>
自作小説
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

自作小説

このテーマに投稿された記事:7339件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c231/4192/
自作小説
このテーマについて
自作のオリジナル小説。ジャンルは問いません。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「enokimoji」さんのブログ
その他のテーマ:「enokimoji」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

短編小説「初めての帰る場所」

JUGEMテーマ:自作小説 地元のことって意外と知らないものだ。 僕の住んでる町は地方都市のベッドタウンのさらにベッドタウンみたいな田舎だから、ほぼ山と田んぼが町の面積を占めている。 それでも最近は飲食店やアパートや駐車場が増えてきて、子供の頃とはかなり様変わりした。 隣街まで買い物に行かなくても、すぐ近所で欲しい物が買えるようになったことは嬉しい。 と同時に昔ながらの情景や文化も残っていて、ほどよく発展したそう悪い町じゃない。 子供の頃に遊んだ空き地、下校時に寄り道した駄菓子屋、金が無い時...

SANNI YAKAOO | 2020.08.30 Sun 12:20

錐脚獣 next day

JUGEMテーマ:自作小説    全身の痛みで目が覚めた。筋肉でも関節でもなく、全身の血流が痛みを巡らせているように感じた。まるで橙に燃え上がる馬が、血流に沿って疾走しているような気がした。同時に、それこそが血流なのだと思えた。そして次の瞬間、何を考えているのか解らなくなった。微熱があるような気がする。ベッドに横たわったまま、体温計を脇に挟む。体温計は枕元でスタンバイしていた。僕が置いたのだろうか。それともコリが置いたのだろうか。電子音を聞いて、数字を確認する。三十四度五分。微熱どころ...

pale asymmetry | 2020.08.26 Wed 21:26

錐脚獣 day3

JUGEMテーマ:自作小説    星たちが激しく流れている。星たちは旅をしているのだ。生命の種子を無効分散させるために。それを宿命だと、星たちは感じているだろうか。その宿命によって、それを起源として結実した僕は、宿命を感じるだろうか。ところでこんなに激しく星たちが流れてしまったら、この夜空から星が消失してしまうのではないだろうか。それでも夜は、知性を保つことが出来るのだろうか。そんなことを考えている僕は、知性を失いかけているような気がする。それはあのケモノのせいだろうか。 「ああ、剥...

pale asymmetry | 2020.08.25 Tue 21:04

不思議探偵誌〜探偵危機一髪〜 最終話 探偵の運

JUGEMテーマ:自作小説 事務所の窓を開けると秋風が吹き込む。 銀杏並木は黄色に染まり、ヒラリヒラリと葉が舞う光景はなかなか風情がある。 俺はタバコを咥え、フワっと煙を吐いた。 今年の夏は暑かった。 猛暑が何日も続き、事務所のエアコンはフル稼働であった。 おかげで電気代が嵩んで仕方なかった。 とはいえ室内でも熱中症が起きる時代である。 夏日の間、事務所にいる限りはリモコンの切ボタンに触れることはなかった。 「若い頃は夏が良かったが、この歳になると秋がいい。」 年々暑くなっていく夏。逆に秋の...

SANNI YAKAOO | 2020.08.25 Tue 13:58

不思議探偵誌〜探偵危機一髪〜 第十三話 本心

JUGEMテーマ:自作小説 俺には超常的な力が備わっている。 こいつを駆使してどうにか脳内のケセランパサランモドキを取り除くしかない。 「恋花さん。もう一度言う。今から貴女の目を覚まさせる。頭の中から悪い霊を取り除いて。それが貴女を救うただ一つの方法だ。 しかし同時に大きな悲しみに包まれることになる。なぜなら頭の中からケセランパサランモドキを取り除くということは、貴女にとって大事なあの女性まで・・・・、」 言いかけてやめる。 伝えたところでどうにかなるわけではない。 それに虚ろな状態では耳に...

SANNI YAKAOO | 2020.08.24 Mon 14:54

錐脚獣 day2 pm

JUGEMテーマ:自作小説    それは境界を表す線なのだろう、と思った。西に傾いてもまだ暴君のような陽光を沈めるための旋律を発する弦のようにも思えた。あるいは透明な獣の、空腹を抱えた分別のない獣の口から漏れ出る唾液のようにも思えた。その場所に、僕が見知った世界とは違う性質を持つ風景が混じっているように感じたせいかもしれない。陽光が鋭すぎる煌めきで降り注いでいたのに、清涼な湿りを感じたせいかもしれない。あるいは何か得体の知れない邪な生命体が、邪だから魅せられる生命体が空気の層と層の間に...

pale asymmetry | 2020.08.23 Sun 22:57

錐脚獣 day2 am

JUGEMテーマ:自作小説    僕は翼に乗っていた。鳥の翼のようでもあったけれど、翼竜の翼のようにも思えた。鳥や翼竜に乗っていたわけではない。そういうものの翼に乗っていたのだ。つまりそれは翼だけが飛翔していたということだ。胴体や頭や脚はない。ただ翼だけが風を大きく孕んで滑空飛翔していたのだ。一対二枚の翼は本来ならば胴体がある辺りで繋がっている。その翼が繋がり合う場所に僕は立っていた。空は、夜を纏おうとしているのか、それとも夜を脱ぎ捨てようとしているのか、そういう感じの薄暗い藍色と薄明...

pale asymmetry | 2020.08.22 Sat 22:22

錐脚獣 day1

JUGEMテーマ:自作小説    これは巨大なシステムで、僕らは解析素子になったんだ。とそんな気持ちになりながら、オリエンテーションを聞いていた。説明に登場する単語から、いろいろなイメージが浮かび上がりすぎて、その内容は全然頭に入ってこなかった。まあ、詳細は書類を読めば良いようなので、問題はないだろうと思えた。早く帰って眠りたかった。入学式からずっと、ひどく眠い日が続いている。新しい生活のリズムが、まだ身体に精密に入力されていないせいだろう。それとも、僕自身の出力が足りないのだろうか。...

pale asymmetry | 2020.08.21 Fri 21:58

錐脚獣 day0

JUGEMテーマ:自作小説    何だか微熱があるような気がした。身体が怠くふわふわした気分に纏わり付かれている。取り敢えず体温計を脇に挟む。電子音を待って確認すると三十四度五分だった。微熱どころか低体温だ。確かに朝からずっとエアコン全開の部屋で過ごしているけれど、それにしても低すぎる。しかも感覚的には全身が熱っぽく感じていたりするのだ。とても奇妙な気持ちを持て余す。ただ持て余していてもしょうがないので、この症状を検索しようとPCを起動させたところで、玄関のチャイムが鳴る。ドアスコープを...

pale asymmetry | 2020.08.20 Thu 22:15

不思議探偵誌〜探偵危機一髪〜 第十二話 白い綿毛の正体

JUGEMテーマ:自作小説 ケセランパサラン。 真っ白な綿毛のようにフワフワした生き物で、こいつを手に入れると願いが叶うという。 たくさん集めるほど大きな願いが叶うと言われていて、俺も子供の頃は夢中に探したことがある。 化粧で使うおしろいが大好物だそうで、桐の箱が飼育に適しているという。 ただし注意が必要である。 箱には穴が必要で、これがないと呼吸ができずに死んでしまうというのだ。 もし上手く飼育できればどんどん増殖する。 つまり大切に飼えば大金持ちになることも理想の相手と結ばれることも、名...

SANNI YAKAOO | 2020.08.19 Wed 16:28

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!