ストックイラストの紹介
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ストックイラストの紹介

このテーマに投稿された記事:164件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c88/10897/
ストックイラストの紹介
このテーマについて
レンタルイラストの紹介です。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「kawano183714」さんのブログ
その他のテーマ:「kawano183714」さんが作成したテーマ一覧(5件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

イラスト素材: インバウンド日本観光

日本観光がブームです。オリンピックもあり、インバウンド需要かな? JUGEMテーマ:ストックイラストの紹介

イラストレーション ライフ | 2018.06.19 Tue 11:28

迷路のストックイラストは楽しい・・

迷路の連載をパズル誌でやってたのでストックはだいぶ溜まったけど、 数えてみれば100も行かないので、仕事というより暇をみてはストックイラストに 預けるために描きろすようになった。 迷路の道筋ができるとほとんどイラストを配置するだけなので それほど難しい作業ではなく、配置するイラストだけで カット集としての、塊ができるのでそれをまた預ける。 クライアントによってはここに自社ビルやショップを配置したいとか 自社のキャラクターを置きたいとか色々要望があるようで 迷路の道筋だけでも...

イラストレーション ライフ | 2018.06.08 Fri 08:40

キャラクターコンペから仕事が・・

大阪にある版権管理会社のコンペに入賞してから その会社から、色々なお話が来ました。 初めてまともなライセンス契約です。   20代、30代の前半はキャラクターの仕事が決まっても、契約を交わすというか 普通のイラスト制作料みたいなことをやっていたので まともなライセンス契約にサインするのは初めてでした。 その辺から著作権の勉強をはじめた。   繊維会社のカットソーの布地のキャラクター契約が2件決まりました。 このロイヤリティーが毎月うろ覚えですが、2万ぐらいは続いたかと...

イラストレーション ライフ | 2018.04.05 Thu 08:48

キャラクターの事など_01

やはりキャラクターの仕事の事も少しは書かないと。   30代の夢はキャラクターのライセンスで大儲けでしたね。 お金、云々というより、キャラクターを考えることが好きで、(もちろんお金もほしいですが)   暇があれば鉛筆でラフを描きためていました。 好きなキャラクターがあればスクラップもしてたし、 キャラクターのバックストーリーを作るのも楽しかた。 忙しい普段の仕事の切れ目切れ目に描いていました。   やはり、好きだけでは物足りなく、商品化のことを常に考えていました。 &...

イラストレーション ライフ | 2018.04.04 Wed 07:38

ある友人とのユニット活動やクリエーターの集まり

50代のことを書き始めようとしましたら、まだ30代前半にやっていた事を書き忘れていました。   キャラクターの開発に力を入れてた時期でもありますが、キャラクターの事は色々ありますので 別の機会に書きます。   仕事ではないのですが、30代の前半に友人にコピーライターとプランニング、イラストと マルチにフリーで活動していた友人が居まして、その友人と「IF(いふ)」というユニットを作り 2人であらゆるコネやお互いのクライアント、求人広告、アポありの飛び込み営業など 彼がプランニ...

イラストレーション ライフ | 2018.04.03 Tue 08:07

児童出版の仕事が・・かなり・

絵本の講座や仲間と勉強会活動(飲み会?)をしている時期に 新宿でばったりと昔の友人に会い、色々話す。 友人は童画の仕事で活躍していた。   友人は日本児童出版美術家連盟に所属していて、私にも加盟を進めてくれた。 絵本を作っている事や絵本の仕事と同時にキャラクター開発の仕事もやっていましたので 著作権の勉強を始めていた時期でしたので、 作家の権利を守る団体ということや、絵本業界の情報収集(ネットのない時代でした)や 同じフリーランスの仲間を広げたいという目的で、すぐに加盟した...

イラストレーション ライフ | 2018.04.02 Mon 07:01

絵本を真面目に描いていた頃・・

カルチャーセンターの絵本講座に通ってたのは 前日の記事で3年通ったと書いたが、講座仲間と勉強会やらグループ展 同人誌発行など5年はやっていたような記憶がある。   40代でまだ気力体力もあったので、 よく活動してたなと思う。 当時の仲間はみなさん、イラスト関係ではなく普通の職業の方々でした。 いまだにお付き合いのある方々は、それぞれ児童出版社で絵本を出版している。   私も出版までこぎつけたが、結局文章作家がいてそれにイラストをつけた いわゆる共著でした5冊ぐらい出した...

イラストレーション ライフ | 2018.04.01 Sun 07:35

時間を手にいれた時期

日本経済のバブルが終わり、一気に広告の需要が減った。   企業が一番、最初に予算縮小する部分は人件費、広告費でしょう。 その波がもろに仕事にきた。   2社のエージェトがくる仕事は激減した。毎週のようにあった仕事が ほとんど来なくなる。   私は広告のイラストの理不尽な修正やらクライアントの趣味趣向によって 振り回される仕事に嫌気がさしていたので 仕事が減っても内心、なんだか仕事が来なくなったのを喜んでいた。   生活も今までの蓄積があったので当分は食べてい...

イラストレーション ライフ | 2018.03.31 Sat 08:01

甘い生活は長くは続かなかったけど・・

2社のイラストエージェントのただひたすらくる仕事をこなしているだけで 自己営業もせずに、楽に生活はできた。 時間はほとんどなかったけど、若かったし、それほど辛いとも思わなかったが やはり年に2回ぐらいは切れそうにになるぐらいのストレス仕事はきてたな〜  そのうち友人感覚でエージェントの担当の人打ち合わせもするように なると制作料金の不満やにわがまま言ったり 直接クライアントに言うのではないので気楽に文句や愚痴を言っていた。 こ...

イラストレーション ライフ | 2018.03.30 Fri 09:03

イラストエージェント?・・

自ら電話してアポをとり、売り込みにいくと、意外とすぐに仕事が舞い込んだ。   人間、結果が出るとうれしいもので、またどこかにと電話する。 するとまた仕事が舞い込む・・・やはりよき時代だったのでしょうね。   しばらく舞い込んできた仕事をこなしていると売り込みも時間的にできなく 売り込みは行かなくなった。   電話帳がからアポをとり、ということも何か非効率的な気もして 新聞求人広告を毎日目を皿のようにして見てた。 朝日新聞の求人欄はデザインや出版関係の求人が多かった...

イラストレーション ライフ | 2018.03.28 Wed 12:06

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全164件中 1 - 10 件表示 (1/17 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!