• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

旅行記

このテーマに投稿された記事:711件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c147/5396/
旅行記
このテーマについて
印象に残っている旅行の思い出。
残しておきたい旅行レポート。
過去に行った忘れられない風景。

旅行記のようなものだったら何でもOK!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「keijou6」さんのブログ
その他のテーマ:「keijou6」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019 その(10) 海べりの別荘風建物に宿泊

 マティ飛行場を見学してからマティ市郊外にある海岸へ向かうが、海沿いの道路の海側には別荘風の建物が連なり、反対側は鬱蒼とした椰子林が広がる。 【写真−1 こういうプールは泳ぐというより水の涼しさを得るためにある】  マティ市のある東ダヴァオ州は『ココナッツ州』と呼ばれるように椰子の樹が多く植えられ、途中通過した北ダバオ州やコンポステラ・バレー州が『バナナ州』と呼ばれるているのと対を成す。  写真−1が地元の知人を通じて用意してくれていた貸別荘で本日の宿泊場所になる。  300坪くらいの敷...

セブ島工房 | 2019.09.25 Wed 22:07

令和元年秋湯旅・3 田澤旅館ほか(青森県弘前市・つがる市・板柳町)

JUGEMテーマ:旅行記 道南の名湯を2箇所巡った初日。 2日目は早くも北海道に別れを告げ、青森へと戻る。今日・明日の津軽平野温泉銭湯巡りが今回の旅のメインとなる。   知内温泉の送迎ワゴンで木古内駅まで送っていただき、9時48分のはやぶさ号に乗車。朝食は北海道の名物コンビニ・セイコーマート(略称セイコマ)の「ホットシェフ」おにぎりだ。     その名の通り握りたて感覚のホカホカおにぎり。具はタラコ・筋子の魚卵系で揃えてみました。少々値は張るがまぁ許容範囲内。こいつ...

鄙旅(ひなたび) | 2019.09.19 Thu 13:35

令和元年秋湯旅・2 知内温泉ユートピア和楽園(北海道知内町)

JUGEMテーマ:旅行記     湯ノ岱温泉の余韻に浸りつつバスで木古内へと戻る。   今度は松前行きのバスに乗り換え、知内町へと向かう。地図をぱっと見て一番わかりやすい印象は「青函トンネルの出口がある町」だ。ここから湯ノ岱よりはちょっと近く、時刻表によれば30分前後。   「湯の里入り口」バス停で降車。さて、ここから10分ちょいの歩き…と思っていたが、道路の向こう側に知内温泉と書かれたシルバーワゴンの送迎車が。     一緒にバスを降りた他客3...

鄙旅(ひなたび) | 2019.09.09 Mon 16:30

初めての船旅(ダイヤモンド プリンセス)

JUGEMテーマ:旅行記   2019年4/27~5/2の6日間、横浜港から韓国釜山へ その後長崎へ寄港して、横浜港に 帰りました。 ダイヤモンドプリンセスは約11万5千トンの大きなクルーズ船です。 乗客は2700人くらい乗れますが、ほとんど満員でした。95パーセント位の乗客は 日本人でした。 1日目は午後乗船すると、17時に横浜港を出港しました。 部屋はビジネスホテルよりは広めでした。 クローゼットに荷物を収納したら、すぐに避難訓練がありました。 この夜は東京湾から、太平洋に出た...

多摩川べりのスローライフ | 2019.09.06 Fri 17:35

令和元年秋湯旅・1 湯ノ岱温泉・国民温泉保養センター(北海道上ノ国町)

JUGEMテーマ:旅行記   ただいま鄙旅中。今回は旅の道すがら、リアルタイムでお送りいたしましょう。           朝6時に東京駅を出発した東北・北海道新幹線はやぶさ号は秋曇りのみちのく路を疾走。10時過ぎに道南・木古内駅に到着した。車中では旅前の残務を片付けたり、駅弁をツマミに軽く呑んだりで、あっという間の4時間。   9月に入った北海道は、首都圏のような湿度はなく、爽やかなる秋の気候。 真新しい駅前には、バス停がいくつかのロータリ...

