[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] 本のブログ記事をまとめ読み! 全5,060件の15ページ目 | JUGEMブログ

  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

このテーマに投稿された記事:5060件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c224/3275/
このテーマに投稿された記事
rss

< 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20 >

古い絵本のメンテナンス:汚れ落とし 12(表紙・裏表紙)

JUGEMテーマ:本     8月22日の続きです。 今回からは古い絵本の表紙と裏表紙の汚れ落としの方法をお話していきます。 また ここで確認しておきたいのですが、このシリーズ「古い絵本のメンテナンス」はリトルゴールデンブックとピクシー絵本を前提としています。   リトルゴールデンブック、ピクシー絵本とも表紙はコート紙あるいはビニールコーティングされた紙が使われています。それ以外の本ではこちらでご紹介している方法が適切でないこともあるので、その点はご了承を。 それ...

ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 | 2021.08.30 Mon 17:39

森村誠一「老いる意味」

森村誠一「老いる意味」   8月は終戦特集で朝刊に毎日体験記が掲載され その最終日が森村誠一氏だった。   担当記者が対面でのインタビューをお願いしたが 認知症で と断られ代わりに手紙をもらったので掲載する、 という冒頭を読み、 わたしはショックを受けたのだった。   小説家で頭が良くて毎日頭を使っていて、 そんな人も認知症になるのか! じゃあ、わたしみたいな凡人は、もう、どうしたらいいのよ?!     うちの両...

CottonTulip my favorite since 05/06/16 | 2021.08.29 Sun 13:51

古い絵本のメンテナンス:汚れ落とし11 (本文ページの落書き)

JUGEMテーマ:本   8月15日の記事の続きです。 前回ご紹介した作業を少し根気良くやれば、クレヨン、クレパスの落書きは完全には消せないまでもけっこう薄くはできます。 クレヨン、クレパスの落書きは どうせ完全には消せないからとあきらめるのではなく、みつけた時点で 少しでも落としておいた方がいいと思います。   それは、汚れが重なったページにも移ってしまうことが多いから。また、時間が経つほど 油分が紙に染み込んでいくので、汚れが広がるのを防ぐという意味でも有効です。 さて、本...

ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 | 2021.08.22 Sun 12:12

古い絵本のメンテナンス:汚れ落とし10(本文ページの落書き)

JUGEMテーマ:本   8月4日の続きです。 クレヨン、クレパスの落書き消しの作業について説明していきます。   ここでもまず、重要なのは鉛筆の落書きと同様、完全に消そうとしないこと。 薄くはできても完全には消せないと思っていた方がいいです。   そして、プラスティック消しゴム(以下消しゴム)は使わずに練りゴムだけを使います。 消えるものは消しゴムでけっこう消せることもあるのですが、ほとんど消えずに汚れが広がるだけのこともあるからです(クレヨン、クレパスの原料によるも...

ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 | 2021.08.15 Sun 14:29

『100%月世界少年/スティーヴン・タニー』感想

  ども、猫澤です!   今日は、澤野弘之さんの音楽を聴きながら (主に閃光のハサウェイのサントラ♪) こうしてブログを書いています。   一方、モナさんは……               シュート!!!!   バスケに夢中でした🏀💗笑 なかなか素敵なバディーでしょ?((ノェ`*)っ))             さて、本題へ……   ...

宇宙の盆栽。 | 2021.08.05 Thu 15:23

古い絵本のメンテナンス:汚れ落とし 9(本文ページの落書き)

JUGEMテーマ:本   7月27日の記事の続きです。 絵本の汚れ落としですが、今回からはクレヨンやクレパスによる落書きについてです。 中古の絵本を買って、さあ、読もうと開いたところにクレヨンやクレパスの落書きがあると どよ〜んとした気分になりますよね。 たいていはちびっこ画伯によるであろうパワフルな作品です(^^;)。 さて、こういう落書きについてお話しする前に、まずは、クレヨンとクレパスがどんな画材か確認しておきましょう。   非常にざくっとしてますが、いずれも原...

ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 | 2021.08.04 Wed 14:36

古い絵本のメンテナンス:汚れ落とし 8(本文ページの落書き)

JUGEMテーマ:本   7月17日の続きです。 鉛筆で書かれた落書き消しについては、とりあえず前回で終わりですが、練りゴムについてちょっとおまけです。 その後、ハードタイプの練りゴムをさらにもう少し試してみました。 普通(ノーマル)の練りゴムに比べると、かなり消えます。プラスティック消しゴムに近いぐらい消えるので、印刷色が薄くなる恐れがあります。 ということは、このハードタイプは通常の練りゴムとは別物と思った方がいいですね。 でも、力を入れずに消せて紙がシワになったり破...

ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 | 2021.07.27 Tue 11:48

未来の勉強 文庫本購入

JUGEMテーマ:本   この時期 学生さんの夏休みの宿題の読書感想文があるので 本屋さんには それぞれの出版社が 競うように 店頭に 夏の1冊として たくさんの 文庫本が 並んでおります。   私 目に止まった1冊 フレデイ松川さんの 「60歳でボケる人 80歳でボケない人」というタイトルをみて 購入。   この本で 学生さんが 読書感想文を書いて 県展に 提出するのかと 思うと その学生さんこそ ボケ 最高!   おーーーい 山田君 座布団 1枚! ...

あおちゃんの釣り道楽日記他 | 2021.07.22 Thu 17:02

古い絵本のメンテナンス:汚れ落とし 7(本文ページの落書き)

JUGEMテーマ:本   7月10日の続きです。 と、ここで、ハードタイプの練りゴムについてです。   絵本の汚れ落としに結構いいかもしれません。ノーマルほどくにゃくにゃしないけど、消しゴムほど力を入れずに消せます。消す能力(消字機能というらしい)は消しゴムとノーマルの間という感じ。 いずれにしろ、アグレッシブな(強く濃く書かれた)落書きを前にしたとき完全に消そうと思わない方がいいでしょうね。   鉛筆で書かれたものなら消したくなるんだけど。あまり、しつこく作業を続けると...

ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 | 2021.07.17 Sat 12:14

古い絵本のメンテナンス:汚れ落とし 6(本文ページの落書き)

JUGEMテーマ:本   7月4日の記事の続きです。 子供が書いたと思われる落書きってすごくアグレッシブなものがあったりしますよね。 2、3ページ下まで筆圧が残るぐらい強く濃く書かれたものとか…。   こういうのを消しゴムで消そうとすると、印刷色も薄くなってしまったり、紙を破ってしまう恐れが大です。また、紙を痛めないように消しゴムでヘタに軽くこすると汚れが広がったりすることも。 そんなとき、役に立つのが練りゴムです。 消しゴムが汚れをこすり取るのに対して、練りゴムは汚れを吸...

ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 | 2021.07.10 Sat 18:19

このテーマに記事を投稿する"

< 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20 >

全1000件中 141 - 150 件表示 (15/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!