• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

人生訓

このテーマに投稿された記事:1565件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c232/918/
人生訓
このテーマについて
生きていくうえで励ましになるようなメッセージを。
偉人の名言だけではなく、
いまを生きる著名人や、父母や恩師、上司、友人など、
いろんな場面で普通の人たちが発した言葉に
胸打つ人生の指針があると思います。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「present-inc」さんのブログ
その他のテーマ:「present-inc」さんが作成したテーマ一覧(22件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

一歩一歩と。

“パンチ佐藤”こと佐藤和弘さんの座右の名です (7月2日の『かながわ情熱アスリート』)。 神奈川の高校野球の名門・武相高校で活躍した佐藤さんは、 そこで「我慢」の二文字を学びました。我慢しながら 一歩一歩進む意味を知ったのです。もちろんこの「と」は 将棋で1マスずつ進んだ「歩」が敵陣に入って「と金」に 成る(バージョンアップする)意味も含んでいます。   何かに「成る」には、一歩一歩進むしかない、ということ。 JUGEMテーマ:人生訓  

いいコトバ | 2018.07.23 Mon 07:44

自分に負けず嫌い。

と自らを分析したのは、網膜色素変性症の進行と闘いながらも、 イルカと泳ぐ夢のため潜水技術を学び続ける浅野麻里さんです (6月30日の『おはよう日本』)。 視力低下が進む病状と闘いつつ、フリーダイビング(素潜り)の 国際大会では87mと、自己ベストを1m更新しました。 この言葉、「諦めない気持ち」と言ってもよいでしょうか。 同時に浅野さんは「他人とは競争をしない」とも言い放ちました。   自分に勝つ、という、それはもう人生の離れ業。 JUGEMテーマ:人生訓  

いいコトバ | 2018.07.18 Wed 07:42

バカっていうのはね、世の中のいろんな常識を無視して 自分なりの純粋な物の見方、生き方を押し通すことなんだよ。 

玉山鉄二さん扮する赤塚不二夫が、娘・りえ子(森川葵)に 「パパはバカ!」と言われて返した言葉です (6月30日の『バカボンのパパよりバカなパパ』)。 常識を無視して純粋に生きる姿は、確かに「バカ」と言われる。 でもそれは、言い換えればオリジナリティそのものですよ。 しかも「(バカになるには)毎日の心がけと努力が必要」とまで 言うのですが、非常識に生きるにはそれが必要でしょう。私は、   非常識な生き方をしなかったとは言いませんが、次元が違います。 JUGEMテーマ:人生訓  

いいコトバ | 2018.07.15 Sun 11:10

人生は祭りだ。

フェデリコ・フェリーニの「8 1/2」の最後の台詞だという この言葉を座右の銘に選んだのは、オダギリ・ジョーさんです (6月12日の『ディア・フレンズ』)。 「一歩、踏み出すか踏み出さないかを考えれば踏み出すを選ぶ と捉えている」と言われていました。祭りとばかりは言って いられないものの、人生の決断には勢いでやってしまうことも 大切です。それができずに後から後悔をするのだけはやめてほしい。    “祭りのあと”だって、生きる道は前に続きます。 JUGEMテーマ:人生訓 &n...

いいコトバ | 2018.07.10 Tue 22:20

一段、一段、レンガを積む。

夢をかなえるために必要なこととして、 澤穂希さんが挙げた言葉です (6月10日の『FOOT×BRAIN』)。 「基礎になるものを積み上げていく」と言われていましたが、 都並敏史さんの言う通り「小さな努力でいい気がする」 言葉でした。確かにレンガは手で積めますが、いい加減には 積めない気もして、地道な努力をよく言い表した表現ですね。   しかし、レンガは積み忘れる。 JUGEMテーマ:人生訓  

いいコトバ | 2018.07.03 Tue 05:23

(定年は)第1ラウンドが終わったということ。

そう語ったのは、定年後の悲哀を描いた自著「終わった人」が 映画化された内館牧子さんです (6月1日の『あさイチ』)。 つまり、これから何ラウンドかは確実に残っているのだと 言いたいのでしょう。大好きな大相撲になぞらえて「6勝9敗でも 次の場所で頑張ればいい」とも言っていました。定年がない私の ような立場は、現在が何ラウンドか把握する必要がありそうです。   でも人生は1ラウンドの長さに決まりはない、とも思います。 JUGEMテーマ:人生訓  

いいコトバ | 2018.06.22 Fri 00:04

「子どもみたいだね」って言われ続けたい。

現役時代の背番号と同じ34のエピソードで綴った 「笑顔の週刊34」を著した山本昌さんの言葉です (5月26日の『日本経済新聞』朝刊)。 「素敵な人って、楽しそうで生き生きしていて、どこか 子どもっぽい」というのが理由だそうですが、やりたいことが あるから“子どもみたい”と言われるのかもしれません。 年齢を重ねるにつれて、やりたいことは減っていくようです。   その意味では、いつまでも「子ども」でありたいと思います。 JUGEMテーマ:人生訓

いいコトバ | 2018.06.12 Tue 22:12

人生、成り行き。

七代目立川談志師匠のこの言葉を、立川志らくさんが 紹介しています (5月20日の『ボクらの時代』)。 「成り行き」とは「物事が移り変わってゆく様子」を指しますが、 この成り行きに身を任せるのが人生と言いたかったのでしょう。 志らくさんも「テレビなんか出たくないと思っていたのが、 いまは来たものは何でもやる」に変わったと言っていました。   物事は畳の目のように知らずに進んでいる。志ん生師匠です。 JUGEMテーマ:人生訓  

いいコトバ | 2018.06.06 Wed 06:55

毎日、毎日、白紙の状態で生きていく。

画家・熊谷守一を演じた山崎務さんの言葉です (5月19日の『日本経済新聞』朝刊)。 「朝起きて、昨日の自分だって保証はない」のが理由ですが、 コピーライター養成講座に通っていた頃、ラテン語の 「tabula rasa=白紙の状態」という言葉を、後に弟子入りする コピーライターの久保皓さんから学びました。仕事と向き合う 際は、先入観を払拭するという教えだったと思います。   さあ、今日も白紙の自分で。 JUGEMテーマ:人生訓

いいコトバ | 2018.06.04 Mon 07:33

自分の ために誰かを使うのではなく、         誰かのために自分を使う。

“生きがい”を「使命感に生きる」と定義した神谷美恵子の 「使命感」の定義がこれです (5月6日の『100分de名著_神谷美恵子 生きがいについて』)。 「自分の個人の幸福は一切求めずゆくことを決めています」 という瀬戸内寂聴さんの言葉を取り上げたことがありますが、 私などにとっては、憧れに近い生き方ですね。 最近、経営者の取材をしていても、これに似た言葉に接します。   誰かのために。届きそうで届かない、この境地。 JUGEMテーマ:人生訓  

いいコトバ | 2018.05.29 Tue 07:05

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 41 - 50 件表示 (5/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!