• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

吹奏楽

このテーマに投稿された記事:1317件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c58/832/
吹奏楽
このテーマについて
部活でも演奏会の話でも、吹奏楽に関することならおOKです♪
このテーマの作成者
作者のブログへ:「pi-ton」さんのブログ
その他のテーマ:「pi-ton」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20 >

吹奏楽コンクール山形県大会

今年の夏は、ある中学校の子達と吹奏楽コンクールに参加しました。7月31日、山形県大会〜県民会館でのステージでした。 地区大会1ヶ月前においても、まともに曲が通らない状況でしたし、僕の指導も至らずで試行錯誤しましたが、何とか無事に本番を終えることができました。 とにかく子供達の明るさと頑張りに拍手! そして、気持ちを共にして支えて下さった親の会会長はじめ生徒のご家族、顧問の先生や学校のバックアップに感謝! また、お世話になりました講師の先生、地元コーチの皆様へ、ご指導やアドバイス...

sato_blog | 2016.09.01 Thu 13:24

ピッチとチューニング 1

みなさんこんにちは! 前回、ピッチやチューニングの話を「色」に例えて書きましたので、もう少し具体的なお話しをしようと思います。 《ピッチと音程》 最初に、誤解のないように簡単に説明します。 [ピッチ] ピッチというのは周波数のことです。周波数とは1秒間に何回空気を振動させたかを数値化したもの。空気を揺らす回数が多ければ多いほど耳には「高い音」として認識されます。よくチューニングの時に「A=442Hz(ヘルツ)」という言葉や表記を見たことがあると思いますが、この場合は五線の中にある実音Aの音が44...

ラッパの吹き方 | 2016.08.23 Tue 06:07

色と音楽 2(チューニング)

みなさんこんにちは! 前回、複数人で音楽をひとつの作品としてまとめる際の考え方を、水彩絵具を使ってお互いの色を合わせていく作業に例えば解説しました。 今回も「色」に音楽を例えて書いていきますが、前回とはまた少し違う話になります。 《色を合わせる》 例えば、「みんなで同じ色を作りましょう」ということになったとします。 そして作る色は「青色」だとしましょう。 それぞれが絵具を混ぜて完成したそのほとんどが「青系」の色になることは間違いないでしょう。 しかし、並べてみると同じ「青系」...

ラッパの吹き方 | 2016.08.16 Tue 06:37

色と音楽 1

合奏はみんなでひとつの作品を完成させることが目的です。 しかし、音楽って明確なゴールがありませんよね。どこがどうなったら完成なのでしょうか。 全員がそれぞれの楽譜に書いてあることを正しく演奏できるようになったら完成、というのでは少し物足りないですし、かと言って追求していったらいつまでも終わりがありません。 今回の記事は、合奏でひとつの「完成」を目指す際、どんなことを意識するとよいか、ひとつの指標を書いていきます。 《水彩画と吹奏楽》 水彩絵具、一度は使ったことがありますよね。 ...

ラッパの吹き方 | 2016.08.09 Tue 06:35

センスとは

みなさんこんにちは! 先日、ツイッターでこんなことをツイートしました。 『通りすがりの人の着てる服を見て、自分じゃ絶対選ばないなと思うことがある。でもきっとその人は良いと思ったからそれを選んだわけで、どちらがどうということではなく、それがセンスなのでしょう。』 駅のエスカレーターを下っていたとき、目の前にいた方の服装がとても独特だったのです。思わず見てしまい、「すごいなあ、この服着て歩くの、ちょっと無理だなぁ」なんて思っていたのですが、ふと街を歩いている人たちを見てみると、ほとんどの方...

ラッパの吹き方 | 2016.08.02 Tue 05:36

指揮者から一発OKをもらう方法

みなさんこんにちは! 夏休みに入り、コンクールだ合宿だ合奏だ練習だと、忙しい毎日を送っている方も多いかと思います。 それにしても吹奏楽部ってのは本当に忙しいですよね。毎日楽器を吹く環境が用意されているのはとても恵まれていることではありますが、休みも入れつつ、中身の濃い練習ができたらそんなに毎日何時間も練習しなくても結果は得られるかもしれないと思っています、個人的に。 それはともかく、今の時期は合奏がとても多くなり、また外部講師が頻繁に顔を出すこことが多いかもしれません。 たくさんの先生...

ラッパの吹き方 | 2016.07.26 Tue 06:37

練習と研究 3

みなさんこんにちは! 前回、前々回の記事では「研究」と「練習」の具体的な違いについてお話ししました。 研究をするためには、材料や実験方法を準備する必要があり、さらにその中から正解を導き出すわけですから、一からやろうとするととても時間がかかってしまいます。 それを簡略化して正解を前提に話を進めてくれているのが「書籍」「教本」そして「レッスン」である、と前回書きました。 しかし、それらは世の中に数え切れないほど存在しています。しかも同じ目的であっても言っていることが違っていることも少なく...

ラッパの吹き方 | 2016.07.19 Tue 06:24

暗号。

昨夜のドラマ「仰げば尊し」を、 吹奏楽版ルーキーズだ、と何気に見ていたら、 ぴったりな曲だと言って、サンライズマーチが出てきた。 びっくりした。   ああびっくりした。 このお話作った人か、ドラマにした人が、 やっぱり吹奏楽の人で、同じ年代の人で、 この曲を好きだと思ってることがうれしいかも。 でもって、このドラマ見てる人で リアルタイムにこの曲やってた人が、 「うわあっ」って昨夜叫んじゃった人が、 全国で何人いるんだろうと、じんわりした。   暗号、み...

山鳩のうた | 2016.07.18 Mon 10:01

練習と研究 2

みなさんこんにちは! 先週より「練習」について書いております。まず先週のおさらいをしましょう。 練習とひとくちにいっても非常に広範囲なものです。そして、まだ自分のテクニックとしてしっかり持っていないもの、例えばハイノートや素早いトリプルタンギングなどをマスターするためにはまず「研究」が必要であると書きました。 さらにはその研究のためには様々な材料を用意しなければならず、その材料とは知識によって立てられた「仮説」です。 実際に楽器を吹く前に仮説を立てて、それを研究し、求めているもの、方法...

ラッパの吹き方 | 2016.07.12 Tue 06:54

練習と研究 1

みなさんこんにちは! 《練習ってなんだろう?》 楽器を演奏する人は、これまでもこれからも、とても長い時間をかけて「練習」を積み重ねていることと思います。部活動で楽器を吹いている方はそれこそ毎日毎日何時間も、休日返上で練習しているかもしれません。 しかし、ひとくちに「練習」と言っても解釈の範囲がものすごく広いため、何をどうするものなのかが具体的ではありません。 みなさんはいかがでしょう。「練習」とは何を指しますか? ウォームアップ、基礎練習、曲練習…そんな感じでしょうか。 基礎練習と言...

ラッパの吹き方 | 2016.07.05 Tue 04:30

このテーマに記事を投稿する"

< 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20 >

全1000件中 141 - 150 件表示 (15/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!