反戦・非戦
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

反戦・非戦

このテーマに投稿された記事:220件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c237/1772/
反戦・非戦
このテーマについて
武力で平和はもたらされない。
怨みは怨みをもってしては消えない。
そうした考え方に基づくメッセージを送りたいです。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「present-inc」さんのブログ
その他のテーマ:「present-inc」さんが作成したテーマ一覧(22件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

哀悼

JUGEMテーマ:反戦・非戦NHKのニュースがひどすぎて呆れた。馬鹿な安倍をいい加減に止めないと、大変なことになる。以下、記録のために。http://blog.goo.ne.jp/sakate2008/e/5a35f77eb904849c89854dcab121534d

peace09 | 2015.02.01 Sun 20:23

パリは広く、どんな考え方も、夢想、生活も許される。   ただし、それが国民や人類の何か根本を傷つける場合は別だ。

20世紀前半のフランスの文学者ストロウスキーの言葉を「日本経済新聞」本日朝刊/春秋が大意として紹介しています。「風刺」の名のもとで行われているイスラム教バッシング。それが、新聞が発するものだから許されるという理屈は成り立たないでしょう。それでなくてもイスラム教を信じる大多数の皆さんの心は傷ついているはずです。そして、きれい事と言われようが、テロリズムとの対立にあってさえ、悪意や暴力では解決しない、という真理が存在すると思います。JUGEMテーマ:反戦・非戦

いいコトバ | 2015.01.16 Fri 15:00

暗黒

 JUGEMテーマ:反戦・非戦よいことがない。友人が表彰されたことぐらいか。卒業生の声が聴けたことぐらいか。それ以外は全くよいことがない。自民党が300以上も取ったら、暗黒の世の中になる。憲法改悪が本気で起こる。選挙予想が出始めてから、暗くなるばかりだ。わたしはこの仕事でたたかえるのだろうか。たたかうしかない。

peace09 | 2014.12.10 Wed 22:41

第44回「憲法と人権を考える集い」

JUGEMテーマ:反戦・非戦京都弁護士会主催の第44回「憲法と人権を考える集い」(11月16日 日曜日 13時〜/シルクホール)に参加した。毎年行われているのだが、今年初参加となる。今年のテーマは憲法の大原則──立憲主義を考える解釈改憲は日本をどこに導くか第1部の講演(各氏10分)とパネルディスカッション・質疑応答(1時間半)は、宮崎 礼壹氏(法政大学教授・第1次安倍政権下の内閣法制長官)小林 節氏(慶応大学名誉教授・憲法学専攻)伊藤 真氏(弁護士・日本弁護士連合会憲法問題対策本部副本部長)大石 眞氏(京都大学教授・...

もーちゃんの部屋 | 2014.11.16 Sun 20:21

ぐっとこらえて帰るまで                 さびしいでしょうがお母さん。

生涯で約2400曲を残した吉田正さんが、シベリア抑留中に白樺の木をはいだ皮に鉛筆で五線譜を書いて作曲したという「帰還の日まで」の一節です(9月17日の『いつでも夢を〜作曲家・吉田正の"戦争"〜』再)。「ぐっとこらえて」に、酷寒のシベリアの風土に耐える意思が表れます。抑留者60万人の内、現在の生存者約2万人。その一人に戦争に青春を奪われた我が父がいます。この苦しみを知らないのですから戦争を起こしたいのでしょう。JUGEMテーマ:反戦・非戦

いいコトバ | 2014.10.11 Sat 00:42

命の大切さを思う                    想像力の積み重ねが大切。

ベトナム戦争の取材で名を馳せた石川文洋さんの言葉です(8月13日の『おはよう日本』)。「命の大切さを思う想像力」とは、日々、無益な戦いで命を奪われていく人々の悲しみ、家族の心の傷に思いを寄せるという行為なのか。そんなこと、ほんの刹那的にしかないです。私を含め、そうした一人ひとりの鈍感さが、地球上で、人間の尊厳を、いとも簡単にむしり取っていくのかもしれません。ベトナム戦争を教訓としていない。石川さんです。JUGEMテーマ:反戦・非戦

いいコトバ | 2014.09.06 Sat 00:02

合戦は歌合戦だけで十分だ

キタキュウマン お誕生日おめでとうです  キタキュウマン @kita_q_man  ·  8月7日 8月15日誕生日ですけど本当に気を遣わなくていいんで。本当に。 (時計、財布、ベルト、掃除機、ヘッドホン、デジカメ) えっと・・・・気持ちだけあげる ·  8月1日 今日からグリーンパークでキタキュウマン缶バッジガチャ第一弾が登場です! 100円で2個!相変わらず良心的!(K∀Q) pic.twitter.com/4CmUW95FFp  グリーンパーク【響灘緑地】 | 北九州市 www.hibikinada...

似せんとぉくんのブログ、ジュゲム版 | 2014.08.15 Fri 23:12

対立する双方に良い人も悪い人もいる。

もう70年近くも血を流し続けているユダヤ人とアラブ(パレスチナ)人の高校生で編成される混声合唱団「エルサレム・ユース・コーラス」の団員の言葉です(本日の『日本経済新聞』朝刊)。こんな奇跡のような組合せがあるなんて知りませんでした。パレスチナ問題は、武力で紛争は解決しない証左です。このような心と心による和解を探れなくて何が人類の進歩か。安倍さんの言葉は、戦争を起こし続けてきた為政者の論理です。 JUGEMテーマ:反戦・非戦

いいコトバ | 2014.08.14 Thu 11:47

俺たちにはGood byeしかない。

ベトナム戦争が終わった1968年、新宿歌舞伎町で飲んでいた米軍兵士が、「See you again!」と慣れぬ英語で声をかけた加藤登紀子さんに返した言葉です(今日の『ラジオ深夜便』ミッドナイトトーク)。自作の「1968」の紹介のなかで、加藤さんが披露したエピソードですが、いつ戦地に飛ぶか分からない身の上を表した悲しい一言です。なぜ日本が「命を守るために」戦地に赴くのか、やはり分からない。JUGEMテーマ:反戦・非戦 

いいコトバ | 2014.08.08 Fri 01:09

人間がいかに愚かな生き物であるか。

宮廷画家としての側面のほか、正面からの社会批判も行ったフランシスコ・デ・ゴヤが取り組んだテーマです(6月15日の『欧州 美の浪漫紀行スペシャル』)。1808年5月2日から翌日にかけマドリッドの反乱者が銃殺刑に処された場面を描いた「1808年5月3日、プリンシペ・ピオの丘での銃殺」などの戦争絵画とこの言葉を目にし、人類は200年経っても何も進歩していないと思わずにいられません。イラク侵攻を支持した日本人はイラク内戦を他人事にはできない。JUGEMテーマ:反戦・非戦

いいコトバ | 2014.07.06 Sun 07:01

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全220件中 41 - 50 件表示 (5/22 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!