• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

このテーマに投稿された記事:4788件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c224/3275/
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

こころのチキンスープ 愛の奇跡の物語 第六章 前向きに考える

JUGEMテーマ:本   心を打つ短い物語や詩がたくさん入っている本です この章で僕が特に心を打たれた物語を紹介します   失敗だって?ちょっと立ち止まっただけさ   ものごとをまだ種のうちに見抜けるなら、それを天才という   第二次世界大戦後の不況の時代のことです。仕事を見つけるのも容易ではありませんでしたが、夫のボブは借金をして小さな店を買い、ドライクリーニング店を始めました。私たちは、二人の可愛い子どもに恵まれ、建て売りの家と車も手に入れ、ローンを支払...

犯罪被害者の奮闘記〜人間再生プロジェクト〜 | 2019.05.05 Sun 15:17

こころのチキンスープ 愛の奇跡の物語 第五章 夢を生きる

JUGEMテーマ:本   心を打つ短い物語や詩がたくさん入っている本です この章で僕が特に心を打たれた物語を紹介します   DJ レス・ブラウン   レス・ブラウンと双子の弟は貧乏街で生まれると間もなく、 メイドとレストランのキッチンでのヘルパーを掛け持つ女性の、 養子として引き取られ、 彼女は懸命に働き双子を育てた   レスは幼い頃から落ち着きがなく、 いつもひとりでしゃべりまくっていたので、 小学生から高校まで養護学校に通った 無事に高校を卒業すると市...

犯罪被害者の奮闘記〜人間再生プロジェクト〜 | 2019.05.03 Fri 11:08

傷痕のある男

傷痕のある男 出版日:平成3年6月10日  初版発行     平成6年12月10日 再販発行 あとがき:1994年11月 著者:キース・ピータースン(アンドリュー・クラヴァン) 翻訳者:羽場詩律子 カバー:松原建治 出版社:角川文庫 定価:本体620円(税別) あとがきによると、アンドリュー・クラヴァンがキース・ピータースンの名義で発表した最後の作品だそうです。 ハードボイルド・推理小説(ミステリー)でもなく、サスペンス。 さりげない日常の生活・風景の描写の中から、思わぬものがさりげなくこぼれ...

夢みるネコの本棚 | 2019.05.02 Thu 14:55

こころのチキンスープ 愛の奇跡の物語 第4章 生きることは学ぶこと

JUGEMテーマ:本   心を打つ短い物語や詩がたくさん入っている本です この章で僕が特に心を打たれた物語を紹介します   追憶   ある教師が小学3年生の34人を教えていた。 その中で特に記憶に焼き付いている生徒がいる   その子はひどくおしゃべりで、 「授業中に勝手にしゃべってはいけません」 と一日に何回も注意しなければならなかった   でも驚いたのが、 叱られたときのその子の態度だった。 いつ...

犯罪被害者の奮闘記〜人間再生プロジェクト〜 | 2019.04.25 Thu 14:13

本の紹介「死にがいを求めて生きているの」

「死にがいを求めて生きているの」 朝井リョウ 中央口論新社     作者は平成元年(1989年)生まれの30歳男性。   うちの3番目、次男と同い年です。     平成っ子も今年30歳。 平成の子、 ゆとりの子、 と、本人たちに責任あるわけじゃないのに   「だって、平成だもんねー、ゆとりだもんねー」 と、 ひとつふたつしか年の違わない 昭和生まれの兄や姉にさえ言われて、   言われながら 「ああ、自分は平...

CottonTulip my favorite since 05/06/16 | 2019.04.18 Thu 13:26

こころのチキンスープ 愛の奇跡の物語 第3章 子どもから教えられること

JUGEMテーマ:本   この本には短い話、詩がたくさん入っております。 この章で心を打たれた詩を紹介します。   『子どもは大人の鏡』   子どもは、批判されて育つと 人を責めることを学ぶ   子どもは、憎しみの中で育つと 人と争うことを学ぶ   子どもは、恐怖の中で育つと オドオドした小心者になる   子どもは、哀れみを受けて育つと 自分を可哀想だと思うようになる   子どもは、馬鹿にされて育つと 自分を表現できなくなる   ...

犯罪被害者の奮闘記〜人間再生プロジェクト〜 | 2019.04.17 Wed 17:41

こころのチキンスープ 愛の奇跡の物語 第2章 自分を見つける

JUGEMテーマ:本   ブルーリボン   ある高校で、 教師が生徒たちをかけがえのない人です、 と言う意味を込めたブルーリボンをプレゼントした その後その教師はブルーリボンを学校の外にも広める事とした。 人に自分の価値を認めてもらい、 自分も人の価値を認める事で、 地域がどう変わるのか調べようと考えたのだ   「学校以外で、自分が大切だと思う人のところへ行って、このリボンの意味を説明した上でプレゼントしましょう。」   ある男子生徒は進路の相談に乗...

犯罪被害者の奮闘記〜人間再生プロジェクト〜 | 2019.04.15 Mon 11:54

こころのチキンスープ 愛の奇跡の物語 第1章 愛の力

JUGEMテーマ:本   心が温まる名作です。 短い話がたくさん盛り込んである本ですが、 その中の第1章から僕が気に入った話を紹介します。   抱擁判事(ハギング・ジャッジ)   この元判事は愛情深い人間です。 裁判所で判事を15年努めた彼は、 人間の争う醜い姿を見せられるうちに、 「愛情こそ最高の力だ」 と痛感したと言う。   この元判事は「抱擁キット」なるものを考案した。 「抱擁一つにハートを一つ」 と書いた箱の中には、 簡単に貼り付けられ...

犯罪被害者の奮闘記〜人間再生プロジェクト〜 | 2019.04.12 Fri 11:37

「好き」を「お金」に変える心理学 第4章

JUGEMテーマ:本   『スキルを磨く再投資7つのルール』   『ルール1 物より経験を買う』 『まずは物を買うよりも、好きなこと、得意なことを伸ばし、磨いていくことのできる経験にお金を使っていきましょう。』   著者は承認欲求という他人から認められたい欲求、 成功を周りに示すために高級車や高級腕時計などにお金を使うことには、 気をつけなければならないと言います。 それらで認められて仕事が増えるのであれば、一考の余地はあると言います。   『知識やスキルなど...

犯罪被害者の奮闘記〜人間再生プロジェクト〜 | 2019.04.05 Fri 15:13

「好き」を「お金」に変える心理学 第3章

JUGEMテーマ:本 「お金を生み出す五つのチャンス」   一つ目「アピール&コミットメント」 「自分がやりたいことをできるようになるためには「私はこれが好きであり、得意です。」 「その得意なことを活かして、こんなことができます。」 ということを周囲に公言することが欠かせません。   出来ること、好きな事をアピールしておかないと、いざと言うときにチャンスが巡って来ないと言うのです。   「また、アピールするときには、自分がやろうとしていることを、ひと言で言えるよう...

犯罪被害者の奮闘記〜人間再生プロジェクト〜 | 2019.04.03 Wed 14:52

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 21 - 30 件表示 (3/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!