>
家族の死
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

家族の死

このテーマに投稿された記事:12件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c212/24203/
家族の死
このテーマについて
家族が死亡したあとの生活について。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「sky00000」さんのブログ
その他のテーマ:「sky00000」さんが作成したテーマ一覧(4件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2 >

「喪の仕事」

  1月25日は妹の命日でした。 あれからもう9年経ったんだなぁ……そんなに前のことのような気はしないんですよね。 でも、当時30歳だったわたしは、確かに今、39歳。   妹が亡くなってから数年の間は、 悲しみやつらさといった気持ちはそれほど(もしかしたらほとんど)なくて。 自分の中にあったのは、妹に対する憎しみや嫉妬心、それから そういった気持ちを抱いてしまうことでの自己嫌悪感や罪悪感といったものでした。 そうしたぐちゃぐちゃな気持ちは、抱えていてとても苦...

雲の木 眺めて −たとくもblog− | 2017.06.18 Sun 22:05

けんちん汁

  生前、母がよく言っていた。   「あなたはママの背中で大きくなったのよ」   私も母の視点でものを見ていたわけだ。 そういえば、私は母を見上げた記憶がない。   おんぶして、抱き上げて、膝にのせて、腰をたくさんまげて。 母の顔はいつも私の目の高さにあった。     にもかかわらず、いつの間にか私は母を見下ろし、視界から消し、気づけば母はもういなかった。   しかし、だからと言って不思議と後悔や申し訳なさは……無い。 き...

アクセサリーショップ「 Pour toi bis」(プルトワビス)の徒然日記 | 2017.04.06 Thu 09:26

父の初七日での出来事

JUGEMテーマ:家族の死 心霊体験アンビリーバボー!な出来事、ある?   父が先週亡くなりました。 父は胃がんのせいで亡くなるまでの約1か月、何も食べられませんでした。 私は食が細いのですが、父が亡くなってから初七日まで満腹中枢が壊れたかのように暴食を繰り返しました。 父が好きだった生タコ、生イカ、酢の物、砂肝、納豆、トマト。 全部私が嫌いなもの、食べられないものです。 自分でも嫌いでなんでこんなもの食べてるんだろうと思いながら、父の好きだったものを片っ端から食べ続けまし...

あなたの隣の花子さん | 2016.08.14 Sun 00:59

麦茶

初夢に母を見た。 生きている時 抱擁したりなんてしなかったのに 夢ではいつも 抱きしめている。 どうして まだここに居られるのか 訊ねると 麦茶のおかげだと言う。 面白い夢だ。 母の背中から抱きついて 目が覚めても その感触が残っていた。 きれいなツバキのグラスに 麦茶を注いで 位牌の前に進ぜた。 そこには色々な物が 供えられている。 ピルケースに入った インコの折れたくちばしも。               JUGEMテーマ:家族の死

甲羅は水の中 | 2016.01.25 Mon 16:30

11/12 父の夢を見た

いろいろな手続で忙しい日々だった。 49日までの応急の祭壇に、父の大きな遺影は飾ってある。 その祭壇の真ん前に布団を敷いて、毎日寝ていた。 お線香の匂いにもなれた。 好きな花を時々、買ってきて飾った。 あとから知った人やお葬式に来れなかった人が、時々お線香を上げに来た。 リフォームの日にちも、僕の部屋の引っ越しも決まった。 なんだか、ボロ負けしたバスケの試合終了の後みたいな時間だ。 疲れきって、くやしくて、後悔して、あきらめきれなくて。 でも結果はもう出ている。トーナメント...

桜咲夜 | 2014.12.13 Sat 05:26

10/17 手続きいろいろ

お葬式だけでもめいっぱいだったが、 これから本格的に名義変更や、引き落とし口座変更 銀行の解約、などやることがたくさんある。 一家の大黒柱が死ぬということは、総取っ替えということだ。 ひとまず、区役所で年金と保険の手続き。と思ったら 年金は年金事務所に行かなきゃいけないらしい 個人情報保護法で、父の住民票さえ、取れない。 僕と父の現在の住所が別な事もあるし、 第一相続人が母なので 母じゃないと手続きできないものも多い。 委任状を何枚か作っておかないといけない 書類が足りなくて、出直...

桜咲夜 | 2014.12.12 Fri 20:40

10/16 お風呂とトイレの工事

工事業者の人が来た。 介護保険を使って、つけるはずだった手すり。 父がなくなった今、介護保険はもう使えないのだけど 最初の工事予定日は13日だったので、急遽ずらしてもらった。 万が一、間に合わない場合は実費になりますがいいですか?と言われて いいです、と言ってあった。 頼んだときはまだ、歩けたからね。 でもどうせ、お風呂のドアは立て付けも悪かったから交換したかった。 キャンセルも申し訳ないので、そのままつけてもらうことにした。 今、腰がいたい母は、トイレの手すりが嬉しいようだ。 母...

桜咲夜 | 2014.12.12 Fri 20:29

10/13 告別式

夜になり、広い和室に布団が用意された。 通夜の料理振る舞いをした部屋にそのまま泊まる形だ。 ずっと寝ていなかった僕は、何度か父を見に行った後、眠くなってしまい 15分だけ・・と、2時頃、アラームを付けて寝たのだが 気がついたら3時間も寝ていた。 姉は、起きていた。 目が覚めて、また父のところにいく。 蓋を開けて、頬を撫でる。 今日焼かれちゃうよー。 冷たいとこから熱いとこいってびっくりしないでね。 そんなくだらないことをずっと話しかけていた。 唇が乾いてきて可哀想。 水を手につけ...

桜咲夜 | 2014.12.12 Fri 20:15

10/12 お通夜

お通夜の日、まずは家から父を運ぶ儀式。 父が、この家からいなくなってしまう。 僕にはそれが一番、父にとって嫌なことじゃないかと思った。 家にいるのが最後、そう思うだけで涙腺が緩んだ。 葬儀社の人が来て、お線香のセットを片付けてストレッチャーに乗せる。 ひとり、鍵を閉めるために残り、それ以外のご家族は下で待ってて下さいというので 部屋に残る役を引き受けた。 最後まで僕が父といっしょにこの家に居たい、と思った。 エレベーターを出て、車に乗せるのを皆で見送る。 パパ、ここがあなた...

桜咲夜 | 2014.12.12 Fri 19:25

10/11 ドライアイスを毎日変える

死んだ日から毎日、午前中に 葬儀社の人がやってきて、ドライアイスを交換してくれるそうだ。 唯一出ている顔も、相当冷たい。 布団をどけてみようと思ったら、今日は布団まで凍ってくっついている。 これでも生き返られるかな?と、まだ考えていた。 父の友人探しはまだまだ続く。昨日だけでは連絡の取れない人が多かったからだ。 普通はどうするのかな・・・と思っては、普通って何?と、問い返す。 僕も母も、父の顔をなでては泣く、の繰り返し。 唇がダメージが来そうなので、毎日しめらせてはリップクリームを塗...

桜咲夜 | 2014.12.12 Fri 18:51

このテーマに記事を投稿する"

1  2 >

全12件中 1 - 10 件表示 (1/2 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!