• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

旅行記

このテーマに投稿された記事:711件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c147/5396/
旅行記
このテーマについて
印象に残っている旅行の思い出。
残しておきたい旅行レポート。
過去に行った忘れられない風景。

旅行記のようなものだったら何でもOK!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「keijou6」さんのブログ
その他のテーマ:「keijou6」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

パラワン島紀行 2018年 その(16) アイランド・ホッピングー有名な入り江でのカヤッキング

【写真−1】    写真−1はアイランド・ホッピングに使われている船の操縦席の様子。金属製の舵輪と右下にエンジンのアクセル・レバーが見える。航行に必須のコンパスなどないが、近場の島と海岸伝いなので航海計器など必要なく、何かあったら携帯電話で連絡か。   【写真−2】    昼食後の次に向かったのが有名な入り江で、写真−2はその入り江。右手の方に入り江の入口があるが、ここも同じような時間帯で船が動いているので、船を泊めるのに場所取りが大変。繁忙期にはこの何倍も船が押し寄...

セブ島工房 | 2019.04.23 Tue 21:24

パラワン島紀行 2018年 その(15) アイランド・ホッピングー砂浜に上陸して昼食

【写真−1】    アイランド・ホッピングは昼食、飲み物付きのツアーで、20人くらいを乗せてエル・ニド沖の島をいくつか回り、昼食は砂浜に上陸して摂る。写真−1は砂浜前の沖合で、船のコースは同じなので昼食時にはどこに停めるか場所取りで大混雑。   【写真−2】    船は砂浜に乗り入れないので、写真−2のように沖合いから水に入って砂浜を目指す。水中の足元は珊瑚の岩が重なり歩きにくく、中には胸元まで深い場所もある。水の色は天候の悪さもあり少し冴えないが、時々顔を出す陽の加減...

セブ島工房 | 2019.04.15 Mon 20:37

パラワン島紀行 2018年 その(14) 台風が接近する中、アイランド・ホッピングへ

【写真−1】    台風がパラワン島北方に近づいているが、この日はアイランド・ホッピング用の船が出そうなので申し込む。結果的にあくる日は出港停止措置が取られていて、この日は正解。写真−1は帰ってきた時のものだが、胸まで水に漬かって船に乗り降りする。   【写真−2】    船に乗り込んでからエル・ニドの町側を写したのが写真−2。出港時間は遅かったので停泊する船は少なく見えるが、普段はかなりとりどりの船が密集して停泊している。少しくらいならともかく、海岸から見ると景観を...

セブ島工房 | 2019.04.02 Tue 22:32

Day4(大津市−甲賀市)2018/4/19

Day4(大津市−甲賀市)2018/4/19 36km  4時間    『大津宿』の旧街道は石山へと続きます。昔ながらの道を進むと、唐橋に到着。中州にはあみ定がありました。    このまま『草津宿』へと進路をとるつもりが、気が付けば何故か東名高速の下。どうやら道を間違えてしまったようです。  この時、引き返せばよかったのですが、地図を見ると水口まで行けそうで、このまま進路を進んでしまいました。  これが大きな失敗でした。  起伏のある坂道に、店一つない田舎道。何度も自転車を押し、つまら...

若山舵のブログ(和歌山と日本を愛する若山舵が行く) | 2019.04.02 Tue 18:41

パラワン島紀行 2018年 その(13) フィリピン有数の財閥が所有、開発するビーチへ

【写真−1】    エル・ニドの町に向かって戻る途中に写真−1のビーチがある。ここに至る幹線道路沿いには綺麗に造られたフェンスが延々と続き、最初は公有地かと思っていたが、道路から入るとビーチ側は別荘地風に区切られていて、私有地であることが分かった。   【写真−2】    ビーチに至る手前にはフィイピン有数の財閥の経営するホテルがあり、写真−2のような観光客相手の店が造られていて、ナクパン・ビーチとは違う雰囲気が漂う。この財閥はエル・ニドに300ヘクタール以上の土地を買い...

セブ島工房 | 2019.03.30 Sat 20:07

パラワン島紀行 2018年 その(12) ナクパン・ビーチで午後の時間を過ごす

【写真−1】    写真−1はビーチの一角で見つけた『I ♡ NACPAN』の大きな看板。この手の装置はフィリピン中の観光地や町にあり、写真スポットとして人気はあるが、デザインが統一されているため観光業振興のために税金で設置しているのかと思われる。   【写真−2】    不便な場所にあるためか広い砂浜にポツポツと観光客が点在し、例えば有名なボラカイ・ビーチのように見られる芋洗い状態にはなっていない。写真−2のように直射日光の下を好む人は多いが、日影の下で時間を過ごす方...

セブ島工房 | 2019.03.27 Wed 20:43

パラワン島紀行 2018年 その(11) ナクパン・ビーチの素朴さはいつまで保てるか

【写真−1】    ビーチの掘っ立て小屋風のレストランで軽い食事を摂る。写真−1はフィリピンで『タホン』と呼ぶムール貝を蒸したもので結構粒が大きい。砂浜では採れない貝なので、どこかから運んできたのだろうか。欧米の観光客も食べに来るが値段は安かった。   【写真−2】    トイレがないレストランなので場所を聞くと、椰子林の外れに写真−2のトイレがあった。フィリピンではタダで使えるトイレというのは少なく、必ずお金を徴収する人がそばに居る。こんな造りでも相場の2倍、10ペソも...

セブ島工房 | 2019.03.22 Fri 19:08

パラワン島紀行 2018年 その(10) トライシクルをチャーターしてエル・ニド郊外のビーチ巡り

【写真−1】    コーヒー店の中から外を眺めていると、客待ちのトライシクルが多い。天気が回復しそうなのでトライシクルを半日雇って郊外のビーチへ行くが、観光客相手の商売なのでかなり料金は高く交渉して値切って出発。写真−1はビーチへ行く幹線道の様子。   【写真−2】    トライシクルはエル・ニドの北方へ向かい、左右に水田を臨みながら進む。40分近く舗装された道路を走って写真=2の看板のある場所から左に入る。ここは『ナクパン・ビーチ』の入り口で、この先にビーチが本当にあ...

セブ島工房 | 2019.03.21 Thu 19:30

パラワン島紀行 2018年 その(9) 天気は持ちそうなので街へ出てバイクを借りに行く

【写真−1】    今年最後の台風がパラワンに近づいていて天気は不安定だが、今日は持ちそうなのでバイクを借りて他のビーチへ行くことにする。写真−1は潮の引いた湾の様子で、彼方を覆う雲の厚さが気にかかる。手前の海岸の石は斜めに重なり地質的には面白い。   【写真−2】    昨日トライシクルで雨の中を走った海岸は少し波は押し寄せているが写真−2のように穏やか。少し茶色い砂浜を歩く分には日本の海岸を歩いているのと違いはないが、日本のような潮の香りは薄く、これは海藻の種類が...

セブ島工房 | 2019.03.19 Tue 19:12

ドイツ 2

  今回は飛行機と乗り換えでの過ごし方についてのお話。   今までに何回か海外に行ってはいるけど、毎回航空会社が違うのでその都度新たな発見があって楽しかったりガッカリしたりしています。まだまだ乗ったことがない航空会社があるので海外に行く楽しみは尽きないなぁ、なんて思ったり。   さて。   今回は往復路ともターキッシュエアラインを使用しました。   どうやらこの航空会社は機内食の美味しさに定評があるみたい。   赤ワインくださいって言ったらもの...

セカイはぼっちに優しいか?? | 2019.03.17 Sun 23:18

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全711件中 41 - 50 件表示 (5/72 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!