>
フォトエッセイ
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

フォトエッセイ

このテーマに投稿された記事:64件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c142/12864/
フォトエッセイ
このテーマについて
写真と文章で日々の生活を綴っていきましょう!
お気軽に投稿してくださいね。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「green1978j」さんのブログ
その他のテーマ:「green1978j」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7 >

Style | 西川らむ | 女っぷりを上げるには、デートより1回のランジェリー撮影・彼女たちがカメラの前で「脱ぐ」理由 [SPLASHランジェリー通販]

[SPLASH Styleコラム更新]   彼女たちがカメラの前で「脱ぐ」理由  by Boudoir Photographer 西川らむ   女っぷりを上げるには、デートより1回のランジェリー撮影   みなさんこんにちは。西川らむです。このコラムを読んでいるみなさんはきっと、ランジェリーはもちろん、美しくて綺麗なものやセクシーなことが好きな方なのではないかなと思います…。   コラムの続きはSPLASHのサイトにて!   JUGEMテーマ:ランジェリー JUGEMテーマ:女性...

高級ランジェリー通販 SPLASH 公式ブログ | 2018.12.18 Tue 04:39

気球に乗って「白嘘物語」第七十一話

夢の中で気球に乗っていた。 バーナーがごうごうと音を立てて火を吹き、くんにゃりしていた気球が息を吹き返したように大きく膨らんでゆく。 気球がパンパンに膨らんで、とうとう自分の乗っているゴンドラもふんわりと宙に浮きだした。地上では気球を固定していたロープをはずしている。 さぁ、これから空中散歩だぞ、と嬉しくて心もはやる。 ふと、頭上を見上げると、カラフルな気球はいつの間にか、大きな黒い蜘蛛にすり替わり、真っ赤な二つの目がギラギラと自分を見つめていた。 長い二本の毛むくじゃらの足が、ゆっ...

白嘘物語‐つくもうそ物語 | 2012.03.01 Thu 23:26

稚魚「白嘘物語」第八十四話

久しぶりに漁港へ釣りに出かけたが、さっぱり当りが来ない。 昼近くになった頃、野球帽にくたびれたポロシャツ姿のじいさんが声を掛けて来た。「お兄さん、釣れんのかい?」「全然っすねぇ」じいさんは海の中を覗き込み「おお、こりゃダメだな。なーんにもおらんわ。どれ、お兄さん、可哀想だからちょっと魚を増やしてあげようか」そして、じいさんはネズミ色のスラックスのポケットから、何やら小さな紙切れを取りだして、細かくちぎり始めた。俺は、何が何だか分からずキョトンとしたまま、じいさんの手元を見ていた。じいさんは、そ...

白嘘物語‐つくもうそ物語 | 2012.02.29 Wed 22:47

青銅のインコ

ここは、あるお寺の境内。 頭上には風雨に晒され、すっかり白っぽくなった天人の欄間が見える。 千社札を見る度、どうやってあんな所に貼ったものやら、と感心してしまう。 天井から吊るされた照明は、笠が壊れたままになった裸電球が一つだけだ。 しかし、青銅で出来ているらしい、羽を広げようとしているインコの飾りは、なかなか端正で趣深い。  JUGEMテーマ:フォトエッセイ 

白嘘物語‐つくもうそ物語 | 2012.02.28 Tue 23:37

空を見上げて「白嘘物語」第二十話

太古からの自然林が、ぽっかり街の中に残されて。 その中から空を見上げると、ぽっかり青い空が残されて。額縁のように、リースのように、青葉が空を飾ります。さて、天空の彼方よりこちらを見下ろす者あれば。額縁の真ん中にいる、ちっぽけな私は何者でしょうか。「白嘘物語」第二十話  JUGEMテーマ:フォトエッセイ 

白嘘物語‐つくもうそ物語 | 2012.02.27 Mon 23:45

金魚「白嘘物語」第七十六話

結婚して遠くに行ってしまう友達が、 私に飼って欲しいと金魚を置いていった。素焼きの金魚鉢と水草、餌をセットにして。旅行もしないし、インドア派だからと見込まれたようだ。そりゃ、犬、猫と比べれば扱いは楽だろうけど、死なせちゃうかもしれないよ、と私が言うと、その時は寿命と思うよ、と寂しそうに答えた。 それに、この子ね、時々脱走しようとするから長生き出来ないかもしれないんだよね。脱走って?たまにね、金魚鉢から飛び出して、床で跳ねてる事とかあるの。びっくりして、水に戻すと、また元気に泳いでたけど。もう一...

白嘘物語‐つくもうそ物語 | 2012.02.22 Wed 23:22

月に叢雲「白嘘物語」第六十七話

ビルの屋上に立って、叢雲から見え隠れする月を眺める男。 おお、髪が逆立ち背中の筋肉が盛り上がる。 銀色のオーラを全身に纏い、細く長く遠吠えを始める。 雲が切れた、満月が顔を出す。 そら、あいつは前世の姿に戻ったようだ。 毛むくじゃらの体で、大きく跳躍し、夜の闇へ消えて行った。 「白嘘物語」第六十七話   JUGEMテーマ:フォトエッセイ

白嘘物語‐つくもうそ物語 | 2012.02.21 Tue 23:38

渚にて

私は海があまり好きではない。 ハワイや沖縄などリゾート地の海ならば、紺碧の海に白い砂浜できれいなのだろうけれど、日本の海はたいてい濁って灰色がかった水の色で、砂浜は薄茶色をしている。秋、冬の海の風景ときたら寒々しいことこの上ないので、近づきたくもない。それでも真夏になれば、風景はそれらしく、真っ白な入道雲などがもくもくと空にせり上がり、白波は涼しげで、眺めているには心地良いものとなる。私が苦手なのは、あの砂浜の方で、砂にめり込む足元を良く良く見ると、小さな虫が無数に砂の間を右往左往しているの...

白嘘物語‐つくもうそ物語 | 2012.02.20 Mon 22:48

いいものあげる。

はい、これどうぞ。 元気だしてね。JUGEMテーマ:フォトエッセイ 

rabbitier | 2011.03.29 Tue 20:53

静かな朝です。日本に暮らす皆さま、日本をふるさとと感じる皆さまが、温かな心で尊び合い喜び合える世の中でありますように。写真は満潮の直前に厳島神社の回廊の下の砂浜に立って見えた景色です。薄い静かなさざ波が海の上をすべるように幾重にも幾重にも寄せてきてその一つ一つの音が重なり合って素敵なハーモニーを奏でていました。JUGEMテーマ:フォトエッセイ ランキングに参加しています♪いいなと思ったらポチッとお願いします↓↓↓にほんブログ村にほんブログ村

noriquo | 2011.02.13 Sun 23:35

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7 >

全64件中 1 - 10 件表示 (1/7 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!