• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

Book review

このテーマに投稿された記事:1411件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c224/2658/
Book review
このテーマについて
あらゆるジャンルの本をレビューしましょう!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「tsuda22」さんのブログ
その他のテーマ:「tsuda22」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

京都学派:レビュー

JUGEMテーマ:最近読んだ本 JUGEMテーマ:Book review   京都学派と云えば、西田幾多郎を中心とした京大グループで、日本「独自」の哲学を構築し、戦争中には「近代の超克」を提唱して、戦争に協力的であったこともあり、京大四天王(西谷啓治、高坂正顕、高山岩男、鈴木成高)といわれる人々は戦後公職追放にもなっている(西田は戦争中に死亡)、という程度のことは知っていたが、本書がなかなか良くできていると思った点は、日本の哲学の流れを人と人のつながりで描いていることだ。東大哲学科をになった井上...

マインドフルネス・京都 | 2018.04.13 Fri 22:40

逆さに吊された男:レビュー

JUGEMテーマ:最近読んだ本 JUGEMテーマ:Book review   地下鉄サリン事件と云えば、当日東京駅の近くの病院にMRIを依頼しようとして電話したところ、何か騒いでいて、それどころでないんですと、理由も分からず電話を切られたことがあった。知人の信州大学の神経内科の教授が松本サリンの経験からサリンではないかと連絡したという話を後で聞いた。後輩は近辺の病院に勤務しており、患者さんの血液を調べ、コリンエステラーゼが減っているという結果を結構良い雑誌に報告した。その年の春休みだったか夏休みだ...

マインドフルネス・京都 | 2018.04.07 Sat 00:32

意識の進化的起源:レビュー

JUGEMテーマ:最近読んだ本 JUGEMテーマ:Book review   意識の起源を、哲学、神経生物学、神経進化の知見に基づき明かにしようとする試み。そもそもこの意識とは何か。何らかの主観的経験を少しでも持つ意識を対象としている。「〜であるとはこのようなことだ、という何か」というクオリア(知覚される質感)、主観的感情の誕生はいつかと言うことを問う。そして物質としての脳がいかにして主観的経験を生み出すのかというハード・プロブレムを問う。ただ本書の対象はこのような問に答えるために感覚意識...

マインドフルネス・京都 | 2018.03.06 Tue 22:12

京都の神社と祭り:レビュー

JUGEMテーマ:Book review JUGEMテーマ:最近読んだ本 京都の神社と祭り - 千年都市における歴史と空間 (中公新書) 新書 – 2015/10/2 本多 健一 (著)   京都を代表する神社ー下鴨神社、上賀茂神社、松尾大社、伏見稲荷大社、八坂神社、北野天満宮、上御霊神社、下御霊神社、今宮神社ーについてその、歴史、氏子区域の由来、祭りについての紹介書。下鴨神社、上賀茂神社、松尾大社、伏見稲荷大社は古代氏族(賀茂氏、秦氏)の守り神、残りの4社は新しい信仰、と云っても「平安京に生まれた新しい」...

マインドフルネス・京都 | 2018.02.13 Tue 14:03

やってはいけないウォーキング:レビュー

JUGEMテーマ:Book review JUGEMテーマ:最近読んだ本 やってはいけないウォーキング (SB新書) 青? 幸利 東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利氏によるウォーキングのすすめ。10000歩以上歩くのは返って健康に良くないと言うことで、万歩計を持って励んでいる人にはえっと思わせる点で、話題になっている。 内容は単純で、 1)根拠は著者が行った、中之条での5000人15年の調査に基づく。 2)8000歩中強度運動20分がもっとも健康効果がある。 3)中強度運動とは何とか会話ができる程度...

マインドフルネス・京都 | 2018.02.07 Wed 21:51

お父さんと伊藤さん・あらすじと感想

JUGEMテーマ:Book review     中沢日菜子著「お父さんと伊藤さん」を読んだ感想、レビュー。   2014年に出版されているが、文庫本出版時(2016年8月)は映画化が決まっているので、表紙は映画の主役3人のイラストになっています。 柿の木の下で主人公の彩、お父さん、伊藤さんが並んでいるんだけど、まぁ〜そっくりなこと! 映画は未鑑賞なんだけど、読んでいるとリリー・フランキーや上野樹里がちらついてくる・・イメージぴったりしすぎです。   "彩の父が育った信州の山...

こえみのCINEMAと本棚 | 2016.12.04 Sun 23:53

インフェルノ 原作本の感想・あらすじ[上巻]

JUGEMテーマ:Book review      ダン・ブラウンのラングドン教授シリーズ第4作「インフェルノ」を読んだ感想をレビューします。 トム・ハンクス主演の映画が公開中ですが、映画は未鑑賞なので、原作とどれくらい違っているのか?を楽しみながら観に行きたいと思っているところです。   インフェルノはイタリア語で「地獄」 ダンテの「地獄篇」をモチーフに、イタリアのフィレンツェ〜ベネチア〜トルコのイスタンブールと、謎解きしながら核心に迫っていきます。   天才的な生科...

こえみのCINEMAと本棚 | 2016.11.30 Wed 22:20

インフェルノ・原作本の感想、あらすじ[下巻]

JUGEMテーマ:Book review     ダン・ブラウンのラングドン教授シリーズ第4作「インフェルノ」を読んだので感想、あらすじなの紹介「下巻」篇です。 インフェルノはイタリア語で「地獄」 ダンテの「地獄篇」をモチーフに、イタリアのフィレンツェ〜ベネチア〜トルコのイスタンブールと、謎解きしながら核心に迫っていきます。   上巻フィレンツェ篇の紹介はラングドン目線で追っていきましたが、大機構側、WHO側からも並行して書いてあります。   大機構とは、七つの国にオフィ...

こえみのCINEMAと本棚 | 2016.11.30 Wed 22:19

インフェルノ・原作の登場人物

JUGEMテーマ:Book review ダン・ブラウンのラングドン教授シリーズ第4作「インフェルノ」の原作本に登場する人物を詳しく説明します。 インフェルノはイタリア語で「地獄」 ダンテの「地獄篇」をモチーフに、イタリアのフィレンツェ〜ベネチア〜トルコのイスタンブールと、謎解きしながら核心に迫っていきます。   ▽▽あらすじはこちらでご覧ください >>上巻・フィレンツェ篇 >>下巻・ヴェネツィア、イスタンブール篇   ▽▽映画版の感想はこちら >>映画版インフェル...

こえみのCINEMAと本棚 | 2016.11.30 Wed 22:18

インフェルノ・原作の登場人物

JUGEMテーマ:Book review ダン・ブラウンのラングドン教授シリーズ第4作「インフェルノ」の原作本に登場する人物を詳しく説明します。 インフェルノはイタリア語で「地獄」 ダンテの「地獄篇」をモチーフに、イタリアのフィレンツェ〜ベネチア〜トルコのイスタンブールと、謎解きしながら核心に迫っていきます。   ▽▽あらすじはこちらでご覧ください >>上巻・フィレンツェ篇 >>下巻・ヴェネツィア、イスタンブール篇   真夜中にフィレンツェの病院で意識を取り戻す場面から...

こえみのCINEMAレビュー | 2016.11.28 Mon 14:34

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!