>
小説全般
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

小説全般

このテーマに投稿された記事:5252件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c216/3328/
このテーマに投稿された記事
rss

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

ヨーロッパから見た狼の文化史 by ミシェル・パストゥロー

単行本 原書房 (2019/9/25) 20.8 x 15.6 x 2 cm ISBN-10: 456205686X ISBN-13: 978-4562056866 内容紹介 ギリシア・ローマ・ゲルマン・北欧・ケルト神話や博物誌、人狼伝承、聖人信仰、エンブレム(紋章)、古典的な造形表現、寓話・童話、民間伝承、俗信、言語表現などに登場する、狼の社会的・象徴的・歴史的意味とその変容を、数多くの貴重な図像とともに読み解く。 原題: Le loup by Michel Pastoureau (French) ▤ GENRES History | Nonfiction | Animals | Mythology 海外評価=4.67 JUGEMテーマ:小...

Book Castle -my list- | 2019.10.30 Wed 12:31

ヴォブルン風オムレツ by コストラーニ・デジェー

単行本 未知谷 (2018/3/22) 19.4 x 13.6 x 2 cm ISBN-10: 4896425464 ISBN-13: 978-4896425468 内容紹介 僕はちっぽけな詩人でいたいと思うんだ。 大詩人じゃなくてね。 この湖みたいに小さい詩人。 そして深い詩人にさ。 (本書『山の中の小さな湖』より) ハプスブルク帝国の黄昏から第一次世界大戦… 革命、独立、分断、激動のハンガリー・ブダペシュトで、政治から距離を置き、あらゆる人間に潜む真理を書くこと― ユーモアと皮肉で人間社会を次々と斬っていく軽やかな短篇集 原題: Kosztolányi Dezső...

Book Castle -my list- | 2019.10.21 Mon 17:30

魔眼の匣の殺人

JUGEMテーマ:小説全般    魔眼の匣の殺人 / 今村昌弘(東京創元社)    個人的な評価 ☆☆☆   その日、“魔眼の匣"を九人が訪れた。 人里離れた施設の孤独な主は予言者と恐れられる老女だ。 彼女は葉村譲と剣崎比留子をはじめとする来訪者に「あと二日のうちに、この地で四人死ぬ」と告げた。 外界と唯一繋がる橋が燃え落ちた直後、予言が成就するがごとく一人が死に、閉じ込められた葉村たちを混乱と恐怖が襲う。 ミステリ界を席巻した『屍人荘の殺人』シリーズ第二弾...

隣り近所のココロ・読書編 | 2019.10.17 Thu 14:37

待ち遠しい

JUGEMテーマ:小説全般    待ち遠しい / 柴崎友香(毎日新聞社)    個人的な評価 ☆☆☆   住み心地のいい離れの一軒家で一人暮らしを続ける北川春子39歳。 母屋に越してきた夫を亡くしたばかりの63歳、青木ゆかり。 裏手の家に暮らす新婚の現実的な今どきの新婚25歳、遠藤沙希。 年代も性格もまったく異なる3人の出会いから始まった、 温かく、どこか噛み合わない“ご近所付き合い”、その行方は―。       (感想)   同じ女...

隣り近所のココロ・読書編 | 2019.10.16 Wed 13:39

ノーサイドゲーム

JUGEMテーマ:小説全般    ノーサイドゲーム / 池井戸潤(ダイヤモンド社)    個人的な評価 ☆☆☆   大手自動車メーカー・トキワ自動車のエリート社員だった君嶋隼人は、 横浜工場の総務部長に左遷させられ、同社ラグビー部アストロズのゼネラルマネージャーを兼務することに。 ラグビーに関して何の知識も経験もないズブの素人である君嶋が、 お荷物社会人ラグビーの再建に挑む。       (感想)   んー、先にドラマ版を見ていたので、どう...

