>
小説全般
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

小説全般

このテーマに投稿された記事:4757件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c216/3328/
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

期待の次世代が綴る最高傑作

JUGEMテーマ:小説全般     ここ数年、次世代を担う作家の作品に注目しています。高い評価を得ている著名な作家の作品はとても魅力的で、その世界に 惹き込まれることが分かっているので、安心して浸れる良さがありますが、新たな作家の魅力を見つけた時の喜びは、何もの にも代えがたい思いがあります。そんな作家の一人に、中村文則がいます。   きっかけは、俳優・綾野剛が帯で薦めていた「掏摸」が書店で気になったこと。何度か見掛けるうちに、手に取って眺めると 面白そうだと感...

知的生活のすゝめ | 2017.08.17 Thu 03:00

八月十五日に吹く風 by 松岡 圭祐

文庫 講談社 (2017/8/9) 14.6 x 10.6 x 1.8 cm ISBN-10: 4062937441 ISBN-13: 978-4062937443 発売日: 2017/8/9 内容紹介 1943年、北の最果て・キスカ島―忘れられた救出劇。 多忙の外務省担当官に上司から渡された太平洋戦争時のアメリカの公文書。そこには、命を軽視し玉砕に向かうという野蛮な日本人観を変え、戦後の占領政策を変える鍵となった報告の存在が示されていた。1943年、北の最果て・キスカ島に残された軍人五千人の救出劇を知力・軍力を結集して決行した日本軍将兵と、日本人の英知を身で知った米軍諜報員。...

Book Castle -my list- | 2017.08.15 Tue 12:11

アメリカの鏡・日本 完全版 by ヘレン・ミアーズ

文庫 KADOKAWA/角川学芸出版; 完全版 (2015/12/25) 14.8 x 10.6 x 2 cm ISBN-10: 4044000042 ISBN-13: 978-4044000042 内容紹介 GHQ労働諮問委員会の一員として来日したミアーズ。中立な立場で日本を研究してきた彼女にとって、「軍事大国日本」は西欧列強が自ら作り上げた誇張であった。ペリーによる開国を境に平和主義であった日本がどう変化し、戦争への道を突き進んだのか。日本を西欧文明の鏡と捉え、満州事変を軸に中国・韓国との関係を分析しながら、アメリカが変えんとするその未来に警笛を鳴らす。マッカーサーが邦...

Book Castle -my list- | 2017.08.14 Mon 11:27

「ビブリア古書堂の事件手帖7」三上延

●本日の読書 ・「ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと」三上延/メディアワークス文庫    ええっと、コレいつ読んだんだ……ブログ下書きが7月2日……。と云うことでちょいちょい読了した本は溜まっているのですが感想文書く体力的余裕がない日々を過ごしております皆様お元気ですか。  シリーズ完結編です。今回のテーマはシェイクスピアの稀覯本。大変楽しく、そしてシリーズを締めるに相応しい終わり方でした。最終巻と言うこともありますが、前巻までの内容を把握していないと、...

書評・三八堂 | 2017.08.14 Mon 10:44

「男どき女どき」向田邦子

時々、挟んでいく流れで。「あ・うん」からの襷を繋ぐ。   「男どき女どき」向田邦子   「鮒」「ビリケン」「三角波」「嘘つき卵」「再会」 五編の短編小説と、沢山のエッセイからなる一冊。 人には言えない、こっそりと秘めたもの。 胸の内側からチクリとした感じを受ける。 この感じがたまらなく好きでやめられない。   エッセイでは、向田邦子の感性、ユーモアを解り易く感じられ、 これはこれで面白く、ニヤリとしてしまう事も。   BGM:EMOTIONAL RESCUE/THE RO...

読書元年 文庫録 | 2017.08.10 Thu 22:10

息子をかくまったのよ・・・

    古本屋に、読みたかったものが売っていた。     安部龍太郎せんせの「レオン・氏郷」   言わずと知れたエリート戦国武将のはずなんだけど   綱島民の知名度はいまいちなんだよねぇ。     銘家生まれで信長の義理の息子で   利休七哲でキリシタン   会津百万石の大大名になった人物なのに・・・   今、千家があるのは、氏郷のおかげなはずなんだけどなぁ・・・       JUGEMテーマ...

BLOG THE PREMIER 弐   | 2017.08.05 Sat 12:02

6日(日)はお休みをいただきます。

    本日もご来店ありがとうございました。   ご好評いただいております、日曜早飲み営業ですが   6日(日)は店主都合により   お休みをいただきますので   お間違えの無いようお願いいたします。   翌日7日は月曜日ですが、振替営業いたしますので   ご来店お待ち申し上げます。     PS   スペイン土産をいただきました。     パエジャにムール貝のオイル漬け   オリーブの...

BLOG THE PREMIER 弐   | 2017.08.05 Sat 04:25

眩暈 by エリアス カネッティ

単行本 法政大学出版局; 改装版 (2014/10/9) 19.2 x 13.4 x 2.6 cm ISBN-10: 4588120204 ISBN-13: 978-4588120206 内容(「BOOK」データベースより) 万巻の書に埋もれた一東洋学者が非人間的な群衆世界の渦に巻き込まれ、発狂して自己と書庫とを破壊するにいたる異常の物語。「群衆と権力」をテーマに錯綜する狂気と錯乱の風景を描き、解し難く浅薄な「現代」を深く烈しく抉り、トーマス・マンにその氾濫する想像力と構想筆致を驚嘆させた、二十世紀ドイツ文学を代表する傑作。ノーベル賞作家の長編小説。 JUGEMテーマ:...

Book Castle -my list- | 2017.07.25 Tue 16:06

フリッツ・バウアー by ローネン・シュタインケ

単行本(ソフトカバー) アルファベータブックス (2017/7/20) 19 x 13 x 2.2 cm ISBN-10: 4865980253 ISBN-13: 978-4865980257 発売日: 2017/7/20 内容紹介 ナチスの戦争犯罪の追及に生涯を捧げ、ホロコーストの主要組織者、アドルフ・アイヒマンをフランクフルトから追跡し、裁判に引きずり出した検事長、フリッツ・バウアーの評伝! ! 1963 年、フランクフルトで大規模な裁判が開始された。戦後もドイツに巣食うナチ残党などからの強い妨害に抗しながら、この裁判を前進させた1人の男がいる。ヘッセン州検事長フリッツ・...

Book Castle -my list- | 2017.07.25 Tue 12:24

誇り高い少女 by シュザンヌ ラルドロ

単行本 論創社 (2010/07) 19.2 x 13.2 x 2.4 cm ISBN-10: 4846010511 ISBN-13: 978-4846010515 内容(「BOOK」データベースより) 第二次大戦中、ナチス・ドイツ兵とフランス人女性との間に生まれた「ボッシュの子」シュザンヌ。強烈な自我と自尊心を武器に、みずからの人生を勝ちとってゆく一女性の真実の物語。 JUGEMテーマ:小説全般

Book Castle -my list- | 2017.07.24 Mon 19:31

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!