>
臓器移植
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

臓器移植

このテーマに投稿された記事:56件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c212/15268/
臓器移植
このテーマについて
臓器移植した経験や、臓器移植に対する想いなど。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「you-nosuke」さんのブログ
その他のテーマ:「you-nosuke」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6

患者を生きる(連載転記)1

朝日新聞に連載されている「患者を生きる」が昨日から臓器移植についての記事になっていた。今回の連載は、臓器移植といっても移植を待つレシピエントの話ではなく、脳死となった夫とその家族の、つまりはドナー側の視点から臓器移植について書かれた記事であるらしい。僕自身レシピエントだったし、臓器を待つ知り合いも多いので、ついつい臓器移植について「もらう側」から考えてしまうが、「あげる側」の立場についてしっかり考えることももちろんとても重要なことだと思う。というわけで、全6回の連載をここに転記していこうと思う...

ロックンロールと星と日記 | 2010.06.17 Thu 20:54

患者を生きる(連載転記)2

JUGEMテーマ:臓器移植  朝日新聞「患者を生きる」の、その2。読みながら、大切な家族が死んでしまったときの自分と、臓器を待っていたときの自分を行ったり来たりする。 

ロックンロールと星と日記 | 2010.06.17 Thu 20:52

患者を生きる(連載転記)3

 朝日新聞「患者を生きる」の、その3。ドナーの家族とレシピエントの家族、愛する家族に生きていて欲しいと思う気持ちは当然のことだけど、同じなんだ。そのことを忘れてはいけない。 

ロックンロールと星と日記 | 2010.06.17 Thu 20:51

患者を生きる(連載転記)4

 朝日新聞「患者を生きる」の、その4。 

ロックンロールと星と日記 | 2010.06.17 Thu 20:51

患者を生きる(連載転記)5

朝日新聞「患者を生きる」の、その5。ドナーの家族には家族の悩みがある。僕は、肺移植の登録をしていた時、そのことをちゃんと頭で理解できていただろうか。自分は、ドナー本人、そしてドナーのご家族よりもツラいのだと、心のどこかで思ってはいなかったか。この臓器移植という命のリレーは、あげる側にも、もらう側にも、相手の立場や気持ちを強く想像するチカラが必要だ。そんなことを思った。 

ロックンロールと星と日記 | 2010.06.17 Thu 20:50

患者を生きる(連載転記)6

朝日新聞「患者を生きる」の、その6。脳死が人の死かどうか、については専門家ではないからその判断は医者や専門家に任せるしかない。脳死の臓器移植のドナー数が少ないのも納得できる。自分の愛する家族が死んだと受け入れるのだって難しいのに、脳死と納得して臓器を取り出して提供するだなんて、それは相当な信念や覚悟が必要なことだと容易に想像がつく。だけれども、実際に臓器移植の登録をして脳死ドナーが出るのを待っていた僕には、臓器移植を反対する人の意見に納得しきれないものが多いのも事実だ。もちろん、反対するのは自...

ロックンロールと星と日記 | 2010.06.17 Thu 20:50

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6

全56件中 51 - 56 件表示 (6/6 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!