whitepaperlab実験
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

whitepaperlab実験

このテーマに投稿された記事:73件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c41/18003/
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8 >

Chappaquiddick Free Movie release date english subtitle youtube Solarmovie gomovies

⇓↡↓⇩▼⇩⇩↓⇩↡⇩⇓⇓⇓⇩⬇▼↓↡⇩ ➛→→ WATCH / DOWNLOAD Chappaquiddick ⟸⬅⇦ ⇧⬆▲↑↟▲▲▲⇑↟⇧⬆⇑⇪⬆⟰⬆▲⇧↑               7 Apr 2018. The crucial fact of Chappaquiddick is, of course, that Ted Kennedy took 10 hours to report the incident to the police. That delay was...

Dan | 2018.06.25 Mon 07:49

whitepaperlab実験-45

whitepaperlab実験の45番目の白紙は徐々に普及していった                 しかし、明かり障子は風雨の激しい時には、障子の下の部分が濡れて破れ易いため、その際には半蔀戸を釣って内側に明かり障子を立て、下半分の蔀戸は立て込んだまま使用していた。こうした状況から、明かり障子の下半分に板を張った半蔀戸と同じ高さの腰板付きの障子が考案された。 鎌倉時代以降、書院造の普及につれて、明かり障子も普及し、『大乗院寺社雑事記』には、障子用として厚紙130枚を使用したという記録があり、歳末に障子紙を張...

whitepaperlab実験 | 2011.04.24 Sun 13:59

whitepaperlab実験-43

whitepaperlab実験の43番目の白紙は明かりを通す                 一本の樋(溝)を設けて落とし込み、取り外し可能な張り付け壁の副障子が基となり、後に鴨居と二本の樋を設けて開閉して通り抜けが可能な、通入障子(鳥居障子)が発明され、更に遣戸や襖障子に発展し、遣戸は廊下と室内の間仕切りに、襖障子は室内の間仕切りに使用された。 明かり障子 明かり障子の優れている点は、壁や遣戸のように外界とは遮断せずに、外界の雰囲気を光と影で取り入れて、住人に自然の暖かみを与えている事である。遣戸は、開...

whitepaperlab実験 | 2011.04.24 Sun 13:57

whitepaperlab実験-42

whitepaperlab実験の42番目の白紙には絵が描かれている                 平安時代の貴族の邸宅は寝殿造であり、大広間様式で構造的な間仕切りがなく、開口部には蔀戸が設置され、内部は衝立・御簾・几帳・屏風・遣戸・襖障子などの間仕切り(障子)でスペースを区分けして使用し、それらの障子には、絹布・麻布・葛布などを張り、その上から仏画・唐絵・大和絵を描いた。 これらについては『源氏物語』や『源氏物語絵巻』、『餓鬼草紙』、『病草紙』、『春日権現験記絵』、『法然上人絵伝』、『一遍上人絵伝』などに...

whitepaperlab実験 | 2011.04.24 Sun 13:56

whitepaperlab実験-41

whitepaperlab実験の41番目の白紙は風を防ぐ                 夏に高温多湿であるのが日本の気候の大きな特徴であり、ゆえに『徒然草』にも「家の作りようは 夏をむねとすべし」とあるように、夏に快適な生活が出来る住宅作りが、古来よりなされてきた。 材料が豊富にあるのと、湿度の調節が可能であることから、日本の家屋は木材と草と土と和紙によって造られている。高床式の基礎構造に、高い茅葺きの屋根、長い庇、泥壁に畳、和紙を貼った木製の建具。これらは全て天然素材で、湿度が高い時には湿気を吸収し、湿...

whitepaperlab実験 | 2011.04.24 Sun 13:54

whitepaperlab実験-40

whitepaperlab実験の40番目の白紙は文化を支えてきた                 そこで製紙された薄墨紙(水雲紙)は旧・久の意味を持つ「宿」の字を冠して「宿紙」と呼ばれるようになり、もはやかつての高級紙の面影は失われた。 こうして、和紙技術の普及という当初の使命を果たした紙屋院は、南北朝時代に廃止された。 武家文化と和紙の変容 -鎌倉時代- 文治的な朝廷から、鎌倉幕府が成立して質実剛健な武士に政権が移行すると、紙の消費層が公家や僧侶から武士に広がって、華やかな薄い紙よりも厚くて実用的な丈夫な紙...

whitepaperlab実験 | 2011.04.24 Sun 13:52

whitepaperlab実験-39

whitepaperlab実験の39番目の白紙は製紙工場でつくられた                 文化財 和紙を使用したこの時代を代表する文化財として、装飾経や絵巻物が挙げられる。 薄墨紙の登場 [編集] 大量生産されていたと言っても、和紙はまだまだ貴重品であり、贈答品としての価値があったほか、一度使用した古紙を漉き返して再利用する薄黒紙が普及した。 880年に藤原多美子が崩御した清和天皇からの手紙を集めて漉き返し、その紙に法華経を写経して供養している(日本三代実録)。この時代には脱墨技術はないので、漉き返し...

whitepaperlab実験 | 2011.04.24 Sun 13:51

whitepaperlab実験-38

whitepaperlab実験の38番目の白紙は色紙に使われた                 墨流しとは、墨滴を水面に落とし、その上に松脂を落として墨を散らせ、これを繰り返して息を吹きかけ、水の流れを表現した墨汁の紋様を、雁皮紙で吸い取って写す技法である。 切り継ぎとは、紙を斜めに切断し、切り口を少しずらして重ねて糊付けする技法である。 破り継ぎとは、様々な形に破った紙を糊付けし、長い繊維の足が不規則な形を作る面白味を演出する技法である。 重ね継ぎとは、数枚の紙を少しずつずらして糊付けする技法で、濃淡に着...

whitepaperlab実験 | 2011.04.24 Sun 13:49

whitepaperlab実験-37

whitepaperlab実験の37番目の白紙は貴族に愛された                 貴族は常に懐に紙を畳んで入れ、ハンカチのような用途の他に、菓子を取ったり、盃の縁をぬぐったり、即席の和歌を記すなどの用途にも使用し、当時の貴族の必需品であった。 懐紙は「ふところがみ」や「かいし」、また、畳んで懐に入れる所から「たとうがみ」と称し、後には和歌などを正式に詠進する詠草料紙を意味するようになった。 男性は檀紙を、女性は薄様の斐紙を使用するのが慣習となり、正式の詠草料紙には色の違う薄様を二枚重ねて使用し...

whitepaperlab実験 | 2011.04.24 Sun 13:48

whitepaperlab実験-36

whitepaperlab実験の36番目の白紙は一時流行したよ                 この時代の貴族階級では、漢字を使用する男性は穀紙、かな文字を使用する女性は檀紙を使用した。この時代の檀紙は真弓ではなく、楮から製造されたという説もあるが、『源氏物語』や『枕草子』に檀紙に関する記述が見られる。 また、檀紙は表面に繭のような荒くて艶のある皺が波打っている所から松皮紙とも呼ばれ、鎌倉時代に中国へ逆輸入された。 かな文字と手紙 この時代の女性は、手紙を薄い色紙を二枚重ねて仮名文字で書き、末尾には性別を問...

whitepaperlab実験 | 2011.04.24 Sun 13:45

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8 >

全73件中 1 - 10 件表示 (1/8 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!