[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] 文房具・ステーショナリーのブログ記事をまとめ読み! 全3,839件の5ページ目 | JUGEMブログ

文房具・ステーショナリー
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

文房具・ステーショナリー

このテーマに投稿された記事:3839件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c145/2820/
文房具・ステーショナリー
このテーマについて
文房具全般について…
コレクション・デザイン文具・イロモノ文具・こんなの買いました等々。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「horomo」さんのブログ
その他のテーマ:「horomo」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

伝統的シャープペンシルの魅力・後編 システム化【クロス/クラシックセンチュリー】

前回に引き続き、今回は後編としてクロス/クラッシックセンチュリーをレポートしていきます。 筆記具の歴史として古いクロス。その中でも創業100周年を記念して誕生したクラシックセンチュリーは代表的なモデルといえます。発表後約60年ほど経ちますがほとんど姿が変わっていません。     (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});   歴史の長いクラシックセンチュリーは、今でも様々な種類がラインナップされています。一番スタンダードなクロームにはじまり、10金張...

ホシイモノガ=アリス・ギル | 2021.03.23 Tue 10:57

伝統的シャープペンシルの魅力・前編 【ファーバーカステル/ギロシェ】

今回は久しぶりに筆記具のレポートです。 最近、芯が折れないシャープペンシル「オレンズネロ」がぺんてるより発売され、空前のヒットとなっていますね。日本の筆記具というのは高性能で、常に新しいものが企画されています。対照的に、海外の筆記具は形を変えない伝統的なものが多いように思います。もちろん、海外メーカーも新商品は出してはいますが、値段の割に日本のものほど高性能な印象はありません。しかし、デザインや素材へのこだわりは海外メーカーに軍配が挙がると感じています。   今回レポートす...

ホシイモノガ=アリス・ギル | 2021.03.23 Tue 10:55

日本製万年筆への誘い 【セーラー/プロフィット】

今回は日本製の万年筆について書いていこうと思います。 仕事でも万年筆を使うことがあるのですが、200文字程度のコメントや署名を書く際、一番書きやすく出番が多い万年筆がセーラー万年筆のプロフィットです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 万年筆を使い始めてからはもっぱら欧州メーカーの万年筆ばかりを買っていたわけですが、ある日ふと、日本製の万年筆が欲しいと感じることがありました。 それはになにかというと、ペン先の太さです。欧州...

ホシイモノガ=アリス・ギル | 2021.03.23 Tue 10:42

【KUM編】鉛筆使い必携!ドイツ製ポケットシャープナー比較

こんにちは。前回に続きドイツ製ポケットシャープナーを見ていきたいと思います。 今回はKUMです。 【KUM/ロングポイント・ウェッジツイン】 KUMは1919年にドイツで設立されました。精度の高い金属&プラスチックの加工技術でシャープナー等を生産しているメーカーです。今回レポートするのは、現在主流のプラスチック製シャープナーではなく、少しレトロなマグネシウム製のシャープナー2品です。私はどうしてもこのKUMのロングポイントが欲しくて仕方なく、探し回ったあげくやっと手...

ホシイモノガ=アリス・ギル | 2021.03.23 Tue 10:40

【DUX編】鉛筆使い必携!ドイツ製ポケットシャープナー比較

突然ですが、鉛筆を削るのが好きです。 万年筆やボールペンやシャープペンも素敵ですが、我々の筆記の原点である鉛筆。使った分だけ鉛筆そのものが減っていく、そのなんとも儚い筆記用具を陰で支えているのが鉛筆削り器です。しかしハンドルを回してゴリゴリ削る、あの大きな鉛筆削りを持ち歩くわけにはいきません。切れ味がよくて携帯できるものが必要です。 今回は、そんな便利かつ最高に満足度の高いポケットシャープナーについて書いていきたいと思います。     ふつう、ポケットシャープナーは...

ホシイモノガ=アリス・ギル | 2021.03.23 Tue 10:38

バイク乗りも注目!ジュラルミン製高級ボールペン MechaSEA レビュー

こんにちは。 今回、完全に一目惚れと好奇心から禁断の高級ボールペンを手に入れてしまいましたのでレポートします。荒木エフマシン製のジュラルミン削り出しボールペン「MechaSEA」(メカシー)は、今までのボールペンにはないギミックが盛りだくさん。傍らにあるとついつい触ってしまうボールペンです。     なぜバイク乗りも注目!なのかというと、メーカーの荒木エフマシン株式会社はバイクや自動車のアフターパーツを製造されている会社。その高度な金属加工技術を駆使して作られたのがMechaSEAとい...

ホシイモノガ=アリス・ギル | 2021.03.23 Tue 10:35

ペンケースに拘る 土屋鞄のトーンオイルヌメ ロールペンケース

万年筆、使ってますか? 今回は筆記具を入れるペンケースをレポートしていきます。土屋鞄のトーンオイルヌメロールペンケースです。     皆さんはどんなペンケースをお使いですか?今回レポートする土屋鞄のトーンオイルヌメロールペンケースは、一枚革でくるくる巻いて紐でとめるタイプのペンケースです。ペンの収納本数こそ少ないものの、必要最低限のレギュラーペンだけを選んで入れる、中に入れるペンへの愛情が一層深まるペンケースなのです。   そしてペンケースといえばナイロンでもプ...

ホシイモノガ=アリス・ギル | 2021.03.23 Tue 10:31

リフィルアダプターを試す(カランダッシュ849)

こんにちは。 今回は文房具ファンのなかでは噂のリフィルアダプターをレポートします。ボールペン リフィルアダプター CD-01はUNUS PRODUCT SERVICEから発売されているアダプター。日本で一番メジャーである4C芯を海外メーカー軸で利用できる夢のような商品です。     アダプターの先に4C芯を挿し込んで使います。海外の各メーカー純正のリフィルは安くて700〜800円程、メーカーによっては1000円以上するものもあり、インクの容量は多いものの消耗品としては少しお高めです。また、一般的な文房具店に置いてい...

ホシイモノガ=アリス・ギル | 2021.03.23 Tue 10:25

経年変化を楽しむペンシルエクステンダー

文房具のレポートです。 今回はドイツ製の筆記具、e+mペンシルエクステンダーです。   木軸とクロームの共演。ペンシルエクステンダーとは鉛筆補助軸のことで、短くなった鉛筆を差し込むことで長さを調節し、筆記しやすくするための文房具です。一般的なオール金属の補助軸と違い、木軸と金属のバランスが美しく木軸部分がくびれた、特徴的な デザインとなっています。   補助軸にはミドルサイズの真っ黒な鉛筆が二本付属しているので、鉛筆が短くなるのを待たずとも買ってからすぐに補助軸として...

ホシイモノガ=アリス・ギル | 2021.03.23 Tue 10:19

続・日本製万年筆への誘い 【パイロット/カスタム74】

以前、セーラー/プロフィットを紹介しました。やはり日本製万年筆の完成度は高い!と改めて感心したわけですが、今回、プロフィットと並び高く評価されているパイロットのカスタム74を入手しましたので、プロフィットとの比較や書き味をレポートします。   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});   ◆目次◆ ▶外観   ▶その他万年筆との比較   ▶ペン先   ▶コンバーター/CON‐70   ▶イン...

ホシイモノガ=アリス・ギル | 2021.03.23 Tue 09:55

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 41 - 50 件表示 (5/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!