気になる書籍
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

気になる書籍

このテーマに投稿された記事:4551件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c224/911/
このテーマに投稿された記事
rss

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 >

8月に読んだ本(2017年)

国芳とか、ポーとか、笹原くんとか、もー好きなもので、3〜4日おんなじ本を読みかえているうちに終わった感じです。そういえば、小説レビューをさっぱりさぼっていたことにようやく気付きました。っていっても大した量じゃないけどね。 暇つぶしに過去のレビューも整理して、あーこの話の続きを待ってたなぁってのを調べてみた。 ま、時代でしょうかね、kindleしかなかったりするのが多い。 しょうがない、kindle買うかーとなるのが読書好きなんだろうけど、私はそこまでじゃないんだなーってことにも気づく。 そしてコンプリートと...

◆小耳書房◆ | 2017.09.01 Fri 21:17

権力者は知性を根絶やしにしたい

       *この記事は響堂雪乃さんの『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』を書き写したものです。       今のニホンのように社会状況がドンドン悪くなると、国はそれを誤魔化すために国民の思考を麻痺させようとします。   そのためテレビ局に幼稚な番組を作らせたり、新聞社に子供だましの記事を書かせたり、出版社に今の政権が一番いいという本を書かせたりするのです。   このように国民の総体を馬鹿にすることによって国を治めようとする...

祭祀の痕に芥子の花 | 2017.09.01 Fri 06:08

今考えなければ永久に考える機会はないのに

       *この記事は響堂雪乃さんの『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』を書き写したものです。       テレビの番組欄をみると、大半がワイドショー、ショッピング、バラエティ、お笑い、ドラマなど、どうでもいいものばかりです。   ニュース番組も冒頭の数分間だけ政治や経済のことを流し、大半の時間はプロ野球などスポーツ情報で埋めてしまいます。   このようなマスメディアの意識操作によって、本当に考えなくてはならないことを考え...

祭祀の痕に芥子の花 | 2017.08.31 Thu 06:23

宗教によって思考力を奪う

     *この記事は響堂雪乃さんの『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』を書き写したものです。       キリスト教も仏教もできてから2000年以上経っています。   だからキリストや釈迦が何を言ったのか本当は誰も知らないし、キリストや釈迦が実在したことすら証明できないのです。   そして2000年以上にわたりこれらの教典は支配者によって都合よく書き換えられてきました。   そうやってキリスト教を信じる人々も、仏教や神道を信じる人...

祭祀の痕に芥子の花 | 2017.08.30 Wed 05:59

信念や知識を覆す情報に触れると脳が「痛い!」と感じる

       *この記事は響堂雪乃さんの『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』を書き写したものです。       自分が絶対だと信じていることや、常識だと思い込んでいることを覆す情報や意見に接したとき、脳は基底核という部分に痛みを生じさせます。   その痛みに耐えれば知識を新しくできますが、大半の人は痛みに負けてしまい、「今のままでいいや。だからこれは聞かなかったことにしよう」とするのです。   このように考え方を更新しない回路...

祭祀の痕に芥子の花 | 2017.08.29 Tue 05:53

思考はどのようにして歪むのか

       *この記事は響堂雪乃さんの『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』を書き写したものです。       あらたな知識を獲得する習慣が無くなると、考えることが益々億劫になります。   そしてそれに偏見や不見識が加わると、どのように説得や議論を重ねても変化できない脳が出来上がり、やがて不都合なことは存在しないこととして処理し、すべてを自分に都合よく整合的に解釈しようとするのです。   このように自分が知覚し理解できることだ...

祭祀の痕に芥子の花 | 2017.08.28 Mon 05:58

理解できないものを憎むという生理

       *この記事は響堂雪乃さんの『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』を書き写したものです。       もし君が「外国人が法律を作っている」、「新聞テレビは嘘を報道する」などと話せば、きっと相手は嫌な顔をするか怒り出すでしょう。   そして話し合いや議論が全くできなくなるのです。   なぜならそれを受け入れるとすれば、自分が無知な人間だと認め、政治や社会や歴史をゼロから学び直さなくてはならないからです。   こ...

祭祀の痕に芥子の花 | 2017.08.27 Sun 10:46

他人と同じであることで安心する心性

       *この記事は響堂雪乃さんの『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』を書き写したものです。       今やニホン人は自分の生命に関わる重大な事実を突きつけられても何ら行動を起こしません。   主権が奪われようとしても、放射能の汚染が広がろうとしても、福祉や医療や介護や教育の権利が消滅しようとしても、「誰も騒いでいないから、そんなに大したことではないのだろう。自分もみんなと同じでいいんだ」と思考を停止させ、抗議デモひとつ起こす...

祭祀の痕に芥子の花 | 2017.08.26 Sat 07:22

自分を騙す心の働きがある

       *この記事は響堂雪乃さんの『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』を書き写したものです。         集団的自衛権が成立したとき、多くの人々が「国とは国民を守るものだ。だから国が国民を戦争に巻き込むようなことはしないだろう。そしてこれからも社会は平和で変わりがないのだ」と考えました。   しかし、何度も繰り返すとおり集団的自衛権とは、アメリカが戦争を起こしたら自動的にニホンも参戦する取り決めなのです。   ...

祭祀の痕に芥子の花 | 2017.08.25 Fri 06:01

ほとんどの人間は社会の仕組みを知らないまま死ぬ

       *この記事は響堂雪乃さんの『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』を書き写したものです。     いちど先生やお父さんお母さんに、特別会計(本当の国の予算)がいくらなのか、あるいは議員立法(国会議員の作る法律)と内閣立法(公務員の作る法律)の比率がどのくらいなのか訪ねてみてください。   おそらく答えることができないでしょう。   どれほど有名な大学を出ても、何十年新聞を購読しても、自分から真実を知ろうとしなければ、何も分...

祭祀の痕に芥子の花 | 2017.08.23 Wed 05:46

このテーマに記事を投稿する"

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 >

全1000件中 71 - 80 件表示 (8/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!