• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

吹奏楽

このテーマに投稿された記事:1205件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c58/832/
吹奏楽
このテーマについて
部活でも演奏会の話でも、吹奏楽に関することならおOKです♪
このテーマの作成者
作者のブログへ:「pi-ton」さんのブログ
その他のテーマ:「pi-ton」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

Baritone Horn | TheMarcato BH-100S

>詳細画像 下倉楽器さんがプロデュースし販売している管楽器ブランド”TheMarcato”のバリトンホーン。持ち替え用、もしくはサクソルン系の編成でのアンサンブルをするときに使えるかな?と思い中古で購入。 調子: B♭ バルブシステム: 3ピストン ボアサイズ: 12.7mm ベル材質: イエローブラス ベルサイズ: 210mm 仕上げ: 銀メッキ ボアが12.7mmと、細管のトロンボーンと一緒。やはり明るい音色がしますね...。 いつ出番があるかは分りません...。 http://www.shimokura-marcato.com/brasshorn/bh100s.html...

sato_blog | 2017.02.22 Wed 21:34

指導と指摘 1

みなさんこんにちは! 以前よりお伝えしておりましたが、今週に限り一日早い月曜日の更新にさせていただきました。ご了承ください。 さて、前回の記事では、僕が審査員をさせていただいたときの話から、評価する側の視点でいろいろ書かせて頂きました。 今回は、またちょっと違う形の「聴く側の視点」でひとつ気になっていることがあるので記事にします。 《YouTube》 便利ですよね、ユーチューブ。 僕は、音楽を聴くというよりは、もう手に入らないのでは、と思われるすごい古い記録なんかをよく検索して見ていますが...

ラッパの吹き方 | 2017.02.20 Mon 07:24

3年生卒部おめでとう!

3年生卒部おめでとう! 私自身、彼らを指導する中で、いろいろ学ぶ事ができました。感謝です! そして一区切りついてホッとしています。 午後からは1.2年生新体制によるソロとアンサンブルコンサート。 明日からまた、この子達の目標と共に。 JUGEMテーマ:吹奏楽

sato_blog | 2017.02.16 Thu 18:04

3年生のみんな、お疲れ様!

今日は指導している中学校のステージでした。 地域行事のオープニングを飾るステージ…これを以って3年生が引退ということもあり、15分という短い時間ながら、彼らの全てを凝縮させようとJ-POP7曲のスペシャルメドレーを編成。ダンスチームも2チーム編成し(これが思いのほかなかなかの出来…笑)、練習時から生徒自らステップを追加したり、創意工夫してるのを見て、こっちがびっくりさせられるという嬉しい事も。(短い付き合いながらも)生徒の成長が垣間見れ、本番中泣きそうになりました;^_^A。 この学校、コンクールが終...

sato_blog | 2017.02.16 Thu 17:41

審査の視点

みなさんこんにちは! 先月、僕の師匠でもある津堅直弘先生(東京音大教授、、洗足学園客員教授、元N響首席奏者)の音大生のお弟子さんたちによる発表会が開催されました。 毎年この時期に開催しているのは、ちょうどこの後に実技試験や4年生は卒業試験が控えているからで、この舞台を踏んだ経験を活かし、試験という本番に挑もうという先生の配慮なのです。 僕ももれなく学生のときにはこの発表会に参加しまして、とても高い評価をいただいた年もあれば撃沈した年もありました。いろいろありました。ほんといろいろ。 ...

ラッパの吹き方 | 2017.02.14 Tue 06:11

メトロノームは練習に必要か 2

みなさんこんにちは! 先週から「テンポ」について、とくに「メトロノーム」とテンポの関係について書いています。 先週分をご覧になっていない方は、ぜひ前回から続けてご覧いただければと思います。(先週分はこちらから) 《音楽的テンポ感》 正確なテンポを刻むためにメトロノームを常にカチカチさせて演奏している方にお聞きしたいのですが、「やりにくい!」と感じたことありませんか? 技術的なことではなく、「なんか納得いかない」「体がそう反応してくれない」といったストレスを感じるようなやりにくさです。 ...

ラッパの吹き方 | 2017.02.07 Tue 07:21

メトロノームは練習に必要か 1

みなさんこんにちは! 前回は吹奏楽で大人気の「宝島」のテンポについて書きました。速すぎやしないか、と。 僕の個人的感想なので、当然、楽曲の演奏テンポは指揮者や団体ごとに自由です。 しかし、音楽…特にオーケストラや吹奏楽などといったクラシック音楽(寄り)の演奏形式、いわゆる芸術といわれる分野は、「創作した人(音楽の場合は作曲者、編曲者)」と「演奏する人」のバランスが大切になります。 作編曲者は、その作品をどのように演奏して欲しいか、具体的な完成図を持った上で楽譜にしています。しかし作曲者が...

ラッパの吹き方 | 2017.01.31 Tue 07:02

最近の「宝島」の演奏

みなさんこんにちは! 「宝島」、演奏したことありますか? 演奏経験のある方、とても多いと思いますし、吹奏楽経験者なら一度は聴いたことのある作品だと思います。 僕も大好きな曲のひとつですが、最近ホントに流行ってますよね。 元々あの楽譜はニューサウンズ・イン・ブラスのシリーズで1987年の発売されたものです。オリジナルはT-SQUARE(発表当時はTHE SQUARE)の作品。 古いですね!今、現役で吹奏楽部に所属している方は、全然生まれていないくらい古いです。 しかも、もしかすると、オリジナルがあるって知...

ラッパの吹き方 | 2017.01.24 Tue 07:54

言語化されたアドバイス

みなさんこんにちは! みなさんはレッスンなど、これまでにトランペットを誰か(本なども含む)に教わった経験が一度くらいはあると思います。 特に奏法面について話題になったとき、言われた通りやっているのに結果が伴わなかったり、何だかしっくりこない、場合によっては「それは違う」と指摘され、「言われた通りやってるじゃん!」なんて思ったり、そんな経験はありませんか? なぜこのようなことが起こるか。それは 「奏法を言語化しているから」 要するに「言葉で伝えている」ということです。 《レッス...

ラッパの吹き方 | 2017.01.17 Tue 06:44

失敗と成功

【講習会についての企画やご意見を募集しております】 おかげさまで昨年は年間18回の講習会を無事終えることができました。ご参加くださった皆様、ありがとうございます。 今後も音楽教室の生徒さんだけでなく、もっと広くトランペットを心から楽しみたいと思って練習を頑張っている皆様に少しでも力になりたいと思い、講習会などを開催していく予定です。 つきましては、「こんな内容の講習会だったら参加してみたい」とか「こんな企画があったら楽しそう」などのご意見をお聞かせください。 こちらのメールフォームにご自...

ラッパの吹き方 | 2017.01.10 Tue 07:50

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!