>
建学の精神
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

建学の精神

このテーマに投稿された記事:76件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c132/23142/
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8 >

2018.7月 聖句によせて 「主よ。・・・わたしたちにも祈りを教えてください。」

JUGEMテーマ:建学の精神 ◆聖句によせて 「主よ。・・・わたしたちにも祈りを教えてください。」                         ルカによる福音書11章1節   What a wonderful world!から   I hear baby's crying and I watched them grow 赤ん坊たちが元気に泣いている 彼らが成長するのを見守るんだ   They'll learn much more than I'll ever know  彼らは 私よりもずっと多くのことを学ぶだろう   And I think to myself そして 心の...

Hosana Kindergarten's Weblog | 2018.07.05 Thu 17:01

◆6月聖句によせて「空の鳥をよく見なさい。・・・あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。」マタイによる福音書6章26節

◆6月聖句によせて  「空の鳥をよく見なさい。・・・あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。」                                   マタイによる福音書6章26節  すべての存在は神によって創造された。    信仰の言説と科学的言説は区別されます。    科学は、現に存在している現実を事実として表記するだけです。    信仰の言説は、それはどこまでも「信仰告白」です。  この信仰告白を、わたしたちは意識するにせよ、無意識にせよ、この...

Hosana Kindergarten's Weblog | 2018.06.04 Mon 01:48

2018年5月聖句によせて わたしは良い羊飼いです。ヨハネによる福音書10章11節

JUGEMテーマ:建学の精神 2018年5月聖句によせて    「わたしは良い羊飼いです。」                                       ヨハネによる福音書10章11節  主イエス・キリストは、「わたしは良い羊飼いです。」と、ご自身を喩えられました。そしてわたしたちを「羊」だとも言われました。良い羊飼いは、羊のために命を棄てると言われました。羊の命を守るためです。  神の独り子なる神だからこそ、わたしたちのために命を棄てることができました。棄てること...

Hosana Kindergarten's Weblog | 2018.04.28 Sat 10:30

2018年主題聖句 4月の聖句によせて

2018年主題聖句 「神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、わたしたちも互いに愛し合うべきです。」                               ヨハネの手紙? 14章11節     4月主題聖句「子どもたちをわたしのところに来させなさい。」・・・そして、子どもたちを抱き上げ、手を置いて祝福された。                               マルコによる福音書10章14節〜16節       人間同士が互いに愛し合うというこ...

Hosana Kindergarten's Weblog | 2018.04.02 Mon 00:39

2018年3月 三月の聖句によせて 「せんかたつくれども、希望(のぞみ)を失わず」(コリント後書4章8節(文語訳)

  「せんかたつくれども、希望(のぞみ)を失わず」                 (コリント後書4章8節(文語訳)  このパウロの言葉は、わたしの祖父清水安三が終生愛した言葉です。  意味を知るために、わかりやすい現代の言葉、新共同訳と口語訳で紹介します。    新共同訳と口語訳 コリントの信徒への手紙二 4章 8節〜9節 (新共同訳) わたしたちは、四方から苦しめられても行き詰まらず、途方に暮れても失望せず、 虐げられても見捨てられず、打ち倒されても...

Hosana Kindergarten's Weblog | 2018.02.26 Mon 16:59

2018年2月 聖句によせて

 人格の成熟ということが、人にはあります。   人は単に学習する動物ではなく、悔い改め、やり直し、工夫し、学び、熟考し、踏みだし、前進してゆきます。    この成熟の過程が人生です。    この成熟には、独力でできることだけでなく、どうしても「隣人との交わり」というものが、触媒のように必要です。    成熟は、発酵です。    人格は、よき酵母によって、適切な「環境との交わり」によって熟成するのです。    幼児にとって、大人は成熟した人格者と...

Hosana Kindergarten's Weblog | 2018.01.30 Tue 12:11

12月の聖句によせて 「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心にかなう人にあれ。」    

◆聖句によせて <クリスマス・メッセージ>  「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心にかなう人にあれ。」 ルカ2章14節     最近、『ALWAYS 三丁目の夕日』を続編と共に、観ました。二度目でした。    一作目のなかで、芥川賞を目指す貧乏文士龍之介おじちゃんが、ひょんな事で同居するようになった10歳の淳之介少年のために、サンタのプレゼントを演出するというシーンがあります。      この淳之介少年は、時代設定として、ちょうど私自身と重なるので、この映画の...

Hosana Kindergarten's Weblog | 2017.11.27 Mon 23:05

ホザナだより11月

「ふたり、三人がわたしの名によって、集まるところには、わたしもその中にいる。」       マタイによる福音書18章20節    「人間」という日本語は、関係存在を表示している言葉ですが、そもそも「ヒト」という存在は、単独では生存しておらず、その誕生から、終焉まで、関係存在なのであるという厳粛な事実を、またその存在の本質を表出していると言えましょう。        幼児教育の主要な目的は、「ヒト」が関係存在として生きるということのために、いま与えられた諸条件のなかで、最...

Hosana Kindergarten's Weblog | 2017.10.31 Tue 17:16

2017年10月聖句によせて  「アブラムは、主の言葉にしたがって旅立った。」  創世記12章4節

◆聖句によせて  「アブラムは、主の言葉にしたがって旅立った。」  創世記12章4節    初代文部大臣森有礼の孫に森有正という人がいました。   お父さまは森明といい、キリスト教の牧師でした。   有正氏は生後間もなく幼児洗礼を受け、6歳の頃からフランス語やラテン語を学び、終生フランス語で思索することができた希有な方でした。      東京大学の職を辞しフランスに永く暮らされ、ヨーロッパの基督教の息吹をパリから美しくも鮮烈な文章で送り続け、多くの人を魅了...

Hosana Kindergarten's Weblog | 2017.10.02 Mon 00:45

2017年9月 ◆聖句によせて   「求めなさい。そうすれば、与えらる。」  マタイ7章7節

JUGEMテーマ:建学の精神  ◆聖句によせて   「求めなさい。そうすれば、与えられる。」  マタイ7章7節    求めるということは、惹かれるということがあるので、求めるのでしょう。 好きな人に会いたい、という場合には、好きなその人に惹かれる(魅せられる、惹きつけられる、思いを寄せる・・・) ので、その人と一緒にいることを求めるのでしょう。  一緒にいたいという願いは、そう願うこと自体が喜びですし、その願いを成就することは、好きな人から好かれる自分自身でありたい...

Hosana Kindergarten's Weblog | 2017.08.25 Fri 19:35

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8 >

全76件中 1 - 10 件表示 (1/8 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!