• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

漢方

このテーマに投稿された記事:223件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c211/9209/
漢方
このテーマについて
漢方で日々の未病と闘う
このテーマの作成者
作者のブログへ:「asukaclub」さんのブログ
その他のテーマ:「asukaclub」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23 >

王不留行(おうふるぎょう)の種子

JUGEMテーマ:漢方 王不留行(おうふるぎょう)です。 王不留行の実の中の種子、頂きました(*ノωノ)

ツルガ薬局ブログ | 2015.12.15 Tue 13:16

王不留行(おうふるぎょう)

JUGEMテーマ:漢方 先日、東京で王不留行散(おうふるぎょうさん)という漢方薬を作りに行ったときに撮った写真です。 王不留行(おうふるぎょう)を、ふしぐろの全草を以て代用します。 王不留行を直に見たことはなかったので、いい経験になりました。

ツルガ薬局ブログ | 2015.12.15 Tue 12:02

射干(やかん) ひおうぎの根

JUGEMテーマ:漢方   射干麻黄湯(やかんまおうとう)に使われる射干(やかん)という生薬。 先日東京の朴庵塾のある先生から、分けて頂きました。 射干 気味:苦平 荒木朴庵先生曰く、水雞声を治す、また喉中の熱よりする諸種の咽喉疾患に応用せらる 自宅に帰って、さっそく植えました。 育ってくれるとうれしいですね♪  

ツルガ薬局ブログ | 2015.11.25 Wed 11:23

漢方薬を混ぜることはいいことなのか・・・

JUGEMテーマ:漢方 漢方薬は、その目的とする働きがきちんと発揮されるように、生薬構成、量やバランス、煎じ方や作り方、服用の仕方まで緻密に計算され、実際に人が服用しながら作りあげられてきました。 同じ生薬構成であっても、その中の1つの生薬のたった1gの差で、大きく働き方が変わっていくこともあります。 【 甘草瀉心湯(かんぞうしゃしんとう)と半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)のように、甘草瀉心湯は狐惑病(こわくびょう)という精神的な症状によく効くようになってきます 】   たった...

ツルガ薬局ブログ | 2015.11.19 Thu 10:09

生薬構成の少ない漢方薬はシャープに効く

JUGEMテーマ:漢方 漢方薬には様々な生薬が入っていますが、生薬がたくさん入っている処方の方がよく効いてくれそうなイメージをもちますが、実はそうではありません。それぞれ1つ1つの生薬の働きが邪魔をせずに、お互いに助け合い相互に働きかけて効果を出すように、何千年も前から人が実際に服用して作られてきたお薬が漢方薬なのです。単純に言うと、生薬構成の多いものより少ない処方の方が、1つの生薬の作用割合が大きいということですから、よりシャープに生薬の働きが出ます。裏返せば、その生薬の働きをきちんと理解いてい...

ツルガ薬局ブログ | 2015.11.18 Wed 10:43

抗ミュラー管ホルモン(AMH)が改善した 続編

JUGEMテーマ:漢方 昨日の抗ミュラー管ホルモン(AMH)が改善して、卵巣が若返り、排卵・生理が来るようになったことに関して、もう少し詳しく書いてほしいとの声を頂きましたので、続きを書かせて頂きます。 女性には生理があります。月に一回、子宮に血液が寄り、内膜を温かく分厚くして妊娠の準備をして、妊娠しない場合は生理として出血という形で出します。女性の生理の状態をお聞きすることは、その方の体の中の状態を知るうえで非常に大切になってきます。 この方の場合なぜ排卵しないのか・・・、なぜ生理がこないのか...

ツルガ薬局ブログ | 2015.11.17 Tue 19:30

漢方薬で、抗ミュラー管ホルモン(AMH) を改善し、卵巣子宮を若返らせる 

JUGEMテーマ:漢方 安心して下さい、卵巣は若がりますよ♪ 最近特に不妊症のご相談が多いのですが、その中で抗ミューラー管ホルモン:AMHが低く、卵巣が老化しているといわれた方でも、漢方薬とその方の生活習慣の改善で、卵巣が若返った例があります。諦める必要はないのです。病院などに何年も通っても排卵が無いケース(薬で無理やりに排卵させているケース)でも、自分の力で排卵や妊娠できた例はたくさんあります。一番大切なことは、その人自身の体の改善です。人間は、ロボットではありませんので、部品交換のように卵巣な...

ツルガ薬局ブログ | 2015.11.16 Mon 17:27

越婢加半夏湯(えっぴかはんげとう)   〜越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)との違い〜 ?

更新が遅くなり、申し訳ございませんでした。 以前の記事に続いて、越婢加半夏湯(えっぴかはんげとう)の生薬構成と越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)との違いについて書かせて頂きたいと思います。 越婢加半夏湯は、麻黄(マオウ)苦温、石膏(セッコウ)辛微寒、生姜(ショウキョウ)辛温、甘草(カンゾウ)甘平、大棗(タイソウ)甘平、半夏(ハンゲ)辛平、から成ります。 麻黄は、喘咳、水気、発汗、解熱、悪風寒(さむけ)、疼痛に効果があります。気味(きみ)は苦温です。気味というのは、その生薬の持っている気の働...

ツルガ薬局ブログ | 2015.11.14 Sat 09:52

腎仙散

腎仙散は膀胱炎に効く漢方です。 ジンセンサンと読むのですが、一緒に水を飲んで利尿を促す事で膀胱炎を防ぎます。 暑いと汗に水分が取られて尿に出てこないので、腎仙散を水と一緒に飲んで、尿に水分を出しましょう。 腎仙散 18包/腎仙散/尿のトラブル/尿のトラブル薬/送料無料【第2類医薬品】腎仙散 18包[腎仙散 ...価格:2,160円(税込、送料込) JUGEMテーマ:漢方

岡崎の日記 | 2015.06.17 Wed 03:44

2015年(平成27年) 金運不及(きんうんふきゅう)の年の養生法

2015年(平成27年)は、『金運不及(きんうんふきゅう)』の年です。 簡単に言うと今年は『肺や大腸、鼻や皮膚系に関連した働きが弱まる年』、ということになります。 1年を通して、肺や大腸の系統が弱まるということは、特に「肺気(はいき)」と言って、肺や大腸系の正常な働きを担っている気が弱い人に大きな影響がでることが分かります。つまり、痩せている人、色白の人、体力が低下している人、疲れやすい人、冷えやすい人、胃腸が弱い人、便秘や下痢になりやすい方、病人、ご年配の人・・・・などは、要注意です。 症状と...

ツルガ薬局ブログ | 2014.12.31 Wed 09:20

このテーマに記事を投稿する"

< 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23 >

全223件中 201 - 210 件表示 (21/23 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!