[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] エッセイのブログ記事をまとめ読み! 全903件の2ページ目 | JUGEMブログ

  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

エッセイ

このテーマに投稿された記事:903件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c2/7883/
エッセイ
このテーマについて
思うがままに、話したいことを話していきたいと思います。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「kokouchi」さんのブログ
その他のテーマ:「kokouchi」さんが作成したテーマ一覧(19件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

大好きな枝垂れ桜

先週の中ごろ、信号を待ちながら街を眺めていた。 大きな通りを隔てた向こうの桜並木がぼんやりと光っていた。 午後の陽射しを受けた街路樹が霞がかって光っていた。 そろそろ蕾が膨らみはじめたのかなと思った。   昨日の午後 、街路樹の桜が開きはじめていた。 3分咲きというところ。 暖かな日が続けば、あっという間なんだろうなと思って、 あ!と思い出した。   ビル街の一角、四季の花が咲く小さな庭に立つ枝垂れ桜。 根本の水に映る花がゆらゆらと揺れる。 この辺りの桜が咲きは...

ぱんせどフランセ | 2021.03.25 Thu 14:29

空と花に誘われて

日曜日の遅い朝、人気の無い街。   いつもどおり、地下街への階段に向かう足が止まった。   通りの先に白くけむる街路樹があった。   土曜日の雨で洗われた空の下、ビルは閑かに佇んでいて   樹々の花があたりの空気を染めていた。   時間を刻む予定もない一日だ、   信号を待ちながらの上の道を歩くことにした。   空と花に誘われて道を選ぶ、早春の休日。   とてもとても日曜日だった。     JUGEMテーマ:花 散...

ぱんせどフランセ | 2021.03.15 Mon 13:37

ななとこまいり その3

隣の隣町のお地蔵さまを巡る「ななとこまいり」。 2月下旬の天気のよい休日に3体のお地蔵さまをたずねて、 ぶじ、7体のお参りを終えたのだった。   ◎源正地蔵さま ◎玉河塩屋地蔵さま ◎堤地蔵さま     3回目ともなると、方向音痴なりに勘が働くようになり、 うっかり通り過ぎてしまいそうな細い細い路地も見落とさず。 地図とは様子が変わっている場所にも動じず。 ちょっと調子に乗っちゃって、 ずんずん歩いて、もはやお地蔵さまと関係のない探検になっていたり。 ...

ぱんせどフランセ | 2021.03.04 Thu 23:02

え、かっこいい人?

なんで、あの人のことを思い出したんだろう、こんな唐突に。 そういうことってある。 もう何年もお会いしていないし、 思い出したり懐かしんだりすることもないのに。 今朝も、そうだった。 部屋を整えていたときに、不意にその方のことが頭をよぎった。 その方への考えが、まったく変わった瞬間の光景と一緒に、 突然、頭の中に浮かんできたのだ。   以前、勤めていたホテルグループの総支配人のお一人。 初対面のときの印象を思い出せない。 その後、仕事をご一緒した際の印象は、 気取ら...

ぱんせどフランセ | 2021.01.28 Thu 20:49

歩く力、生きる力。

足腰の弱りは一気に老化を進める。 高齢化について頻繁に耳にしてきたことだ。   もう十数年以上も昔のこと。 90歳を過ぎた殿方がおられた。 若い頃、文士として名を知られ、 当時の、アナーキストや無頼を地でいく暮らしぶりについて 沈黙のご本人をよそに、周りの人たちから聞かされたものだ。 90歳を過ぎたその頃もオシャレで、 食事にはワインを欠かさず、 会食のテーブルに麗しき女性がいれば いつもより目が力強く輝く方であった。   その殿方が転倒して腰から足にかけて骨折...

ぱんせどフランセ | 2020.12.03 Thu 15:35

理解できぬまま生きていくもの…

理解するというのはほんとうに難しい。 自分の知識や経験、そして想像力を超えての理解はできない。 年月を経て視点が増え、視野が広がり、視座が変化して、 同じひとつ事柄についての理解は変わる。 ああ、そうだったのか、そういうことだったのかと、 あらためて分かることがある。 それについて何も考えていないような 何年も前のできごとについて、 不意に、ああ、そうだったのかと気づくのだ。   今朝も、そうだった。 1日に1フレーズ、マザーテレサの言葉を記した本を読んでいて、 ...

ぱんせどフランセ | 2020.11.27 Fri 13:36

停滞の賜物

停滞するというのも悪いばかりではない。 立ち止ることを強いられて生まれた時間、 人はちょっと足跡を振り返ったりする。 そこで、たとえばネジの弛みに気づいたり、 詰め込みすぎた荷物が互いを崩し合ったりしているのを見つけたりする。 日々、進むことばかりに気をとられて見過ごしている 無理や歪みを正す機会だと、 そんな風に説く文章を何度も読んだし、 自分で自分に言い聞かせたことも1度や2度…どころか 10度や20度できかない。 しかしながら、つい忘れる。 忘れて、トラブルで停滞...

ぱんせどフランセ | 2020.11.05 Thu 13:15

「安心して生んで老いていける町」

「安心して生んで老いていける町」。   仕事をしていく上での、今の自分にとっての 大きなテーマ、Great thema。 それまで漠然と自分のなかにあった思いが、 この言葉としてはっきりと自分のなかに像を結んだのは 昨年の6月ごろでした。   「ブランディング×福祉」というテーマについて考え、 このblogに連載していた「ルポルタージュ 日々を織る」で 福祉の現場で生きる人たちの声を聞き、 自分自身の親の高齢化を見つめるなかで芽生えた思い。 この「安心して生んで老いてい...

ぱんせどフランセ | 2020.11.01 Sun 17:49

お弁当と3色唐揚げ。

  JUGEMテーマ:エッセイ JUGEMテーマ:つぶやき。   お弁当、お弁当、うれしいな。   最近は、食堂を使わずに、お弁当持参。 これが、なんだか、すごく楽しい。 自分で作って、こんなに嬉しいんだから、 誰かが、作ってくれたら、わたしのためにわざわざ作ってくれたら、 さぞや、嬉しいんだろうな。美味しいんだろうな。   お弁当も、もちろん、そうだけど、 毎日のご飯だって、そう。     わたしの分と、花ちゃんの分と、2人前。 ...

シェルティ.ライトとしのぶさん家 | 2020.08.26 Wed 21:25

新しい優秀。

JUGEMテーマ:つぶやき。 JUGEMテーマ:エッセイ     昔、わたしがまだ、学生の頃。   「この時の、主人公の気持ちを○○字以内で書きなさい。」 とか、よくあったよね。高校の現国の試験。   調子にのって、マスを完全無視して、思うところをガンガン書いたことがある。 余白まで埋めるくらいの勢いで。 もちろん、試験的には、×。でも、先生が褒めてくれた。   英語の長文読解の問題。「次の文章を要約しなさい。」 よくわからなかったから、知って...

シェルティ.ライトとしのぶさん家 | 2020.08.20 Thu 23:00

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全903件中 11 - 20 件表示 (2/91 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!