• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

海外進出

このテーマに投稿された記事:115件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c13/24437/
海外進出
このテーマについて
情報化社会の進展でいろいろな人がいろいろな国や地域に行き企業活動をする時代になってきました。日本には優れた技術に培われた製品やサービスを提供する中小企業がたくさんあります。国境という概念を超えたグローバルな思考で海外市場に果敢に挑戦する参考事例、ノウハウや有益情報、海外ビジネス事情等を共有しましょう。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「kimkimjgs」さんのブログ
その他のテーマ:「kimkimjgs」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

海外販路開拓の意義?

日本の人口は減少局面を迎えているとともに、その構成も変化しています。 内閣府の資料によると、 2013年の日本の生産年齢人口(15〜64歳)割合は、約62.1%。  高齢化率(65歳以上の人口割合)は、25.1%=なんと、約4人に1人。 日本では、世界最速で少子高齢化と人口減少が進んでいます。 2014年時の日本の平均年齢は45歳! この傾向は今後も続き、2012年時の推計値では2060年の生産年齢人口割合は、50.9%にまで落ち込み、高齢化率は39.9%となっています。 人口が減少するとともに少子高齢化が進む...

海外進出・海外展開サポーターのブログ | 2015.12.29 Tue 15:24

海外販路開拓の意義?

一般的な事業の場合、数量x単価というのが売上高を算出する単純な計算式となりますが、国連の人口統計・推計2012や日本の国勢調査による数字で考えてみると以下のようになります。 ◆2015年 世界の人口 73億2500万人  に対する日本の人口 1億2700万人 → 1.73% 日本の国内市場だけで商売をされている企業様(例えば飲食業の方等)は、世界の僅か1.73%という小さな市場の中でのみ、事業を展開されているということになります。 人間の胃袋は人の数だけあります。 ごく近い将来、35年後の2050年には、 ◆2050年...

海外進出・海外展開サポーターのブログ | 2015.12.24 Thu 11:35

アメリカナイズ

先日のJETROセミナー報告の続きです。 日本で販売している商品をそのままの状態で売れるにこしたことはありませんが、アメリカ市場で大きな成功を収めるためにはやはりアメリカの消費者向けに、色やサイズ、デザインや機能、包装、説明書等をカスタマイズする必要があります。 成功事例として披露された事例では、 ◆お弁当箱(ランチボックス) ・日本では、和のデザインを取り入れ、イラストもはいって可愛い雰囲気。 ・アメリカでは、トレンド色を取り入れ、シンプルで統一されたデザインにすることでカラーバリエーショ...

海外進出・海外展開サポーターのブログ | 2015.12.13 Sun 10:34

「北米ゲートウェイ」

経済産業省の通商白書2015によると、日本の主要輸出先は米国と中国です。 2012年以降は中国がほぼ同規模で肩を並べるようになってはいますが、1990年代に遡ってもずっと米国が最大の輸出先の地位を守っています。 先日開催されたJETROのセミナーでは、「北米ゲートウェイ」ビジネスモデルという概念が説明されました。 それは、 ・事業のグローバル展開を計画するなら米国でビジネスを立ち上げるのが近道。 ・米国で売れる商品は世界で売れる。 ・米国で確立したビジネスモデルは、グローバルに通用する。 というもので...

海外進出・海外展開サポーターのブログ | 2015.12.07 Mon 09:15

「Made in Japan」の看板に頼るのはもうやめよう。

JUGEMテーマ:海外進出 先日、ある日本人デザイナーの方とお話ししていて少し驚いたことがあります。 彼女は最近、ヨーロッパでの日本製品のプロモートをするエキシビションに参加し、その足で自分自身でもいろいろなショップに精力的に営業してきたばかり。現在はそのうちの一店と商談を進めているそうです。 彼女の作る商品は日本独自の素材を使いつつ作成技術の勉強も怠らず、しっかりした技術とセンスに裏打ちされた、とても魅力的なものばかりです。ところが彼女は「やっぱり『Made in Japan』というとみんな『いいねー』っ...

ASIAN NOMAD LIFE | 2015.07.14 Tue 22:03

EU指令

  海外に商品を販売するためには、販売しようとする国の各種規制や法令を調べ、それに順応させる必要があります。 例えば、欧州連合には「EU指令」というものがあり、企業活動において守るべきことが明記されています。   「EU指令」とは、加盟国に対してある目的や水準の達成を求めるものの、その具体的な方法までは定めていないような法の形態で、RoHS指令(有害物質使用制限指令)等もその一つです。   JUGEMテーマ:海外進出

海外進出サポーターのブログ | 2015.07.12 Sun 11:28

残留農薬の把握

先日、工芸茶の海外での販路開拓のご相談がありました。 専用ポットに入れた茶葉にお湯を注ぐと花が咲く姿が楽しめるものです。 嗜好品なので欧米先進国を想定しているとのことでしたが、フランスやイタリアなどのEUでは、特に緑茶に対する輸入規制はありませんが、EU指令で特定の食品添加物の使用禁止や残留農薬の最大許容量の基準が設けられています。   茶葉に対しては多くの残留農薬基準が定められていますので、輸出する側がまずはそれらの基準数値をきちんと示せるようになっていることがスタート地点となります...

海外進出サポーターのブログ | 2015.06.28 Sun 17:23

視察用の車手配(バンガロール編)

先日お客様より、インド南部・カルナータカ州の州都バンガロールにおける専用車手配について見積りのご用命がありました。 内容は、「バンガロール市内視察で8時間借上げ。 宿泊ホテルは未確定だが、視察訪問先は日系企業を予定しているため、英語対応可能なドライバーが手配できればコスト削減のため日本語の随行通訳やガイドの手配は不要」というものでした。 しかし、インド・バンガロールのドライバーは基本的には英語を解さない、カタコトを話せたとしても訛りがひどくて我々日本人とのコミュニケーションが取りにくいと...

海外進出サポーターのブログ | 2015.05.31 Sun 11:00

1日15分、3,996円でTOEIC700点のビジネス英語をマスターする方法

JUGEMテーマ:海外進出 最近、私の周囲でも「海外営業でどうしても英語が必要なので、英会話学校に通って必死に勉強している」と嘆くビジネスマンが増えてきました。   通常の量の仕事をこなしながら何とか時間を捻出して学校に通い、家族との時間や睡眠時間を削ってまで勉強する努力には頭が下がりますが、同時に、もっと時間やお金をかけずに簡単に実践でビジネス英語をマスターできる方法があるのに、と残念に思います。   ただでさえしなければならないことが山のようにあるビジネスマンが必要に迫られてビジネス英...

ASIAN NOMAD LIFE | 2015.05.30 Sat 14:00

「ぬるいスープ」でシンガポールを席巻した日本ラーメン〜海外市場で日本商品を売るポイント

JUGEMテーマ:海外進出 ■シンガポール進出の日本ファッションブランドは死屍累々 ここ数年、シンガポールではユニクロをはじめ日本の大手ファッションブランドが大挙してシンガポールに上陸しました。   現在のシンガポールは1人あたりGDPが日本を大きく上回り、居住人口は500万人超ですが、その約3倍の観光・ビジネス客の需要が見込め、市場としては「東南アジアのショーウィンドウ」的な役割を果たしています。これを狙って、日本の「カワイイ」ファッションをアピールしようと、さまざまなブランドが進出。マスコミでも大...

ASIAN NOMAD LIFE | 2015.05.28 Thu 07:33

このテーマに記事を投稿する"

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

全115件中 71 - 80 件表示 (8/12 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!