>
犬の健康管理
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

犬の健康管理

このテーマに投稿された記事:830件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c153/1753/
犬の健康管理
このテーマについて
犬の健康管理に関することを投稿して情報交換しましょう。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「hahaha」さんのブログ
その他のテーマ:「hahaha」さんが作成したテーマ一覧(4件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

キャンベル動物病院の加藤拓也先生「ぽよんたむ」のYoutubeチャンネル

JUGEMテーマ:犬の健康管理   今日は獣医系Youtuberの中で、私が推す方を一人挙げます。 飼い主の悩みに寄り添ってくれる話題提供をしていながらも、登録者や再生数が控えめで勿体ないのでは。   ぽよんたむ」ことキャンベル動物病院の加藤拓也先生のチャンネルを紹介します。 最近はコロナ禍対策としてオンライン診療にも挑戦なさっています。   ぽよんたむチャンネル https://www.youtube.com/channel/UC1wPepKAtXEicBF3haIiw1w 消毒薬を見直そう アルコールの選び方/使い方【キャ...

ムクさんのお部屋 | 2021.01.22 Fri 11:21

慢性腎不全用のサプリ(活性炭編)

JUGEMテーマ:犬の健康管理   昨年11月に亡くなった慢性腎不全のチャッピーを何とか長生きさせようと頑張っていた期間に、いろいろなサプリを試しました。健康と思っている高齢犬でも加齢とともに腎臓の機能は落ちます。また、獣医によっては正常な加齢現象として腎臓の機能の低下について、症状がでるほどに重くなる前にはアナウンスしてこない人もいると思いますし、人間の医療現場と獣医で扱う医薬の範囲が違うので、飼い主側が先回りして気を遣う”サプリ”で対応すべき領域ともいえます。   そ...

ムクさんのお部屋 | 2021.01.18 Mon 09:55

チャピさんとの思い出?:余命宣告で諦めないで!

チャッピー(通称ちゃぴさん)との想い出が尽きることがない。 慢性腎不全というの進行は加齢とともに徐々に進むはずですが、 腎臓の機能が失われるにつれて、症状は段階的に現れます。 あるとき腰をくの字に曲げて辛そうに歩くようになりました。 見た目から感染性の脊椎炎の再発かと思って、 残っている抗菌薬をあげてしまいました。 そして病院に行ける時間が確保できたので、連れて行きました。   病気の見立ては正しくなかったのです。 生兵法はよくないですね。当たれば良いのですが・・・。 X線の写真で...

ムクさんのお部屋 | 2020.12.23 Wed 13:46

慢性腎不全対策の一歩:リン吸着剤の第一選択は?

JUGEMテーマ:犬の健康管理   リン吸着剤の第一選択薬として炭酸カルシウムを使うことを私は前提にしてよいと思います。 理由は長期に渡って使うことになりますので、安価なものから試して続けるのが費用的に良いという点です。   この第一選択薬で目標リン濃度に達しない場合には、お財布と病態との相談で他の薬剤も加えていきます。 さらに鉄系の薬剤、ランタン系の薬剤、高分子系薬剤を組み合わせていくことになると思います。 (これらは人間用の薬を転用したり、個人輸入をしたりと結構高いです・...

ムクさんのお部屋 | 2020.12.23 Wed 00:19

慢性腎不全犬と付き合う:リンの摂食制限

JUGEMテーマ:犬の健康管理     犬の慢性腎不全でまず大事なのはリンの摂取制限と言われています。 これについてはエビデンスが豊富ですね。獣医から指摘を受けた時には真っ先に検討しましょう。   1番に思いつくのが、腎臓ケアの療法食を買うことです。 リンの含有量が少ないので、リンの摂取制限には一番の効果があります。 しかし、腎不全とは言えども進行度によって栄養要求が違うので、 どのタイミングで腎臓ケア食にするのが良いのかどうか議論が分かれるところかと思います。 ...

