• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

海外進出

このテーマに投稿された記事:115件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c13/24437/
海外進出
このテーマについて
情報化社会の進展でいろいろな人がいろいろな国や地域に行き企業活動をする時代になってきました。日本には優れた技術に培われた製品やサービスを提供する中小企業がたくさんあります。国境という概念を超えたグローバルな思考で海外市場に果敢に挑戦する参考事例、ノウハウや有益情報、海外ビジネス事情等を共有しましょう。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「kimkimjgs」さんのブログ
その他のテーマ:「kimkimjgs」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

海外での通訳手配(その2)

海外で視察訪問や商談をされる際の内容が重要な商談や専門用語が飛び交う会議、講演だったりしますと、正式な“通訳”を手配する必要がありますが、そのやり方によっていくつかの種類がありますのでご紹介致します。 ◆同時通訳 その名称の通りほぼ同時に通訳する方法です。 通訳者に高度な語学力や集中力が必要となりますが、話し手や聴き手は限られた時間を有効に使い、ほぼリアルタイムに相手と意思疎通がはかれます。 大がかりな国際会議やセミナーでは、イヤホン等の音声受発信機器を利用することが多いです。 ...

海外進出サポーターのブログ | 2015.05.24 Sun 10:16

海外での通訳手配(その1)

当社では、海外で視察訪問や商談をされる際等に、お客様から日本語の通訳者手配のご依頼をよくお受けします。 但し、一口に“通訳者”といっても多様な種類やレベルがありますので、ご訪問先、当日の応対者、ご訪問の目的等をよくお聴きして、最適な人材・コストのご提案をさせていただく必要があります。 一般的な企業訪問の場合、当日の応対者様が日本語を理解できる方なのか、そうでない現地の方なのかでまず違ってきます。 現地に赴任されている日本人駐在員の方等のご対応ですとお客様同士が日本語でやり...

海外進出サポーターのブログ | 2015.05.16 Sat 13:57

視察用の車手配(ホーチミン編)

ベトナムのホーチミンで視察用車両を手配する場合、仮に100 USD(1日8時間/セダンの場合)という見積りが現地から来た場合、必ず「市内中心部のみの場合」という但し書きがついてきます。 この市内中心部というのは通常、1区・3区・4区・5区 の観光エリアを指す言葉で、主な日系会社やベトナム官公庁はほぼこの中に属しますが、 E-TOWNや物流系会社は空港付近に多く、大学や工業団地、大型スーパー(イオンモール、ロッテ、BIG C等)も郊外にあるため、それらを訪問される場合には追加料金が発生することになります。   ◆...

海外進出サポーターのブログ | 2015.05.12 Tue 10:18

タブーな話題

春はフレッシュマンを多く目にします。 新たに就職した人、来春に向けて就活をする人・・・・・皆、よく似た出で立ちなのですぐ判ります。 「社会のルールを守り、他人と調和を図りながら自立して生きる人」、私は“社会人”をそう定義付けています。 その他人と調和を図らねばならない社会にはタブーが存在します。 触れてはいけない話題ややってはいけない行動等がそうで海外ビジネスでも基本は同じだと思っています。 仕事上のコミュニケーションでは配慮を欠いた失言等がすぐに自身や自社の不利益に...

海外進出サポーターのブログ | 2015.05.09 Sat 10:14

コーシャ

“ハラール認証”については前回のコラムでご紹介しましたが、ユダヤ教の戒律に沿った「コーシャ認証」という言葉もあります。    コーシャは豚肉が含まれる食品を禁止し、その他肉類も完全に血抜きされた一定の食肉処理を施されたものに限るなど、ユダヤ教の戒律に沿った制度で、生産工程が厳格に管理されています。   アメリカでは健康志向からユダヤ教徒以外でもコーシャ認証の食品を買う人が増えており、コーシャ食品の消費者は1,200万人以上ともみられています。   イスラエルのテルアビブ...

海外進出サポーターのブログ | 2015.05.07 Thu 09:25

ハラールとは?

自社の商品やサービスを海外に展開する際には、現地市場のマーケティング等が重要になりますが、特にイスラム圏で食品等を販売しようとする場合には、“ハラール”という言葉を知っておく必要があります。 “ハラール”とはイスラム法で「合法的なもの」「許されたもの」というような意味で、その逆のものを“ハラーム”といいます。 食品で“ハラール”といえば「食べることを許されたもの」となります。 イスラム法のもとでは、豚肉や血を口にすることはできませんし、それ...

海外進出サポーターのブログ | 2015.05.05 Tue 12:35

助成金の活用!

中小企業では方向性の定まらない海外進出に多額な投資をおこなったり、専門の社員を配置したりはなかなか難しいものですが、現在では日本政府も中小企業の海外進出の後押しに力を入れ始めてくれていますので、そういった各種助成金制度を活用して費用を抑えるという方法もあります。 ここでは、今日現在又は今後二次公募等のある主な事業を3つだけ取り上げておきます。   ◆平成27年度海外ビジネス戦略推進支援事業 http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/fs/boshu.html 独立行政法人中小企業基盤整備機構−海外市場に活路...

海外進出サポーターのブログ | 2015.05.03 Sun 10:56

めぐり逢い

海外に進出する場合、いろいろな人が目の前に現れると思います。 私共のようなサポーターやコンサルタント、弁護士・会計士等士業の方々、不動産仲介や人材紹介業者、現地側パートナーや従業員、金融機関や政府機関の方、etc. 事業の成功のためには、共有する目的に対して真摯に力を注いでくれる人といかにめぐり逢うか、またはそのような人物を見極めるかが非常に重要だと思います。 人は外見では判りにくく、暫く行動を共にしてみないとその方の考え方や価値観は見えてこないものです。  先日、カンボジアに住んで...

海外進出サポーターのブログ | 2015.05.01 Fri 08:26

大義とは

新たなご相談を頂戴した時に内心よく考えることがあります。 お客様の事業の“大義”の有無です。 Goo辞書を紐解くと“大義とは” 人として守るべき道義や重要な意義。大切な事柄。 と解説されています。 海外に進出するにしても、海外に販路を開拓するにしても、この大義が無ければその商品やサービスが現地で受け入れられることは難しいと個人的には思っています。  仮に一時的に何らかの追い風にのって受け入れられたとしても、持続可能な成長を実現することは難しいのではないでしょ...

海外進出サポーターのブログ | 2015.04.29 Wed 09:42

医療ツーリズム

先日のお客様のご相談は以下のようなものでした。 −現在、日本国内で美容クリニック事業を展開しているが、中国からのお客様が年々増加傾向にある。 但し、中国からの来院客の季節波動のこと、尖閣問題等で急減する可能性がある政治リスクを考慮すると、アジアの他の国や地域から集客できるルートを開拓しておきたい。 現地で海外顧客の集客や相談対応をし、確実な来日と日本語通訳者同行アレンジまでをおこなっていただける代理店を開拓したい。− いわゆる居住国とは異なる国に出向いて診断や治療を受けるという“医療...

海外進出サポーターのブログ | 2015.04.26 Sun 10:54

このテーマに記事を投稿する"

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

全115件中 81 - 90 件表示 (9/12 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!