反戦・非戦
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

反戦・非戦

このテーマに投稿された記事:220件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c237/1772/
反戦・非戦
このテーマについて
武力で平和はもたらされない。
怨みは怨みをもってしては消えない。
そうした考え方に基づくメッセージを送りたいです。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「present-inc」さんのブログ
その他のテーマ:「present-inc」さんが作成したテーマ一覧(22件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

「マタハリヌ ツンダラ カヌシャマヨ」

JUGEMテーマ:反戦JUGEMテーマ:歴史認識について  竹富島には行ったことがない。以前、この地を訪れた恋人が、水牛に引かれて島をめぐり、とても、のんびりした島だと教えてくれた。民謡『安里屋ユンタ』は、もともとこの地の言い伝えを交えて歌ったもので、モンパチの名曲『安里屋ユンタク』は、そのパロディである。歌詞にある「マタハリヌ ツンダラ カヌシャマヨ」は「また逢いましょう、美しき人よ」の意味だという。     のんびりした美しき島、竹富。 しかし、そこには気骨ある人びとがいた。   &...

peace09 | 2011.08.28 Sun 01:30

無念

JUGEMテーマ:反戦八重山の中学校教科書、歴史は帝国、公民がつくる会系の育鵬社という速報。ついに沖縄の一角が落ちた。玉津教育長、万死に値する所業。

peace09 | 2011.08.23 Tue 20:11

かけがえのない人を                          十把一絡げで殺すのが戦争。

そう語ったのは、自らの戦争体験を描いた「一枚のハガキ」が好評な 進藤兼人さんです (12日の『朝日新聞』朝刊/ひと)。 映画では豊川悦司さんが、進藤さんである「私」を演じていますが、その 「私」を含め共に召集された100人中94人が戦死したそうです。先週の 土曜日、日帰りの里帰りをした私は、戦死した母の兄の墓前で手を合わせ ました。戦地体験の最年少世代である我が父の銃は使えなかったといいます。 国家は、結局は国民を守りません。それこそ「十把一絡げ」です。 JUGEMテーマ:反戦・非戦

いいコトバ | 2011.08.17 Wed 08:16

悠貴君に期待

JUGEMテーマ:反戦JUGEMテーマ:歴史認識について  『最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟   〜鉄血勤皇隊と日系アメリカ兵の真実〜』を観る。沖縄方言がずさんとか、ドキュメンタリー部分が甘いとか、識者からは不評でもある。わたしも、家族をあまりに神聖視する部分と、郷土愛を強調する部分がどうにも我慢ならなかったが、しかしそれらを差し引いても、評価すべき作品ではなかったか。こんな時代に、あのフジサンケイが戦争番組を毎年、創り続けている、それだけでも褒め称えたほうがいい。しかも、この時期に沖縄...

peace09 | 2011.08.14 Sun 22:02

侵略が描かれる

JUGEMテーマ:反戦JUGEMテーマ:歴史認識について  『犬の消えた日』を観る。                          南方での餓死や徴発まで描いていて、なかなか良い創りだと思っていたら、 歴史考証は吉田裕だった。 彼がチェックすれば、まともな作品になるはずだ。 人選が良かった。   西島秀俊は、いつか大化けする役者ではないかと秘かに思っている。 桐朋高校を出ているのだ。 私立高校で、民主的な学校運営をすすめている、 そして研究熱心な教師の多い学校である。 つまり、西島は、...

peace09 | 2011.08.13 Sat 00:59

世界がぜんたい幸福にならないうちは、                     個人の幸福はありえない。    

宮沢賢治著「農民芸術概論綱要」のこの一節を「生活と自治」 7月号で紹介しています。この言葉は、北上川を逆流した津波に飲み 込まれ、わずか4名を残して全ての命が失われた宮城県石巻市立大川 小学校の校庭内の壁画にありました。とてつもなく大きな包容力をもった 言葉ですね。ソマリヤ、ルワンダ、ブルンジなど、内戦のため飢餓に あえぐ子供たちがいる同じ地球で、年間1900万トンの食糧を捨てる日本。 私は食べ物を残すということはしません(“食べ放題”なんて論外です)。 世界全体の幸福を考えるのは遠くても、最低限そ...

いいコトバ | 2011.08.07 Sun 00:09

ショックと無念の声

JUGEMテーマ:反戦JUGEMテーマ:歴史認識について 今宵はやたらとメールの流量が多いと思ったら、東大阪市でバカな選択(公民・育鵬社)をしたことが原因らしい。教育長が熱心だった、ここはノーマークだった、などなど怒りと無念の声が伝えられる。このままでは東大阪が腐ってしまう。。。

peace09 | 2011.07.26 Tue 23:42

そいつの分も命がけで生きる。

自分を命がけで助けてくれた戦友の死を語りながら和成(高良健吾)は、 同じく戦地から帰った茂樹(永山絢斗)に向かって宣言したのです (5日の『おひさま』)。 生き延びたことに戸惑う茂樹は「ただ生きているだけ」と自嘲し、 「命がけで生きることは、これからの自分にあるんだろうか」と 自問自答するのです。戦友の死をどう思っていたのか、私はまだ 父に聞いたことがありません。命をかけて生きるのですから、 この言葉、逆説的なのですが、国を守るため他国を攻めるのが戦争です。 JUGEMテーマ:反戦・非戦

いいコトバ | 2011.07.19 Tue 00:54

真知子さんの心の中に兄を生かしてあげてください。                         お願いします。

初恋の人だった陽子 (井上真央)の兄・春樹(田中圭)戦死の報を知り 悲しみに暮れる真知子(マイコ)に向かってその陽子が言った言葉です (6月28日の『おひさま』)。 私の母の胸にも戦地で散った亡き兄の思い出は生きているのでしょう。 戦争報道からは、こうした一人ひとりの悲しみが伝わらないからこそ、 好戦的な空気が日本に満ちて来るのだと思います。心のなかで確かに 人は生きています。しかしそれは悲しい。育子 (満島ひかり)が言います。 何でこんな悲しい事ばかり起きるんだろ。それが戦争なのだと思う。 JUGEMテー...

いいコトバ | 2011.07.06 Wed 00:17

真知子さんの心の中に兄を生かしてあげてください。                          お願いします。

初恋の人だった陽子 (井上真央)の兄・春樹(田中圭)戦死の報を知り 悲しみに暮れる真知子(マイコ)に向かってその陽子が言った言葉です (6月28日の『おひさま』)。 私の母の胸にも戦地で散った亡き兄の思い出は生きているのでしょう。 戦争報道からは、こうした一人ひとりの悲しみが伝わらないからこそ、 好戦的な空気が日本に満ちて来るのだと思います。心のなかで確かに 人は生きています。しかしそれは悲しい。育子 (満島ひかり)が言います。 「何でこんな悲しい事ばかり起きるんだろ」。それが戦争なのだと思う。 JUGEM...

いいコトバ | 2011.07.06 Wed 00:09

このテーマに記事を投稿する"

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

全220件中 81 - 90 件表示 (9/22 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!