• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

新書

このテーマに投稿された記事:231件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c224/2717/
新書
このテーマについて
所蔵している新書の一覧です。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「terunozousyo」さんのブログ
その他のテーマ:「terunozousyo」さんが作成したテーマ一覧(4件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

“町内会”は義務ですか?  〜コミュニティーと自由の実践〜

JUGEMテーマ:新書 “町内会”は義務ですか?  〜コミュニティーと自由の実践〜 / 紙屋高雪 評価 ☆☆☆☆ 自分の住む地域のコミュニティーは大切… …でも実際のハナシ、自身の手間と面倒は極力避けたい…というのが本音。 そんな建前と本音がシビアな現実になる場が、町内会・自治会です。 団塊ジュニア世代の著者は、町内会長(自治会長)をついひきうけてしまい、その仕組みと実態に驚きつつ、てんてこまいに。 ちょっとした成果に充実感をえたりもしながら、最後は「吊るし上げ」にあった...

隣り近所のココロ・読書編 | 2015.01.30 Fri 15:44

とことん! - とんかつ道

 とことん! - とんかつ道 / 今柊二(中公新書ラクレ)  評価 ☆☆今日は上野、明日はファミレス。定食評論家がとことん食べ歩く。かつサンド、ハム カツ等のバリエーション。とんかつ早慶戦。長崎トルコライス等のご当地カツ。果て はハワイでとんかつラーメン。お新香、みそ汁、キャベツなど脇役陣もチェック。カ ツ文化を掘り起こす! 100店超掲載。(感想)たまにエビフライやカキフライに浮気するけど、基本はすべて「とんかつ」。掲載店舗100店超えの非常にボリューミーな内容でした。東京近郊のお店が多く、私の知らない店...

隣り近所のココロ・読書編 | 2014.02.18 Tue 12:12

「折れない心」をつくるたった1つの習慣

 「折れない心」をつくるたった1つの習慣 / 植西聰(青春出版社) 評価 ☆☆☆☆ 書店でタイトルを見て、即買いでした。私、とにかく気持ちが弱い。折れやすい。いつも物事を考えすぎて深みにはまり、ウジウジ悩んでいるんです。そんな自分が本当にいや!だって、ものすごく生きにくいもん。だからもう、この本を読むことは藁にもすがるような思いでした。書いてあることは正しいと思う。こんな風に考えられたら日々が明るくなるだろう。でもね、問題なのはそもそもネガティブ思考で折れやすい自分が、こういう考え方をできるよ...

隣り近所のココロ・読書編 | 2014.01.07 Tue 01:56

私とは何か 「個人」から「分人」へ

JUGEMテーマ:新書  私とは何か 「個人」から「分人」へ / 平野啓一郎(講談社現代新書) 評価 ☆☆☆☆☆ここ最近で平野さんの小説を2冊読んでみたわけだけど、この人の作品をより深く理解するためには、どうしても平野さんの造語「分人」というものを理解する必要がある。そのために手にしたのがこの本です。「分人」とは、対人ごとに存在する様々な自分のこと。恋人との自分・家族との自分・職場の同僚との自分・高校の同級生との自分・大学の同級生との自分・・・これらは必ずしも同じ自分ではないはず。よく「本当の自分」など...

隣り近所のココロ・読書編 | 2013.07.03 Wed 12:08

フィンランド豊かさのメソッド

JUGEMテーマ:新書 フィンランド 豊かさのメソッド  / 堀内都喜子(集英社新書) 評価 ☆☆☆☆フィンランドといえば・・・ムーミン・クリスマス・森林・かもめ食堂??ほとんど知識のない国です。どこにあるかもあやふやなほとんど知らない国・・・、そんな国の経済・教育・雇用・文化などをあらゆる角度から知ることができ、なんだか急にフィンランドを身近に思えました。小難しい専門家の文章ではなく、あくまで一般の一留学生の視点で語られているからサクサクと読めます。1990年代に信じられないほどの大不況があり、そこ...

