• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

コラム

このテーマに投稿された記事:5462件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c2/534/
コラム
このテーマについて
コラムに関するjugemテーマです。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「kazk1223」さんのブログ
その他のテーマ:「kazk1223」さんが作成したテーマ一覧(17件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

機能豊富な「代車」

現在、車検中で慣れない代車に乗車しなければ・・・ 2年前の車検時もそうでしたが、新しい便利な機能がついた車が貸し出されます。 だ〜いぶ昔は、乗りにくい古い車が代車として出されたこともありましたが、今は発売から2年以内の車を貸し出す事になっているとか。 うちの車はもう9年前のものなので、日々進化する現代の車とは雲泥の差。 現代の車〜まず、うるさい。警告音がよく鳴る。サイドミラーに出る警告のマークも目障り。スピードメーターはデジタルで見づらい。透明の小さなボードに表示されるのも目障り。...

楽ん楽ん・シニアライフ | 2020.08.20 Thu 21:42

オイル

子供の頃、   ヘチマから「ヘチマ水」を採って化粧水にしたのよ   そう母や祖母から聞かされました。 物珍しさを感じたものの、 有名化粧品メーカーの高価な化粧品に憧れました。   良い香りのする高級な化粧品を使えば、 ヘチマ水を使うよりもキレイになれるはず   そんな風に思ったのです。 私も若かったからね。   40歳になった頃、 口紅が使えなくなりました。 長く使っていたメーカーの製品なのに ある日突然、という感じで 唇がパリパリ...

Atelier Hedgehog | 2020.08.19 Wed 12:08

8月15日

8月15日。日本における戦争の歴史に終止符が打たれた日。その日から75年です。   早乙女勝元氏(作家)がテレビに出演されました。昨日14日のこと。 1970年に「東京空襲を記録する会」を起こし、東京大空襲(3月10日)をはじめ戦争による民間人の被害の実相を明らかにし、伝えていくこと。そして戦争の惨禍を二度と繰り返すことなく、平和な世界を築くために活動されてきました。2002年から「東京大空襲・戦災資料センター」の館長を2019年まで務められ、現在は名誉館長となっています。御年88歳、凜とした元気なお姿...

楽ん楽ん・シニアライフ | 2020.08.15 Sat 15:43

75年

75年前の今日を体験した人々は、 当然ながら少なくなりつつあります。   私は「もはや戦後ではない」と白書に書かれた 高度成長期の真っ只中で育ったけれど、 それでも東京のあちらこちらで 戦後の香りが漂っていたことを覚えています。   父方の祖父は、 空襲の時に二階の窓辺でB29を眺めていて その後こっぴどく叱られたそうです。   母方の祖父は、 太平洋戦争が始まる前に病没したので 彼自身は戦争中の苦労を知りません。   父は函館の水産学校で終...

Atelier Hedgehog | 2020.08.15 Sat 13:33

敗戦の日

 個人的に「何だかキナ臭い」と思い始めてから久しい。75年前に悲惨な戦争が終わってから今日まで、この国は辛うじて「戦争」と言う人類最大の罪深い所業に加担する事なく、これも辛うじて平和を今日まで継続してきている。この事実はどう言ってもリアルな現状であって、戦争放棄と世界恒久平和を宣言する現憲法下の社会である故である事は揺るがないのではないだろうか。  近年、この憲法の下にあるはずの政治家達が、この憲法をねじ曲げ、あと付けの意訳を捏造し、あたかも時代遅れの憲法のように言う事が多くなった。少なくと...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.08.15 Sat 11:05

おめでとう! 遼くん

囲碁のこと・・・一力遼くんは、仙台市出身の23歳。   「囲碁夏の陣」と呼ばれる第45期碁聖戦(新聞囲碁連盟主催)5番勝負の第3局が本日行われ、3連勝で初の碁聖を奪取しました。一力新碁聖の七大タイトル獲得は初めてのこと。親しげに遼くんと呼ばせていただくのは、かつてお仕事でお世話になった方の息子さんだから。ご本人にお目にかかったことはありませんが、10代のころから気になる存在の青年です。5歳のころから囲碁を始め、2010年にプロデビュー(13歳)。2014年若手の国際棋戦、第1回グロービス杯世界囲碁...

楽ん楽ん・シニアライフ | 2020.08.14 Fri 21:35

「百億の星と千億の生命」

私の世界の大半は、 本から得た何かで作られているような気がします。   今日は 「百億の星と千億の生命」 カール・セーガン著 新潮文庫 平成20年8月1日発行   数年前、何かの集まりで宇宙の話になり カール・セーガンの名前を出したら その場の誰一人知らなかった・・・ というショッキングな体験をしました。   1970年代に打ち上げられた宇宙探査機 パイオニア10号と11号に取り付けられた 人類からのメッセージを記した金属板。 カール・セーガンは、このプロ...

Atelier Hedgehog | 2020.08.14 Fri 16:44

梅雨が明けたと思ったら、 やっぱり猛暑がやって来ました。   7月は殆ど雨降りだったので、 気になりつつも植物の世話をしなかった。   大量収穫を目論んでいた坊ちゃんカボチャは、 いつの間にか完全消滅していました。 ひょろひょろだったゴーヤは 梅雨明けと同時にやる気を出して、 二階のベランダまで手を伸ばしています。   伸びすぎたハーブの枝を剪定したり 草を刈って風通しを良くしたり 鉢植えの植物を植え替えたり。   でも、こんなに暑くてはね...

Atelier Hedgehog | 2020.08.12 Wed 09:44

「焼き場に立つ少年」

今日は長崎原爆の日・・・   もう10年以上前のこと、仙台国際センター1階の展示室で「ジョー・オダネル原爆写真展 ”グラウンド・ゼロ”」が開催されました。主催団体名までは覚えていませんが、配布資料の一部を今でも持っています。以下がメッセージです。   ”「トランクの中の日本」 ジョー・オダネル   私は写真家であり、1945年の悲惨な原爆の犠牲者であり、また生き証人でもあります。原爆の体験をして以来何年もずっと、広島と長崎で起きた悪夢のような光景の大部分を忘れようと...

楽ん楽ん・シニアライフ | 2020.08.09 Sun 23:43

原爆の日

 今日は長崎に原爆が投下された原爆の日。このコラムを書きはじめてすでに10年以上が経過したが、私は毎年、この日は30年以上前に仕事で訪れた長崎でお会いしたひとりの老婆の事を書いている。拙い経験だが、戦後生まれの私が、二次的に戦争・原爆というものに直接触れた唯一の体験だからである。その方は長崎で若くして被爆された、お顔の半分くらいに大きな火傷のケロイドがある老婆だった。お仕事の打ち合わせでお邪魔したお宅の奥様だが、上司のお供である若い私たちにも気遣いをされて、飲み食いを進め、長崎言葉で遠慮するなと...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.08.09 Sun 22:44

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 31 - 40 件表示 (4/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!