鄙旅(ひなたび) | 2019.09.06 Fri 12:18

何もない島にあるのは興奮の絶景温泉〜薩摩硫黄島

JUGEMテーマ:旅行記   ここ数年で、自分的に興味を持てる離島へは行き尽くした感もあるが、中でも最も鄙びた島はと問われれば迷わずここ!と即答したいのが鹿児島県・薩摩硫黄島だ。   別名鬼界ヶ島。鹿児島港から週4便の三島村営フェリーにて約4時間。 国内最後の秘境・十島村(トカラ列島)への前哨戦として向かったのは2018年5月のことであった。 そういえば前年5月には伊豆諸島の孤島・青ヶ島へ。 海が安定し、全国の離島航路で最も平均就航率の高い月なので、ついつい渡航難度の高い島へ...

鄙旅(ひなたび) | 2019.09.01 Sun 11:58

ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019 その(7) 大雨の夜半に北ダヴァオ州の州都マティ市に到着

 山から降りてきた途中、写真−1の蜂蜜を売る人が歩いていた。 【写真−1 この地域には山に住む少数民族が多い】  プラスティックのバケツの中に並々の蜂蜜が入り、その上に蜂の巣が蓋の様に乗っていて、蜂がその上に集っている。  蜂の姿は日本で見る蜜蜂とは違い細長く、ミンダナオ島で見られる種類のようだ。  フィリピンに養蜂産業があるとはあまり聞かないので、半分自然な状態の蜂の巣を採集して蜜を採っているのように思うが、はっきり分からなかった。  天然の蜂蜜は純度が良いと、成分のブドウ糖が...

セブ島工房 | 2019.08.29 Thu 23:52

ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019 その(6) 北ダヴァオ州西端にある山の中の町へ行く

 前掲その(5)の場所から山に伸びる道を進むと、それまで平らであった道が急勾配になった。 【写真−1 こういう工事を見ると土木業の仕事というのは途切れない】  写真−1は途中の山側を切り崩して道を広げている様子で、かなり大掛かりだが、切り崩された崖の地層を見ると、砂の層に小さな石が混じったような感じで、工事はやり易いが大雨時には脆く崩れ易いのではと思った。  それにしてもそれほど大きな町があるとは思えない地域に、このような拡張工事が行われているのは不思議だが、この道の先はミンダナオ島中...

セブ島工房 | 2019.08.21 Wed 19:19

ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019 その(4) ダヴァオ市から東ダヴァオ州へ向かう

 ダヴァオ市は特別市になっているがダヴァオ・デル・スール州(南ダヴァオ州)にある。 【写真−1 フィリピン人の食習慣を掴んでマクドナルドを凌ぐジョリビー】  ダヴァオ州と名前が付く州は東南北と3州あって、今回向かうのはダヴァオ・オリエンタル(東ダヴァオ州)の州都Mati(マティ)市で、ダヴァオ市からダヴァオ・デル・ノルテ(北ダヴァオ州)に北上し、コンポステラ・バレー州を経て東ダヴァオ州に至る。  空港からヴァンに乗って目的地へ向かい簡単な腹ごしらえをするために写真−1の『ジョリビー』に寄る。...

セブ島工房 | 2019.08.13 Tue 20:45

ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019 その(1) マクタン−セブ国際空港にて

 4回目のダヴァオ行きだが、空路利用は3回目、残る1回は船旅であり、セブ−ダヴァオ間の飛行便はいくつかの航空会社が複数飛ばしていて、その所要時間はたったの35分で、セブ−マニラ間の飛行時間の半分しかかからない。 【写真−1 こちらは国内便専用でダヴァオ行きは2番目に表示】  写真−1はマクタン−セブ国際空港のダヴァオ行き搭乗ゲート案内口で、今しも搭乗が開始される直前の様子。  今回利用したのはフィリピン航空だが、この会社の略称は『PAL』でPはPhilippineseのPだがAはAllways、Lは Lateで『いつも遅れる...

セブ島工房 | 2019.08.10 Sat 20:44

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全711件中 11 - 20 件表示 (2/72 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!