• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

海外進出

このテーマに投稿された記事:62件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c13/24437/
海外進出
このテーマについて
情報化社会の進展でいろいろな人がいろいろな国や地域に行き企業活動をする時代になってきました。日本には優れた技術に培われた製品やサービスを提供する中小企業がたくさんあります。国境という概念を超えたグローバルな思考で海外市場に果敢に挑戦する参考事例、ノウハウや有益情報、海外ビジネス事情等を共有しましょう。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「kimkimjgs」さんのブログ
その他のテーマ:「kimkimjgs」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7 >

進出形態?現地法人の設立(事業内容を決定する)

JUGEMテーマ:海外進出     今日は、実際に現地法人の設立(登記)についてお話したいと思います。   現地法人としてベトナム進出を考える場合、まず始めに理解しなければいけない事があります。 それは、ベトナムが「社会主義国」だという事です。 つまり、日本と比べ、思想の自由や集会の自由には制限があります。 また、発展途上国ということもあり、国内産業保護の観点から、 外国からの企業の進出に制限を設けています。   反対に、外国資本が一切入らないローカル企業で...

ベトナム進出検討中の日系企業向け、現役コンサルタントのブログ | 2017.11.14 Tue 19:18

事前に決めないといけない事:進出形態 ?現地法人の設立(最低出資金/資本金)

JUGEMテーマ:海外進出   今日は、現地法人設立の中でも、多くの出資家が気になる、最低出資金(資本金)のお話をしたいと思います。 先に種を明かしておくと、 【最低出資金額】という制度は、ベトナムにはありません!(※1) (※1)不動産、カジノ、人材紹介、学校等、一部の業種には最低資本金(デポジット)の設定があります。   「なーんだ、じゃあ10万円でスタートしてもいいの?」と、いきたいところですが、そうは行きません。 「じゃあ、どれくらい必要なのか?」という質問を頂くのですが、金...

ベトナム進出検討中の日系企業向け、現役コンサルタントのブログ | 2017.11.07 Tue 17:19

事前に決めないといけない事:進出形態 ?現地法人の設立(会社形態の違い)

JUGEMテーマ:海外進出   さて、進出の一番メインのお話ですが、現地法人を設立(法人登記)をする形での進出についてお話したいと思います。 このトピックだけで、いくらでも書けそうな気がしますが、今日は一番基本的な会社の形態を解説したいと思います。   ベトナムの進出形態 拠点を持たずに進出(取引形態) 駐在員事務所(REP OFFICE)の設立 現地法人の設立 支店の設立 PPP契約(Public Private Partnership)やBCC契約(Business Co-operation Contract) 現地法人(会社)は...

ベトナム進出検討中の日系企業向け、現役コンサルタントのブログ | 2017.11.03 Fri 18:46

事前に決めないといけない事:進出形態 ?拠点を持たずに進出(取引形態)

JUGEMテーマ:海外進出 海外進出と言っても、進出形態は必ずしも1つではありません。 現在の状況や目的に応じて、自社にあった進出形態を探すのも海外展開を成功させる上で重要なポイントとなります。 各国、選択できる進出形態は異なりますが、ベトナムの場合、大きく分けて5つの形態に分類されます。   ベトナムの進出形態 拠点を持たずに進出(取引形態) 駐在員事務所(REP OFFICE)の設立 現地法人の設立 支店の設立 PPP契約(Public Private Partnership)やBCC契約(Business Co-operat...

ベトナム進出検討中の日系企業向け、現役コンサルタントのブログ | 2017.11.03 Fri 11:31

今からだと遅い?ベトナム進出する前に知っておきたいこと

JUGEMテーマ:海外進出 ベトナムのイメージって何でしょうか? フォー、生春巻き、アオザイ、田園都市といったキーワード・・・?   それだけじゃないんです! 若い人口、豊富な労働力、安い賃金、これから開拓されるマーケット、東南アジア諸国へのアクセスの良さ、チャイナ+1、優遇税制、技能実習生、共産党一党の安定した政治、親日国家、などをキーワードに、 近年、ベトナム進出案件のご相談が日々増えています。   肌感覚なのですが、コンサルタントをしていて、特に、こんな案件が多いな〜...