隣り近所のココロ・読書編 | 2019.10.15 Tue 15:34

移民の記憶 by ヤミナ ベンギギ

単行本 水声社 (2019/9/25) ISBN-10: 4801002447 ISBN-13: 978-4801002449 内容紹介 マグレブ諸国からフランスに単身でわたり、悲惨な住環境で働く〈父たち〉。自国の伝統と異国への統合の軋轢に苦しむ〈母たち〉。ふたつの文化のあいだで自らのアイデンティティを問い直す〈子どもたち〉。 マグレブ移民たちが直面した困難な現実を三部構成のインタビューによって重層的に可視化した傑作ノンフィクション。 原題: Mémoires d'immigrés by Yamina Benguigui (French) blog 水声社→http://www.suiseisha.net/...

Book Castle -my list- | 2019.10.15 Tue 13:46

すべては消えゆく by アンドレ・ピエール ド・マンディアルグ

単行本 白水社 (1996/06) 18.8 x 13.6 x 1.6 cm ISBN-10: 4560045976 ISBN-13: 978-4560045978 内容(「BOOK」データベースより) 陽光ふり注ぐパリの美しい昼下がり、夢ともうつつともつかぬヒロインたちに導かれるまま、エロスと幻影の世界に巻き込まれてゆく初老の男。娼婦でもあり女優でもある宿命の女(ファム・ファタル)が性と血の儀式を繰り広げる、マンディアルグの遺作長篇となった「最後のシュルレアリスム小説」。 原題: Tout Disparaitra by André Pieyre de Mandiargues (French) ▤ GENRES Fi...

Book Castle -my list- | 2019.10.15 Tue 10:43

私はこうして世界を理解できるようになった by ハンス・ロスリング & ファニー・ヘルエスタム

単行本(ソフトカバー) 青土社 (2019/9/25) 19 x 13.2 x 2.2 cm ISBN-10: 4791772172 ISBN-13: 978-4791772179 内容紹介 もうひとつのFACTFULNESS ビル・ゲイツ、バラク・オバマ元アメリカ大統領が大絶賛し、 全世界で100万部のベストセラーとなったFactfulness』(日経BP、2019年)。 TEDスピーチで独特のテンションで統計学を語り人気を博していたロスリングが 末期ガンと診断され余命宣告を受けて書いたのが、その『Factfulness』と本書の二冊である。 『Factfulness』では我々が知らず知らずのうちに陥っているバ...

Book Castle -my list- | 2019.10.07 Mon 18:05

書斎の自画像 by ジョルジョ・アガンベン

単行本(ソフトカバー) 月曜社 (2019/10/5) 18.8 x 12.8 x 1.6 cm ISBN-10: 4865030808 ISBN-13: 978-4865030808 発売日: 2019/10/5 内容紹介 根本的に未完成なものとしての書斎。人々との出会い、書物との出会いの数々を明かしつつ、異なる時間と場所を宿すユートピアとしての書斎に託して、写真とともに綴られる、初めての自伝的エッセイ。 原題: Autoritratto nello studio by Giorgio Agamben (Italian) ▤ GENRES Biography | Nonfiction | Essay 海外評価=4.44 JUGEMテーマ:小説全般

Book Castle -my list- | 2019.10.05 Sat 20:01

独裁者のブーツ by ヨゼフ・チャペック

単行本 共和国 (2019/9/30) 15 x 1.6 x 18.8 cm ISBN-10: 4907986637 ISBN-13: 978-4907986636 内容紹介 童話『こいぬとこねこのおかしな話』、あるいは『園芸家の12カ月』の挿画など弟カレルとのコラボ「チャペック兄弟」としても日本で人気の高いチェコスロヴァキアの画家でエッセイスト、ヨゼフ・チャペック(1887-1945)。彼はナチズムがヨーロッパを席捲する危機的な状況のもとで、自由と平和、そして民主主義のために、独自のユーモラスなタッチで、連作『独裁者のブーツ』をはじめ「反ファシズム」をテーマにした1コマ...

Book Castle -my list- | 2019.10.04 Fri 21:17

このテーマに記事を投稿する"

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

全1000件中 61 - 70 件表示 (7/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!