した。   今回は、「ワッパシェード」シリーズを紹介します。   初めに、ペンダントライト「花火」です。     「花火」は、日本の伝統工芸(曲げわっぱ...

インテリアとライティング | 2020.08.03 Mon 12:47

世界の名作照明?

  JUGEMテーマ:照明デザイナー 今回は、「世界の名作照明」の第八弾として「世界の名作照明?」を紹介します。   初めに、1983年にイタイリアのデザイナー「ミケーレ・デ・ルッキ」がデザインして、「アルテメデ」社から発売されたデスクランプ「トロメオ」を紹介します。     「トロメオ」は、世界中で評価が高く、多くの建築家やデザイナーに使用されている。このランプは、アルミを使用した軽快で高級感のある仕上がりが特徴的であり、そのフォルムは、 シンプルでシャープな...

インテリアとライティング | 2019.11.02 Sat 05:03

世界の名作照明?

JUGEMテーマ:照明デザイナー   今回は、「世界の名作照明」の第八弾として「世界の名作照明?」を紹介します。   初めに、1971年にデンマーク出身の「ポール・クリスチャンセン」がデザインしたペンダントライト「172A」が発表された。 「172A」は、1枚のプラスチックシートをひとつひとつ手で折りあげてできている。これまでの「レ・クリント」社で製作されたランプは、プラスチックシートを直線的に折っていたシェードに対して、「172A」はカーブを多用した新しい造形方法で製作された。非常に斬新で...

インテリアとライティング | 2019.08.17 Sat 21:13

世界の名作照明?

JUGEMテーマ:照明デザイナー 今回は、前回に引き続き「世界の名作照明」の第七弾として「世界の名作照明?」を紹介します。   まず初めに紹介するのは、1965年にイタリアの「ジョエ・コロンボ」がデザインしたテーブルランプ「スパイダー291」です。     「スパイダー291」は、照明に必要な要素を最小限の装飾で構成したテーブルランプで、シェードは2カ所が切り抜かれ、一方からは楕円型のシルバー色の電球が覗き、他方は支柱とシェードの接合のために用いられています。中央のつまみで光源の...

インテリアとライティング | 2019.07.17 Wed 10:04

世界の名作照明?

JUGEMテーマ:照明デザイナー   前回に引き続き、「カーサブルータスの美しい照明術」に記載された名作照明を紹介します。   今回の最初は、フランスの有名な建築家「ル・コルビュジエ」が、1954年にデザインしたフロアーランプ「プロジェクター365」です。     1954年に、インドの「チャンディーガル・高等裁判所」をてがけた際にデザインした照明器具で、無骨な工場用照明の形状を、洗練されたインテリア照明へと「ル・コルビュジエ」は、昇華させました。「 ネモ」社によって復刻さ...

インテリアとライティング | 2019.05.19 Sun 14:19

世界の名作照明?

JUGEMテーマ:照明デザイナー   前回に引き続き、「カーサブルータスの美しい照明術」に記載された名作照明を紹介します。   今回の最初は、日系アメリカ人で彫刻家の「イサム・ノグチ」が1951年にデザインした照明「アカリ」です。     「イサム・ノグチ」は、1904年11月17日にアメリカ合衆国ロサンゼルスに生まれた日系アメリカ人で、彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家・作庭家、舞台芸術家などを手掛けるアーチストである。   日本でも多くの作品が手掛け、照...

インテリアとライティング | 2019.05.05 Sun 09:21

世界の名作照明?

JUGEMテーマ:照明デザイナー   前回に引き続き、「カーサブルータスの美しい照明術」に記載された照明を紹介します。   今回は、建築界の巨匠「フランク・ロイド・ライト」によって1933年にデザインされたスタンドライト「タリアセン」を紹介します。   「フランク・ロイド・ライト」は、1867年にアメリカ・ウィスコンシン州に生まれ、ウィスコンシン大学マディソン校土木科を中退して、シカゴに移り住んだ。「ジョセフ・ライマン・シルスビー事務所」に務めたが、1年ほどで事務所を辞めて、「...

インテリアとライティング | 2019.01.21 Mon 04:17

世界の名作照明?

JUGEMテーマ:照明デザイナー   今回は、「カーサブルータスの美し照明術」に記載された照明器具の紹介をします。   初めに、「セルジュ・ムイユ」の1953年に発売されたスタンドランプ「ランバデール3ルミエール」を紹介します。   ※「セウジュ・ムイユ」は、1922年フランス・パリで生まれ、銀細工職人として教育を受けた後に様々なデザイン活動を行いながら、1950年代前半から短い期間でしたが、自らの照明器具の開発、制作を行った。彼の作品は、自然の造形、素材との対話、そして職人的技術...

インテリアとライティング | 2019.01.03 Thu 06:24

人を動かす照明

JUGEMテーマ:照明デザイナー   照明には、人を誘い、人を歓待し、安らぎ与え、憩い与え、照明の効果は、人が思っているより以上の多くの空間認識を与えてくれます。   A、人を誘い、歓待する     友達のお宅を夜にうかがう時に、住宅街など多くの家があれば、目印になるもの   が必要になる。その目印になるのが、暗闇を照らし、邸宅の存在を明らかにする   のが、照明であり、明かりである。   照明が点いていてもも、ぼんやりとした明かりででは、目印の役割を果たすこと   ...

インテリアとライティング | 2018.07.02 Mon 09:10

リサ・ヨハンソン・パッペの照明

JUGEMテーマ:照明デザイナー 「リサ・ヨハンソン・パッペ」は、1907年フィンランド生まれで、「セントラル スクール オブ アーツ アンド クラフツ」を卒業した。1937年より「ストックマンデパート」のインテリアデザイナーとなり、1942年よりフィンランドの「ストックマン・オルノ」社で照明器具のデザイナーとして活躍した。ホーローやアクリル、ガラス等を用いた彼女のデザインは、常に高い機能性と実用性を持ち合わせていて、「フィンランド照明学会」創設者の一人であり、北欧を代表する照明デザイナーである。 1947年に...

インテリアとライティング | 2018.06.14 Thu 09:29

このテーマに記事を投稿する"

1  2 >

全19件中 1 - 10 件表示 (1/2 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!