ムクさんのお部屋 | 2020.12.22 Tue 01:11

慢性腎不全用のサプリ(炭酸カルシウム+キトサン="イパキチン")

JUGEMテーマ:犬の健康管理 慢性腎不全のワンちゃんを長生きさせるために必要なことの第一は、 何と言っても「高リン血症の対策」です。 人間の場合は処方薬としてリン吸着剤を医者が出すのですが、 獣医領域の場合は、獣医が処方する薬の枠には入っていませんので、 獣医さんによってはそういう薬があるよと案内してくれないかもしれません。 飼い主がサプリメントとして売られているものを与える必要があります。 私が初期の内に与えていたのは「イパキチン」というサプリです。 キトサンが主成分...

ムクさんのお部屋 | 2020.12.20 Sun 14:35

2020年11月24日チャッピーが天国へ旅立ちました

11月24日の未明、チャッピーが天国へ旅立ちました。もうちょっとで17歳ってところなのに・・・。思えば慢性腎不全の進行で4月にがくっと体調が狂い、余命数日と宣告されながら、強制給餌をダメ元でやって立ち上がれるようにしたのですが、それ以降は驚異の体力を発揮し、半年余は頑張ってくれました。その日のその夜まで歩行していましたし、散歩もしました。その日はここのところ体重が減り続けことの対策に2つの缶詰を試したら、アルミ容器ごと喰らいついてきて、アルミを食べないようにさせるのに大変だったくらい本気をだしていた...

ムクさんのお部屋 | 2020.12.20 Sun 13:11

ドクターデンタルワンは乳酸菌といった成分なので安全性は抜群

本日のテーマは「気になるのは、デロンギのオイルヒーター」… でもちょっとその前に、ドクターデンタルワンの情報からお伝えします。 獣医師とドッグトレーナーが共同開発したものだそうで、だからこそ犬の嫌がるようなことをされることはありません。 ワンちゃんが好みやすい味を研究して作られているので、歯磨き嫌いでも犬種を選ばず思わず舐めてしまうんだそうです。 配合されているのは緑茶やなた豆、シソ、乳酸菌といった成分。 人間向け口臭サプリなどでも採用されていますし、いずれも普通に食事として取り入れる...

整理収納アドバイザーになって実践テクを身につけた菜々美のブログ | 2020.10.09 Fri 18:44

垂水区で避妊手術、去勢手術をお考えの方へ?特色【垂水オアシス動物病院】

  ?垂水オアシス動物病院の避妊・去勢手術について   犬や猫をがお家に来てしばらくした6か月齢頃になると、そろそろ避妊手術や去勢手術を受ける時期になってきます。 そろそろ手術を受けないといけないという動物を飼育されている飼い主さんに向けて、 避妊手術、去勢手術について説明をしたいと思います。   インターネット上には、 動物医療に詳しくない方が書かれている情報や、 誤解を招くような誤った情報が氾濫しているため、 避妊・去勢手術について垂水オアシス動物病院が公...

オアシス便り | 垂水オアシス動物病院 | 2020.09.07 Mon 13:47

垂水区で避妊手術、去勢手術をお考えの方へ?費用編【垂水オアシス動物病院】

?垂水オアシス動物病院の避妊・去勢手術について   前の記事はこちら⇒?犬猫の避妊手術、去勢手術について(当院の特色編)   費用について ご存知のように、動物医療は公的な健康保険がなく、病院ごとに異なった料金体系をとる自由診療となっております。   当院の料金体系は日本獣医師会が行っている家庭飼育動物の料金実態調査の結果の平均を参考に作成しておりますが、 、全額自費診療ということもありますし、診察内容によっては高く感じてしまう事もあるのではと思います。 &...

オアシス便り | 垂水オアシス動物病院 | 2020.09.07 Mon 13:47

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全830件中 1 - 10 件表示 (1/83 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!