>
ポルシェ
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ポルシェ

このテーマに投稿された記事:351件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c165/10436/
ポルシェ
このテーマについて
ポルシェに関する情報です!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「nakamura208」さんのブログ
その他のテーマ:「nakamura208」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

911SCのインテークマニホールド

JUGEMテーマ:ポルシェ 先日、80年式911SCのオーナー様からエアフィルターケース交換のご依頼をいただきました。 交換の理由はケースの蓋を止めようとゴムバンドを引っ張った際に、ゴムバンドを引っ掛ける爪が折れてしまったからです。   そこでケースを取り寄せたのですが、入荷してきたケースと元々ついていたケースとを比べると、インテークパイプ取付部のサイズが異なるのです。 間違えてオーダーしてしまったと思いパーツリストを再確認したのですが間違えではないようです。 いろいろ調べてみ...

日之出モータース 空冷ポルシェブログ | 2018.12.10 Mon 15:39

ドア開閉時のパキパキ音 964編

JUGEMテーマ:ポルシェ   前回ご説明させていただいたドア開閉時のパキパキ音ですが、964でも同じことが起こります。   ただ993ではボディ側が破損するのですが、964ではドア側が破損することがほとんどです。 こちらはドア側を切開しての修理となります。   そういたことから考えると、993と964でもボディの鉄板強度やスポット溶接の方法が違うのかもしれません。   ここまでひどくなるとストッパーが脱落し、最悪はストッパーがドアの内部からドアパネルに当ってしまいます...

日之出モータース 空冷ポルシェブログ | 2018.03.08 Thu 12:48

ドア開閉時のパキパキ音 993編

JUGEMテーマ:ポルシェ.   ドアを開閉する時にパキパキと大きな音がしてませんか?   そんな時はドアのヒンジとヒンジの間にあるストッパー取付部を確認してみて下さい。 993の場合は、この取付部がドアの開閉と同時に左右に動いてることが多く、それが音の原因です。 そのまま放っておくと、破損し大変なことになってしまいます。   修理にはその取付部を切開し、内部を溶接修理する必要があります。   ちなみに964でも同じようにパキパキ音が出ることがありますが、なぜか964は...

日之出モータース 空冷ポルシェブログ | 2018.03.07 Wed 10:31

右サイドのオイルライン修理

JUGEMテーマ:ポルシェ   先日、右リアフェンダー周辺からオイルが漏れているので点検して欲しいとのご依頼を続けて4台もいただきました。 いずれも964ですが、これはオイルタンクとサーモスタット周辺のオイルホースの劣化が原因です。 修理するにはサイドパネルを外し、掃除をした後にそれらのホース4本を交換することになります。     ついでにサーモスタットからフロントフェンダー内のオイルクーラーまでのラインも、オイル漏れがないか点検させていただきました。 結果、4台中2台...

日之出モータース 空冷ポルシェブログ | 2018.03.05 Mon 15:46

真紅なポルシェ

  GALLON   http://www.gallon.jp (ガロン / 革製品、革小物、真鍮アクセサリー、レザーグッズの通信販売専門店)   ホームページ : http://www.gallon.jp 通販サイト : http://shop.gallon.jp ブログ : http://blog.gallon.jp facebookページ : https://www.facebook.com/gallon966f キーワード:トミカ、ミニカー、スピードスター、ポルシェ356、アナログレコード、山口百恵 JUGEMテーマ:ポルシェ

ガロンの提案するレザーアイテム  ハンドメイドと日常 | 2017.12.21 Thu 17:02

フロントからギシギシ音が発生

JUGEMテーマ:ポルシェ   3.2Lカレラのオーナー様から、凸凹を通過する度にフロントからギシギシという音がするので対策して欲しいとのご依頼を受けました。   930系のサスペンションはコイルスプリングではなくトーションバーによってストロークさせているのですが、このトーションバーの取り付け部に使われているラバーブッシュが劣化してしまったのが原因です。   このラバーブッシュですが、純正品の場合はロアアームごとのアッセンブリー交換となり、単品での供給がありません。 そうな...

日之出モータース 空冷ポルシェブログ | 2017.12.03 Sun 17:46

フューエルラインの劣化には注意!

JUGEMテーマ:ポルシェ   3.2Lカレラのフューエルラインですが、フロントからきたラインがインテークマニホールドの下で左右に分かれるですが、ここに使われるホースが経年劣化でひび割れたり、カシメが緩んだりしてガソリンが滲んできている車が度々あります。 最悪はガソリンが漏れ出して出火するなんてこともありえます。       走行中の場合、フロント廻りからのガソリン漏れは気付きやすいのですが、リア廻りからのガソリン漏れは気付きにくく、火災等の大惨事になってしまう...

日之出モータース 空冷ポルシェブログ | 2017.07.01 Sat 18:41

燃料ラインの劣化には注意!

JUGEMテーマ:ポルシェ   3.2Lカレラのフューエルラインですが、フロントからきたラインがインテークマニホールドの下で左右に分かれるですが、ここに使われるホースが経年劣化でひび割れたり、カシメが緩んだりしてガソリンが滲んできている車が度々あります。 最悪はガソリンが漏れ出して出火するなんてこともありえます。       走行中の場合、フロント廻りからのガソリン漏れは気付きやすいのですが、リア廻りからのガソリン漏れは気付きにくく、火災等の大惨事になってしまう...

日之出モータース 空冷ポルシェブログ | 2017.07.01 Sat 11:10

信じられないことが・・・

JUGEMテーマ:ポルシェ   これまで何十台、いや100台以上の空冷エンジンをオーバーホールしてきたのだが、今回凄いものを見つけてしまった! 下の写真は964のカムシャフトとそのハウジングですが、分解してみると激しい擦れキズがついている。 油膜切れ等によって起こる虫食い程度のキズはよくあるのだが、走行距離6万Km弱のエンジンでこのキズの付き方は異常である。       そこで原因を調べてみたのだが、その結果に驚いてしまった。 通常は右下の写真のようにハウジン...

日之出モータース 空冷ポルシェブログ | 2017.05.11 Thu 18:12

電動リアスポイラーが動かない

JUGEMテーマ:ポルシェ   最近、964と993の速度反応式リアスポイラーが動かなくなるトラブルが続いています。 走行中に時計の中にあるリアスポイラー警告灯が点灯すると要注意です。 全く動いていなかったり、中途半端にしか上がらなかったり、上がっても下がらなかったりと症状は様々です。     その症状には三つの原因が考えられます。 一つは電動スポイラーをコントロールするユニットの故障。     もう一つはスポイラーを動かすモーターもしくはギアケーブル...

日之出モータース 空冷ポルシェブログ | 2017.04.03 Mon 12:21

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全351件中 1 - 10 件表示 (1/36 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!