• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

日本美術

このテーマに投稿された記事:110件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c90/3367/
日本美術
このテーマについて
絵画・工芸・建造物などを含む日本美術。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「ueda55」さんのブログ
その他のテーマ:「ueda55」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

浦上善次 備前 おこぜ

  皆様、どんな秋をお過ごしですか。   今年の私は読書の秋ですかね。 最近読んだもので面白かったものは クラフト・エヴィング商會の「ないもの、あります」という本です。   あまり本を読まない方でも、サクッと読めます。 ないもの、あるってすごいでしょう? 面白い商品がたくさんあって、 その説明がまたユニークで笑ってしまうのです。   ないもの、あるって言えるくらい 春明堂も面白いものをたくさん紹介できたらいいなあと思っています。 実際は難しいですけ...

坂井春明堂 | 2017.11.07 Tue 13:02

仁阿弥(2代 道八)青華布袋画鉢

  もうすぐ「五山の送り火」ですね。 山々に火が灯されるのを見ると 京都の夏が一つ終わる感じがします。   「五山の送り火」同日には 嵐山の渡月橋で「灯籠流し」も行われます。   戦後すぐ、戦没者の霊を慰めるために 始めたのがはじまりの行事です。   名な渡月橋には行ったことがある方も 多いのではないでしょうか。 あの場所に灯籠が流され幻想的な雰囲気が味わえます。       今回は、 名工と誉れ高い陶工の作品です。   ...

坂井春明堂 | 2017.08.07 Mon 10:51

人間国宝 金重陶陽 備前花入

  今、兵庫県姫路市で 「没後50年 金重陶陽と華麗なる作家たち」が 開催されております。   備前焼界の巨匠である金重陶陽の他、 ゆかりのある藤原啓、金重素山、 北大路魯山人、10代三輪休雪などが 8月20日まで展示されているそうです。   備前焼はファンが多く 日本を代表する焼物ですので 観光するとともに、美術館に行ってみるのも 面白そうです。     そして、 その没後50年になる 金重陶陽の耳付花入を 今回、ご紹介です!!   ...

坂井春明堂 | 2017.08.05 Sat 11:11

熊倉順吉 青い箱

  6月もよろしくお願いいたします。   今月は大阪で展示会もございますし、 来月は東京の展示会を控えております。   お客様に楽しんでもらえるよう 頑張りたいと思ってます!!   また東京の展示会の詳細はこのブログで いたしますのでお楽しみに!!     今日は、 京都の作家さんのオブジェをご紹介です。   <熊倉順吉 青い箱 共箱>     (幅:13.5?、奥行:13.5?、高さ:13.7?)       ...

坂井春明堂 | 2017.05.31 Wed 20:34

5代 三浦竹泉 色絵竹陶額

    クリスチャン・ラッセン氏が日清のどん兵衛とコラボして かき揚げを描き上げるというダジャレを本気でしているという ニュースが話題ですね!   若い方や、あまり興味がなかった方にも 芸術に親しみをもっともっと持ってもらえたらなあと思っています。     芸術・美術というと 額に入れられた「絵画」を思いつく人が多いのではないかと思います。   茶道向きの掛軸が多い当店ですが 今回は額に入った陶板のご紹介です。   床の間はないけど...

坂井春明堂 | 2016.12.08 Thu 14:48

尾形光琳

JUGEMテーマ:日本美術 尾形光琳の世界 というサイトから  光琳が本格的に作品を発表したのは1701年(43歳)から没年の1716年(58歳)までの15年間のみ。その短い活動期間に多数の名品を残して旅立った。乾山は兄の死後も30年近く生き、晩年は江戸に上がって筆を握り、文人趣味の優れた書画などを残した。 豪奢な生活は光琳の家計を火だるまにさせたが、一流の美術品に触れ続けたことで審美眼を養えたのも事実。派手さがあっても決して下品ではなく、華やかで垢抜けている光琳デザインは、屏風以外にも、...

My Media Study Blog | 2015.04.21 Tue 17:16

浮世絵ワールド。

なんだか今日は朝からバタバタしてて用事がひと段落したので 『浮世絵展』に行って参りましたッ バタバタの理由はこれだッ 今週末で浮世絵展は終了してしまうとのことで行ってきましたッ 開催された当初から行きたかったのですが結局ギリギリになってもーた^^; 今週木曜日くらいに台風が来るらしいので、今日か明日かなぁっと 明日はちょっと雨が降ると天気予報で言っていたので今日行くぜ!! 気合で。 遠出してきましたッ^^ 入り口でお出迎えしてくれたのは北斎でしたッ なんとも縁起の良い♪♪ ...

いちごぼうえき。 | 2014.07.09 Wed 01:39

富岡鉄斎邸。

日本最後の文人と呼ばれた芸術家・富岡鉄斎。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%B2%A1%E9%89%84%E6%96%8E私は京都府議会でも北部・舞鶴市選挙区のため公舎をあてがわれていたのですが、その京都府議会公舎が旧・富岡鉄斎邸ということで、よく見学者がいらっしゃっていました。耐震性がないことや住込みの管理人を常駐させていたことのコスト面での課題もあり、京都府議会の公舎は廃止されました。しかし今でも京都府の府有資産活用課で管理しており、今後の利活用について検討されています。私の同志ともいうべき地方議員の...

忠藏のかわら版 − 岡本忠藏 official web site − | 2014.07.08 Tue 22:34

品川の月、吉原の花、そして、深川の雪。

喜多川歌麿「深川の雪」―特別展示― 再発見 歌麿「深川の雪」2014年4月4日(金)〜6月30日(月)喜多川歌麿「深川の雪」は、フリーア美術館蔵「品川の月」、ワズワース・アセーニアム美術館蔵「吉原の花」と共に、「雪月花三部作」として知られる歌麿肉筆画の最高傑作。縦199㎝×横341㎝。掛軸画では考えられない巨大画面に、27名の人物たちが生き生き描かれ、晩年の集大成的作品。「雪月花三部作」の最も古い記録は、明治12年(1879)11月23日、栃木の定願寺における展観に、当地の豪商・善野家が出品したもの。「雪」と「...

タカコバ takacova | 2014.04.16 Wed 12:58

目黒雅叙園の回廊〜立体的な浮世絵?〜

目黒雅叙園の回廊には、 立体的な浮世絵みたいな絵が飾られています 「飾られている」というか、壁そのものっていうか・・・ 壁画かな?(笑) おめかししてる風のもあれば 日常の一コマみたいのもあります いっぱいあるから、全部をじっくりとは見てないけど、 じっくり見てみるのも楽しいかも☆ ⇒ 目黒雅叙園  

目黒雅叙園見学クルーズ〜千と千尋の神隠し・・・的な?〜 | 2012.08.06 Mon 16:12

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全110件中 1 - 10 件表示 (1/11 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!