• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

このテーマに投稿された記事:88件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c150/24485/
寺
このテーマについて
お寺関連のテーマについて
このテーマの作成者
作者のブログへ:「raggaitem」さんのブログ
その他のテーマ:「raggaitem」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9

西新井大師へ行って来ました。

  JUGEMテーマ:寺               厄除けで西新井大師へ行って来ました。境内の中にある風鈴祭りがとても              気に入りました。色々な色あいと形があって風鈴の音も楽しめました。                         すっかり夏のせいか浴衣姿が。どこかで花火大会やるのかな。 西新井大師 風鈴祭り たくさんの風鈴がつるさがれていました。 帰りは、お土産の和菓子の草だんごなどを買って 散策。お店のひとがやさしかったです。 お土...

魔法使いのくらし | 2015.07.19 Sun 22:12

金蓮寺は源頼朝が三河守護安達盛長に建てさせた「三河七御堂」の一であるとの伝承

金蓮寺 方三間の主体部の前面一間通りと向かって右側面の後寄り2間分には孫庇を設け、これらの上の屋根は縋破風(すがるはふ)とする。建物周囲にはさらに落縁をめぐらしています。前述の2か所の孫庇のうち、右側面の部分は小部屋とする。正面側の孫庇は室内に取り込まれず、吹き放しとするが、外側の落縁よりは一段高く床板を張っています。 柱上の組物は舟肘木を用い、柱間装置は正面3間をすべて蔀(しとみ)、側面と背面は板壁または板扉とし、垂木は地垂木を繁垂木(しげだるき)とし、飛檐垂木(ひえんだるき)は間隔を空けた...

SCL's Trend News | 2015.06.23 Tue 05:21

左右には翼廊跡があり、前方に折れてその両端にそれぞれ楼の跡 毛越寺

毛越寺 伽藍復原図として知られる図像は、1954年以来の発掘調査によって検出された考古資料をもとに描かれたものです。 2001年(平成13年)に世界遺産登録の前提となる暫定リストに「平泉-浄土思想を基調とする文化的景観」の一部として記載され、2005年(平成17年)7月には史跡の追加指定がなされました。 2008年(平成20年)の第32回世界遺産委員会の審議では、登録延期が決定し、文化庁および岩手県は「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」の一部としてユネスコへ再度申請し、2011年(平成23年)5月に...

SCL's Trend News | 2015.06.18 Thu 05:14

堂内から発見された墨書により嘉元3年(1305年)の建立と判明 太山寺

堂内手前の参詣者が立ち入る部分は板敷きで、その奥は柱間5間×5間分の床を一段高く造り、手前を畳敷きの外陣(げじん)、奥を土間の内陣としています。内陣には横長の宮殿 (厨子)を置き、7躯の十一面観音立像(秘仏)を安置する。宮殿のある内陣を土間とするのは延暦寺根本中堂など天台宗系仏堂にみられる手法です。 明治37年(1904年)8月29日重要文化財(旧国宝)に、昭和29年(1954年)6月28日 太山寺 国宝に指定されました。 太山寺宮殿の7躯の十一面観音立像と最奥に祀られている十一面観音立像(舟形光背を有する)は、平...

SCL's Trend News | 2015.05.18 Mon 05:20

『枕草子』に「寺は壺坂。笠置。法輪。霊山は、釈迦仏の御すみかなるがあはれなるなり。石山。粉河。志賀」 石山寺

紫式部が『源氏物語』の着想を得たのも石山寺とされ、伝承では、寛弘元年(1004年)、紫式部が当寺に参篭した際、八月十五夜の名月の晩に、「須磨」「明石」の巻の発想を得たとされ、石山寺本堂には「紫式部の間」が造られています。 『和泉式部日記』(十五段)では、「つれづれもなぐさめむとて、石山に詣でて」とあり、 和泉式部が敦道親王との関係が上手くいかず、むなしい気持を慰めるために寺に籠った様子が描かれています。 石山寺(いしやまでら)は、滋賀県大津市石山寺1丁目にある東寺真言宗の寺。 石山寺本尊...

SCL's Trend News | 2015.05.14 Thu 05:23

後醍醐天皇による建武の新政は足利尊氏によりわずか2年で失敗 永保寺

永保寺の歴代は3世の果山正位以後、14世の雪庭永立(1554年没)までが塔頭の保寿院世代と同一であり、その後320年間にわたり塔頭寺院による輪番で護持されてきました。 天保元年(1830年)、開山仏徳禅師500年遠諱の際、春応禅悦により僧堂が開かれるが、明治初めの社寺上知令により衰退しました。 明治8年(1879年)永保寺独住1世として保寿院24世の?芳惠薫が任命され、明治14年(1881年)開山仏徳禅師550年遠諱の際に、柏樹軒潭海玄昌を永保寺住持に迎え僧堂を再開し、これ以後、僧堂師家が永保寺住職を務めています。 永...

SCL's Trend News | 2015.05.12 Tue 05:23

清衡は源義家の助力を得て戦いに勝利し、清原氏は滅亡 中尊寺

この合戦のさなか、清衡は館に火を放たれ、妻と子を失い、その後、清衡は現在の岩手県にほぼ相当する奥州奥六郡を支配下に収め、父の姓である「藤原」を名乗って「藤原清衡」と称するようになりました。中尊寺 清衡は寛治3年 (1089年) には陸奥押領使に任命され、嘉保4年 (1094年) 頃には居館を江刺郡豊田館 (とよたのたち、奥州市) から、中尊寺のある平泉に移しています。 このように、藤原清衡の前半生は兄弟・親族が相争うもので、多くの近親者の死を目の当たりにしてきた。壮年以降の清衡が平泉の地に、都の大寺院にも劣ら...

SCL's Trend News | 2015.05.09 Sat 08:03

善光寺御開帳へGo

JUGEMテーマ:寺 どうも、こんばんは、今日は完全に汗だくだった僕です。 というのも、本日は長野県は善光寺の御開帳へ行ってまいりました。   御開帳とは 数え年で七年に一度、秘仏である御本尊の御身代わり 「前立本尊」(鎌倉時代・重要文化財)を本堂にお迎えして行う「善光寺前立本尊御開帳」。 仏都の春、御仏とのありがたいご縁が生まれます。 引用:善光寺御開帳 平日にも関わらず、びっくりするほどのにぎわい。 で、心ウキウキあの有名な(←?今日覚えましたが)回向柱を拝んできました...

RAGGA ITEM MALL BLOG | 2015.04.23 Thu 20:13

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9

全88件中 81 - 88 件表示 (9/9 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!