>
ポルシェ
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ポルシェ

このテーマに投稿された記事:350件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c165/10436/
ポルシェ
このテーマについて
ポルシェに関する情報です!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「nakamura208」さんのブログ
その他のテーマ:「nakamura208」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

964/993:ドアストッパー取り付け部分破損

JUGEMテーマ:ポルシェ 964/993でドアを開閉する時に、バキッ!っと音が出ませんか? ドアストッパーの取り付け部分を確認してみて下さい。 ボディ側はピンで固定され、ドア側はボルトで固定されております。 この固定されているベースのステーやプレートのスポット溶接が剥がれて破損するとこのような音が出ます。 ひどくなるとドアパネルを突き破りドアストッパーが顔を覗かせる結果になることもあります。 こうなるとドアも必要以上に大きく開くため、フロントフェンダーにドア自体が当たることもあります。 このよう...

日之出 ポルシェブログ | 2016.03.03 Thu 14:33

964:異常燃焼

JUGEMテーマ:ポルシェ 964と993オーナーは気をつけて頂きたいのが、ツインデストリビューターのベルト切れです。 切れたまま走行してしまうと、通常ツイン点火していたプラグがシングル点火となり、エンジンの調子が悪くなるのはもちろんですが、シリンダー内で異常燃焼が起こり、ピストンリングが折れてしまうことがあります。 ピストンリングが折れてしまうとオイルがシリンダー内に入ったり、圧縮漏れを起こしたり、最悪はピストンもシリンダーもキズだらけという結果になってしまいます。 写真のピストンはリングが折...

日之出モータース 空冷ポルシェブログ | 2016.03.03 Thu 14:31

964:エンジンに大穴!シフトミスにご用心

JUGEMテーマ:ポルシェ 写真のようにピストンやシリンダー、コンロッドまでもが破損してしまうことがあります。 シフトミスにより、エンジンが回り過ぎてしまったのが原因です。 エンジンは許容回転数を越えると、ピストンの上がるタイミングとバルブが下がる(開く)タイミングとがずれてしまい、ピストンとバルブが衝突してしまいます。 軽く当たる分(7,500rmpくらい)には、それほど大きなダメージが受けないのですが、今回のように9,000回転以上も回ってしまうと、その衝撃でバルブは折れてしまいます。 その折れ...

日之出モータース 空冷ポルシェブログ | 2016.03.03 Thu 14:30

964:ヘッドボルトの折れ

JUGEMテーマ:ポルシェ 930ターボや964ターボに良く見られたシリンダースタッドボルトの折れですが、ついに964カレラ2にも発生するようになってきました。 先月から連続で2台も・・・ 低速からアクセルを急に踏んだ特に、バタバタ音が聞こえるようなら要注意です。 シリンダースタッドボルトが折れて、圧縮漏れを起こしている可能性があります。 このまま乗り続けると異常燃焼して、ヘッドやシリンダーに歪みが生じ、最悪は補修することができなくなり、交換するしかなくなる場合もあります。 このシリンダースタッ...

日之出モータース 空冷ポルシェブログ | 2016.03.03 Thu 14:28

タペットカバーからのオイル漏れ

JUGEMテーマ:ポルシェ 電話の向こうは困惑の声 「タペットカバーのパッキンも、カバー自体も交換したのに、オイル漏れひどくて・・・」 ご来店いただき、早速分解すると、なんとロッカーアームシャフトが抜けていました! 専門店以外で整備すると、こんな基本的整備ミス(知らない?)が見受けられるポルシェが多いものです。 その場で修正し、整備は完了しました。

日之出 ポルシェブログ | 2016.03.03 Thu 14:27

964/993のツインデストリビューター

JUGEMテーマ:ポルシェ 964/993のNAエンジンに採用されているツインデストリビューター。 これは各シリンダーのスパークプラグに電気を順番に送るためのパーツ。 ちなみに現在の車はコンピューターによって電気を送っているので、 このような機械的なパーツはありません。 この機械式なパーツであるデストリビューターですが、 964/993のNAエンジンの場合、ツインプラグが採用されているため、 6気筒エンジンにもかかわらず、 12本のプラグに電気を送れるようにキャップとローターを1ヶづつ追加して、 ベルトで回すツイ...

日之出 ポルシェブログ | 2016.03.03 Thu 14:07

911:クラッチディスクのラバー劣化

JUGEMテーマ:ポルシェ 87ー89年式の911カレラとターボ アクセルのオン/オフでカシャッ!カシャッ!という異音と同時に、 車がギクシャクするような症状はありませんか? この症状、写真のようにクラッチディスクが破損している可能性が高いです。 そのまま乗り続けると、エンジンや駆動系にも悪影響を及ぼし、最後には走ることが出来なくなります。 この年式の911は、発進時やアクセルオン/オフ時の衝撃を吸収させるため、 衝撃吸収ラバーを採用したディスクが装着されています。 この衝撃吸収ラバーは、経年劣化によ...

日之出 ポルシェブログ | 2016.03.03 Thu 14:03

911:エンジン下したらやりたいこと

JUGEMテーマ:ポルシェ クラッチ交換等でエンジンを降ろす場合、同時におすすめする作業がいくつかあります。 タペット調整やプラグ交換は、エンジン搭載時よりも作業がやりやすく工賃などがリーゾナブルになります。 タペット調整の必要のない993の場合、タペットカバー等からのオイル漏れ予防としてパッキンの交換もおすすめです。 エンジンルーム上部のスポンジ交換、これはエンジンを降ろさないと交換できませんので、この機会に・・・ 古くなるとカチカチになり、ぼろぼろと落ちてきます。 断熱や消音効果があるので...

日之出 ポルシェブログ | 2016.03.03 Thu 13:59

911:クラッチ修理

JUGEMテーマ:ポルシェ 911カレラのクラッチ廻りです。 走行距離が20,000キロ以下にもかかわらず、クラッチペダルに違和感があり、繋がる時にもジャダーが出ていました。 開けてみた結果、クラッチカバーは錆だらけで、ダイヤフラムスプリングが怪しい状態。 レリーズベアリングとレリーズフォークもグリス切れでスムースに動いていなかったようです。 ディスクは、走行距離が少ないこともあり問題なかったのですが、ラバー部分に若干のヒビ割れが・・・ 全部交換した結果、ペダルの違和感はなくなり、踏力も少なくな...

日之出 ポルシェブログ | 2016.03.03 Thu 13:42

911車高調整について

JUGEMテーマ:ポルシェ 89年までの911のサスペンションは、一般的なコイルスプリングではなく、 トーションバーという棒をスプリングの代わりに使用しています。 このトーションバーは、ねじれることによって、コイルスプリングと同じ役割をします。 ただ、初期の反発力が柔らかいため、ショックが劣化してくると車高が下がってくる傾向があります。 逆にショックを硬いものに交換すると、車高が想像以上に、上がってしまうことがあります。 そのままでも問題はないのですが、スポーツ性能のアップと、スタイリングを考...

日之出 ポルシェブログ | 2016.03.03 Thu 13:40

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全350件中 41 - 50 件表示 (5/35 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!