現代医療について考える
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

現代医療について考える

このテーマに投稿された記事:17件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c215/18728/
現代医療について考える
このテーマについて
現代医学について、是も非も書き綴るテーマです。

読み手の問題提起になるような場であれればと思っています。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「terukin3」さんのブログ
その他のテーマ:「terukin3」さんが作成したテーマ一覧(9件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2

産業医になりましょう!

 産業医の講習のため産業医科大学に行ってきました。6日間の講義・実習で認定産業医の資格が申請できるようになります。 朝8時半から 17時or 19時までみっちり講義や実習が入っています。身体は正直ですので、つまらない講義は寝てしまいます。そして、一番つらいのは最長2時間の講義があり、腰と尻が痛くなります。実習は1日だけでしたが楽しかったです。 結構きついです。心して受講しましょう。以下にメモを書いておきます ●座るところは自由(朝7時45分ごろにきてもすでに並んでいる)です。600人ぐらいいるらしく、席はほとんど...

今井雅広 | 2011.07.30 Sat 17:56

メモのすすめ

 昔は医者の世界では「医者は記憶力が問われる世界」であったようだ。どれだけ知っているかが評価の対象となっており、優秀さの指標であった。今もその名残は残っている。「なんでそんなことも知らないんだ」と私もよく怒られたものである。 しかし、今は、覚える時代というよりも「持ち運ぶ時代」「すぐに調べられる時代」であると思うし、「メモは必須」であると思う。 確かに、記憶しておいたほうが、仕事のスピードが断然はかどるし、アイディアが記憶の選択であるのであれば、覚えることもある程度は重要であろう。ましてや「...

今井雅広 | 2011.07.19 Tue 18:04

時代の先を行く「孫子の兵法書」 謀功

謀功「戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり」病気に100戦100勝するよりも、予防して、その病気を起こさせないことのほうが最良である。「故に用法の法、十なれば、すなわちこれを囲み、五なれば、・・・」・・・・(考え中) 「君の軍に患うるゆえんは三つあり」上司が実際見ていない患者に口を出すときの注意点は3つある?治療を継続すべきでないのに、継続させる。治療を中止すべきでないのに、中止させる。?治療している医師やコメディカルたちの事情もわきまえないで、口を挟む?主治医を無視して勝手に指示を出し、主治医...

今井雅広 | 2011.06.13 Mon 22:38

時代の先を行く「孫子の兵法書」 作戦

 作戦「兵は拙速を聞く」長期戦になると、患者さんが体力的にも金銭的にも疲弊してしまう。病院側もコストがかかるかもしれない。短期決戦が望ましい。「智将は務めて敵に食む」・・・・(考え中) もしかして抗がん剤のことをいっているのか?「兵は勝つことを貴び、久しきを貴ばず」病気に勝つことが目的であって、病気と戦うことが重要なのではない(勝たないと意味がない)。 入院在院日数が徐々に短くなる傾向があります。common diseaseにおいて病気と治療自体がそれほど変わっているとは思えません。これまでに無駄な入院期...

今井雅広 | 2011.06.10 Fri 21:17

時代の先を行く「孫子の兵法書」 始計

 始計「兵は国の大事なり」病気との戦いは人の生死、病院の存亡にかかわる重大事である。病気との戦いに勝つための5つの条件がある。「道」 医師・患者間の信頼関係はできているか?「天」 治療のタイミングは適切か?「地」 ここの病院で治療して大丈夫か?「将」 医師はその病気に対する知識、経験はあるか?「法」 その患者、病気にあった治療が行えるか?「兵は脆道なり」・・・・・(考え中)「算多ければ勝ち、算少なきは勝たず」治療の前には必ず治るという見通しをつけてから、治療を開始すること。自然にしていること...

今井雅広 | 2011.06.09 Thu 21:31

時代の先を行く「孫子の兵法書」

 これは私の趣味です。「孫子の兵法書」を医療に重ねてみました。おどろくべきことに、この時代にして医療のパターナリズム(すべてを医者に委ねる)は否定されていました。どんどん改訂していきたいと思います。アドバイスがありましたらご教授ください。参考文献は下記の孫子・呉氏 徳間書店です。                  JUGEMテーマ:現代医療について考える

今井雅広 | 2011.06.09 Thu 21:27

人と動物の違い(現代医療について考える)

こんにちは大照です。元々医学の発端は、人全体にある問題を見つめ、それを癒すものという発達をしてきたそうです。でもそれが、眼鏡屋だったヤンセン父子が、顕微鏡を発明し、ダ・ヴィンチがそれを使い、流行になるにしたがって医学へと利用されるようになり、病とは人全体の問題なのではなく、部分の問題なのだという発達段階に入っていきます。もちろん医師(医学研究者)達も部分だけの問題ではないことを承知だったはずですが、心というとりとめのないものを研究するよりも、画像で診断していける解剖研究へと向かうこととなり、...

【NLPでセラピー&コーチング】大照のブログ | 2011.06.04 Sat 15:33

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2

全17件中 11 - 17 件表示 (2/2 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!