哲学とか思想とか愚痴とか。
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

哲学とか思想とか愚痴とか。

このテーマに投稿された記事:1632件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c4/1759/
哲学とか思想とか愚痴とか。
このテーマについて
心理とか哲学、世界に対する理不尽やら不条理さだとかをテキトーに語ってやるっ! なテーマ。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「minagi-asad」さんのブログ
その他のテーマ:「minagi-asad」さんが作成したテーマ一覧(6件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

ストレスの吐き出し方はアウトプットと似ているという話

何か月か前にアウトプットに関する本が話題になりましたね。 こちらの「学びを結果に変えるアウトプット大全」 この本に記載されているアウトプットって、あるワークに通じる部分が多いなぁと思っていたので、 今回はそのあたりについて書こうと思います。   日常生活で溜まるイライラ・ムカムカ、あれはいけない、これはダメみたいな否定の感情などなど、 そういった気持ちは溢れる前に、日常的に吐き出すのが良い、というようなことを以前の記事で書きました。 その「どうやって吐き出すか?」ということ...

桐島ブログ | 2019.02.08 Fri 18:04

愛を受け取る、愛を与えるということについて

ここ最近の記事で、心には許容量がある、ということで、 コップに例えてあれこれ書いてきました。 今回は、愛について書いていきたいと思います。     愛もこれまでと同様、コップの例えをすることが出来ます。 幼少期に、自分が愛されていると思うような体験をすればするほど、この愛のコップは満ちていきます。 そして、十分満足いくと、この愛のコップは満ちた状態になります。   この「愛のコップが満ちた状態」は、心が安定した満ち足りた状態で、 自然に自分から周りの人へ愛情をもった...

桐島ブログ | 2019.02.06 Wed 18:22

デヴィ・ス〇トロというクソ以下の お話

JUGEMテーマ:哲学とか思想とか愚痴とか。      早く〇んでほしいね、このうんこ婦人。こいつがなんか言っても、黙れ売春婦って話ですよ。 人の悪口で糧を得ているんだから、このくそブログと同レベル。  人の悪口言って、自分が好き勝手やってるんだから、他の人間から踏みにじられても 仕方ない。  見てて不愉快と言われても同情できない。    謙虚さが大事とか言っているくせに、まったく自分は謙虚じゃない。 ブーメランでしょこいつ。  見てて胸糞悪くなる奴の世界ランキ...

ぽんこつ奮闘記 | 2019.02.06 Wed 15:23

長期的にしんどい状態が続くと、心がにぶくなるという話

前回の記事で、 「うれしい、楽しい、大好き」が心が満たされるために必要なことの1つと紹介しました。   で、この「うれしい、楽しい、大好き」 しばらく感じていない状態が続くと、分からなくなるんです。   具体例をあげますと、 日常につらい事が多い状態が続いている場合。   本人の物事の考え方にもよりますが、 「つらい事」「あまりつらくない事」「つらくない事」といったように、 「つらいかどうか」が判断の基準になってしまい、他の思考がにぶってしまうケースがあるんです。 ...

桐島ブログ | 2019.02.05 Tue 18:00

心の許容量の話(心が満たされているかについて)

前回の記事では、イライラに関する心の許容量の話を書きました。 で、この心の許容量、イライラに限ったことではないので、 そのあたりについて、今回は書いていきます。     今回心の許容量として、コップに例えるのは、幸福感です。 充実感とか、心が満たされるとも言い換えられます。   この幸福感のコップが満杯まで満たされた状態が、自分が満たされた状態です。 そして、そのコップから溢れ出た分が、自分以外の周りの人に対して、 やさしくしたりとか、力になりたいとか、何かしてあげた...

桐島ブログ | 2019.02.05 Tue 16:21

心の許容量の話(イライラとその解消について)

前回の記事でも少し書きましたが、心にも許容量があります。 コップで例えると分かりやすいですね。     例えば、日々過ごす中でイライラしたりムカムカしたり腹が立ったりすると、 そのイライラは少しずつ溜まっていきます。 それは、コップに水が溜まっていくようなものです。 イライラがどんどん溜まって、心の許容量を超えてしまうと 溜まりに溜まったイライラが溢れ出してしまいます。     溢れだし方は人によって様々。 火山の噴火に怒るような人もいるかもしれません。 ...

桐島ブログ | 2019.02.03 Sun 16:39

根っこの深い傷つきに対処するためにも、まずは日頃の感情の整理を

自己否定、他者否定、イライラなどにある、傷ついた自分。 この傷ついた自分は、「心に傷を負った過去の自分」とも言い換えられます。     心の傷だって、実際に出来た怪我と同じ特徴があります。 治療するために傷口を綺麗にしたり、消毒したりすると強く痛みます。 それなら治療せずほったらかしにしているほうがまだマシなんですね。     なので、いきなり根っこの深い傷つきを下手にいじるのはあまりお勧めできません。 ワーク会みたいな場で、やり慣れた人がサポートしつつ、大丈夫そ...

桐島ブログ | 2019.02.02 Sat 18:33

パワハラに正義なんてものはないという お話

JUGEMテーマ:哲学とか思想とか愚痴とか。      ハルオサンってブロガーが最近、パワハラをしてきた警察時代の上司が、 仕方なくやってたとか美化した記事が目に付きだしている。  警察なんて、大きい組織を相手に訴えた最初は、警察の悪事を自分の身をかけて訴えるすごい人だと思っていたが、 最近見ていたら、警察を美化したり、つまらない日常書いていたりと、 逃げの一手に入った、覇気のない人間に成り下がった感がある。  相手がなくなく、止めるように仕向けていたとか、そんなこと相手...

ぽんこつ奮闘記 | 2019.02.02 Sat 08:59

根っこの深いイライラや否定の気持ちについての話

前回の記事では、 否定やイライラの根っこには、傷ついた過去の自分がいる。 根が浅いものであれば、優しい言葉をかけて癒していけば徐々に終息していきますよ。 といったことを書きました。 では、根が深いものはどうなのか、といったあたりについて書こうと思います。   根が深いものについても根が浅いものと同様、優しい言葉をかけて癒していくのが非常に効果的です。 日頃から簡単に取り組めるワークとしてもお勧めできます。   他に、簡単に取り組めるワークとしては、「紙に書き出すワーク」...

桐島ブログ | 2019.02.01 Fri 17:36

学校という異常な空間の お話

JUGEMテーマ:哲学とか思想とか愚痴とか。  小中ってのは、なんであんな異常な空間なんだろう。 小中高の教師にだけはまともな人間がいない。  教師って言い方も納得がいかない。  師なんて付けれる奴らじゃないと思う。    それぞれの強化教えるんだったら、大学の教授とかに頼んだ方が、 物凄く面白い教え方してくれるだろうし、実験器具もそろっている。    小中高の教師を見かけたら、ほぼクズと思って接してる。 教えるのが下手ならまだしも、人として必要なことを間違って教...

ぽんこつ奮闘記 | 2019.02.01 Fri 09:03

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!