隣り近所のココロ・読書編 | 2013.06.17 Mon 15:43

新書大賞に小熊英二さん「社会を変えるには」

記事によると、「新書大賞2013」(中央公論新社主催)の大賞は、小熊英二著『社会を変えるには』(講談社現代新書)に決まった。新書大賞は、昨年刊行された1500点以上の新書を対象に、全国の書店員、各出版社の編集長らの投票で選ばれるとのことです。 小熊先生おめでとうございます! 内容紹介 発売日: 2012/8/17 〈私はしばしば、「デモをやって何か変わるんですか?」と聞かれました。「デモより投票をしたほうがいいんじゃないですか」「政党を組織しないと力にならないんじゃないですか」「ただの自己満足...

SCL's Trend News | 2013.02.25 Mon 12:06

オンライン書店ビーケーワン(bk1)で、「今週のオススメ書評」コーナーに掲載されるの巻

先日、投稿した池内 了著『物理学の原理と法則』の書評が、オンライン書店ビーケーワン(bk1)で、「今週のオススメ書評」コーナーに掲載されました。 これだけは知っておきたい 物理学の原理と法則 PHPサイエンス・ワールド新書 お礼に、3000ポイント(3千円相当)、もらちゃった(^ー^0) 尚、この「今週のオススメ書評」コーナーは、金曜日ごとに更新されるので、2月4日以降には、僕の書評の紹介は、無くなっています。 少しだけ、この「今週のオススメ書評」コーナーを含んだ「書評ポータル」の事を紹介す...

ミステリーが好き・・・ | 2012.01.29 Sun 22:11

科学的とはどういう意味か

JUGEMテーマ:新書 平生あまり新書は読まないが、書名に惹かれて読んでみた『科学的とはどういう意味か』(森博嗣著・幻冬舎新書)。「科学から目を背けることは、貴方自身にとって不利益ですよ/こういう人が多いことは、社会にとっても危険だ」と訴える本。 このテーマ自体は現代日本にとって実に深刻な問題で、著者の意見にも大方同意する。 科学の恩恵なしには一日たりとも暮せない社会で、しかしあまりにも科学(と言うより技術)が複雑になってしまったため、「難しいことはわからないから」ブラックボックスのことは考えな...

世の中は何か常なる | 2011.09.28 Wed 21:38

酒場を愉しむ作法

JUGEMテーマ:新書 ● 酒場を愉しむ作法 / (著)自由酒場倶楽部  (監修)吉田類 ● ソフトバンク新書 ● 767円 ● 評価 ☆☆のんびり、ふらふら、ぐいっと、一杯 会社の同僚と、古くからの友人と、ときには一人でふらっと訪れた先で見ず知らずの他人と、触れ合い、語らう酒場。全国の酒場を知り尽くしているからこそ語れる酒場での振る舞いと嗜みには、奥深く気付かされることが多い。軽妙洒脱な文章とともに酒場のディープな薀蓄とノウハウを堪能でき、酒場での時間がより有意義になる“酒道のバイブル”。(感想)BS-TBSで放...

隣り近所のココロ・読書編 | 2011.09.08 Thu 15:48

別に何かを意識する必要は無いとは思いますが

JUGEMテーマ:新書 大学の図書館から。本日読了。ごちそうさまでした。講演の内容を本に書きおろしたとのことで。内容として、博士の愛した数式が何度も登場していたのはそこらへんにも事情があるのかな。(小川さんは『博士の愛した数式』の作者です。念のため)多分一番有名だし、聴衆もそこの所の話が面白く聞けるだろうという配慮かなぁ。しかしいかんせん、1冊の本にまとめられてしまうと、いささかくどい。でも仕方ないよね!こればっかはね!!多分、本が好きな人ならそれなりに面白く共感できるのでは。その上で、物語を...

ヲタク学生読書変歴 | 2010.12.16 Thu 22:51

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全231件中 11 - 20 件表示 (2/24 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!