ベトナム進出検討中の日系企業向け、現役コンサルタントのブログ | 2017.11.03 Fri 11:30

事前に決めないといけない事:進出形態 ?駐在員事務所の設立(Representative Office:REP)

JUGEMテーマ:海外進出   今日は、進出形態の内、駐在員事務所の設立についてお話したいと思います。   ベトナムの進出形態 ・拠点を持たずに進出(取引形態) ・駐在員事務所(REP OFFICE)の設立 ・現地法人の設立 ・支店の設立 ・PPP契約(Public Private Partnership)やBCC契約(Business Co-operation Contract)   駐在員事務所の事を英語ではRepresentative Officeと呼びますので、現地ではREPとかROと省略したりします。 REP(レップ)と言われたら、「ああ、駐在員事務...

ベトナム進出検討中の日系企業向け、現役コンサルタントのブログ | 2017.11.02 Thu 19:28

Japanブランド海外進出の死角

JUGEMテーマ:海外進出     先週末のイースター3連休、義父母も一緒にマレーシア有数の観光地、マラッカに家族旅行をしてきました。   マラッカはマレーシアの首都クアラルンプールから約150?。ポルトガル、オランダ、イギリスの植民地として文化的影響を受けた歴史をもち、ペナンと並び華人が多いことでも知られます。フランシスコ・ザビエル教会などエキゾチックな街並みが評価されて2008年にユネスコ文化遺産に指定されて以来、マレーシアを代表する観光地にもなっています。   我...

ASIAN NOMAD LIFE | 2017.04.19 Wed 19:38

海外輸出の成功方程式?

成功方程式の3つのステップ「要素x条件x人間」の最後は「人間」です。   1.海外の取引先との信頼関係 ・メーカーと海外取引先(輸入卸業者、小売店、飲食店等)の人間関係が大切。 ・取引先は商品以外に、会社の理念、歴史、経営者、社員、社風等をみて判断すべし。   2.経営者 ・最初から黒字は困難。 海外出張、商品案内作成、試食サンプル、調理デモ等の費用が必要。 ・経営者が輸出に強い意欲をもち、必要経費・スタッフ確保の姿勢が必要。 売れない理由は現地ニーズへの対応が不十...

海外進出・海外展開サポーターのブログ | 2016.06.26 Sun 14:48

海外輸出の成功方程式?

成功方程式?からの続きです。 5.輸出業者、輸入卸業者の選択の詳細は以下の通りです。   ◆海外の小売店・飲食店は、一部を除き直接輸入はしない。 現地の輸入卸業者が在庫をもち、小売店・飲食店の注文に応じて配送する。 在庫管理は輸入卸業者の重要な役割となる。   ◆アジアについては、輸入業者が卸業務を兼ねる場合が多い。 欧米は輸入業者と卸業者(ディストリビューター)が分かれる場合が多い。   ◆輸入卸業者はオールマイティではないので注意。 商品カテゴリー、温度帯...

海外進出・海外展開サポーターのブログ | 2016.06.18 Sat 11:23

海外輸出の成功方程式?

次の「条件」には5つあります。 1.価格 高価格購買層は限られる。 富裕層でも商品ニーズが無ければ購入しない。 富裕層以外でも商品ニーズがあれば購入するが、購入しやすい価格の設定が重要。 2.代金回収と与信管理 魅力的な引き合いであっても代金回収の不安があれば商談を進められない。 不安を抱えて進めると大損失の可能性あり。 与信管理は非常に重要。 3.物流 常温、低温、定温、冷凍の4温度帯管理が必要。 常温商品は混載ベースで出荷可能。 冷蔵・冷凍商品は一般に混載サービスがなく、コンテナ1...

海外進出・海外展開サポーターのブログ | 2016.06.11 Sat 16:29

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7 >

全62件中 1 - 10 件表示 (1/7 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!