• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

Book review

このテーマに投稿された記事:1424件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c224/2658/
Book review
このテーマについて
あらゆるジャンルの本をレビューしましょう!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「tsuda22」さんのブログ
その他のテーマ:「tsuda22」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

重ね地図で読み解く京都1000年の歴史 (宝島社新書):レビュー

JUGEMテーマ:京都 JUGEMテーマ:Book review   京都本はもう十分すぎるくらいある。どうしたらその特徴を出せるのか。カラー、写真、散策コース入り地図、等いろいろあるが、これらは他の本でもある。おそらく本書が特徴的なのは半透明特殊仕様地図で平安、戦国、幕末の地図をすかしてみることができるので、当時の話しがこのあたりのことなのだと推測しやすい点だろう。散策時に手元に置いておきたい本ではある。

マインドフルネス・京都 | 2018.09.14 Fri 08:51

女系図でみる驚きの日本史

JUGEMテーマ:最近読んだ本 JUGEMテーマ:Book review   中学生ぐらいの時から古典を読むのが好きで、その理解のための系図作りが癖となり、そのまとめが本書。この本を読むと平安時代などは天皇家・貴族には近親相姦が当たり前のように行われていたことが分かる(というか系図のインパクトが強くこの印象が一番残った)。こういうことを知ると性的なモラルなどと言うものはやはり近代になって作られたもの(虚構)なのかと思われてくる。科学的には近親結婚が行われれば、遺伝的に均質化が進み、いわゆる劣性遺...

マインドフルネス・京都 | 2018.09.05 Wed 04:43

ヒトラーと哲学者:レビュー

JUGEMテーマ:最近読んだ本 JUGEMテーマ:Book review   ヒトラーとナチズムは権力を掌握していく過程で、カント、ヘーゲル、ニーチェなどのドイツの哲学者の影響を受けており、フィヒテ、ショーペンハウエル、ニーチェを「国民社会主義の哲学三本柱」とよばれていたようだ。「実際には思想の相反している理論を彼等なりに単純化し政治的に利用した」といわれる。こう言ったドイツ哲学の紹介のなかで指摘されるのはカントの文章の中にも反ユダヤ的言動があるというのは、あまり知られていないのではないか。この...

マインドフルネス・京都 | 2018.09.03 Mon 14:45

新・日本の階級社会:レビュー

JUGEMテーマ:社会問題 JUGEMテーマ:最近読んだ本 JUGEMテーマ:Book review   どんな問題でもそこそこデータをもとに議論ができないと説得力がない。本書はその点では日本の「階級」を資本家階級、新中間階級、正規労働者、アンダークラス(非正規労働者)、旧中間階級に分け、その特性を分析している。主な議論は格差の拡大、階級の固定化(資本家階級と労働者階級に認められる)、女性の階級の夫への依存性について行われており、格差拡大の傾向に対して所得再配分をしていくべきか否か、その考えと...

マインドフルネス・京都 | 2018.08.16 Thu 22:48

「日本」論:レビュー

JUGEMテーマ:最近読んだ本 JUGEMテーマ:Book review   佐藤優の近著である。東西の"革命児”から考える、なっているが、革命児とはルターと日蓮である。ルターの「キリスト者の自由」、日蓮の「立正安国論」をテキストとして、この二人の類似性を明らかにしている。プロテスタンティズムは「他力即自力」だという。ルターのプロテスタンティズムでは全員が聖職者になる。日蓮については「立正安国論」にある「先ず国家を祈って須らく仏法を立つべし」の解釈は注意しなくてはならないという。池田大作...

マインドフルネス・京都 | 2018.07.30 Mon 00:02

「こだわり」を捨てる:レビュー

JUGEMテーマ:最近読んだ本 JUGEMテーマ:Book review   天台大師が著した「摩訶止観」の十境十乗観法によるうつ、神経症の治療法。著者小林信源氏は博多・光薫寺の住職であったときに本書を書いている(現在小林日元師?)。本門佛立宗という日蓮宗系統か。昔研究室にいたポスドクが鬱の傾向があり、自分が読んだ本書をなるほどと思ったので、勧めたことがあった。本人はその後禅宗の坐禅などをやるようになり、問題もなくなったが、最近関係しているところで、やはり鬱傾向のある人がおり、また本書を薦めてみ...

マインドフルネス・京都 | 2018.07.23 Mon 13:36

暴力の解剖学:レビュー

JUGEMテーマ:最近読んだ本 JUGEMテーマ:Book review   副題が「神経犯罪学への招待」というように、神経犯罪学を確立したエイドリアン・レインによる領域の紹介。犯罪には社会的な因子だけでなく生物学的因子があり、その相互関係の中で犯罪は生まれることを最近の画像解析情報などをもとに紹介している。生物学的因子としては遺伝子、脳が関わり、社会的な因子としては虐待、貧困などの影響を論じている。そういった意味において暴力犯罪はまさにバイオソーシャルな問題であるという。後半ではこういった背景...

マインドフルネス・京都 | 2018.07.10 Tue 23:45

Watch Online Five Seasons: The Gardens of Piet Oudolf Free PutLocker openload Solarmovie Online

▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓ ➔→➛ WATCH / DOWNLOAD Five Seasons: The Gardens of Piet Oudolf ⟵⟸◀ ⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧                   watch online five seasons: the gardens of piet oudolf books. watch past seasons of the bachelor free online. watch o...

Wendell | 2018.06.26 Tue 09:55

Avengers: Infinity War Film gratuit amazone Youtube putlockers Mojo 123movies

⇓⟱↡⬇⬇⇩▼⬇↓⬇⬇↡▼↡⇓⇓⟱▼▼↓↓⇓↡↡↡↡▼⟱↓↡⇓▼⇩ ➔ REGARDER / TÉLÉCHARGER Avengers: Infinity War ⇦ ↟⬆⇧⇧⇑⇑⇑↑⟰↑↑⇧↟↟⇧⟰▲⇧⇧⇧⟰⇑↑↑↟⇪↟⇑⇧↑⇑⇪⇑           ...

Amber | 2018.06.26 Tue 02:53

国体論 菊と星条旗:レビュー

JUGEMテーマ:最近読んだ本 JUGEMテーマ:Book review   以前『永続敗戦論』を書いた白井聡氏による最近よく読まれているという新著。帯に『希望を生み出す知性に感嘆』(内田樹)とか『緻密な分析』(水野和夫)、「鋭利な分析軸」(島薗進)、「斬新な視点」(保阪正康)と絶賛しており(宣伝だから当たり前か)期待させられたが、この本は「分析」ではないと思う。どちらかというとこうとらえたらどうかという仮説の提示という印象だ。この種の本にありがちなのは自分の見方を、他の人の記述をある程度引用し...

マインドフルネス・京都 | 2018.06.21 Thu 18:31

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!