>
光の12日間 2011
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

光の12日間 2011

このテーマに投稿された記事:89件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c7/19991/
光の12日間 2011
このテーマについて
2011年の冬至から2012 年の冬至までの間に光の12 日間があり、ユニティの周期へとシフトしていきます。
※引用元
http://garybonnell.jp/pdf/light12daysupdates.pdf
このテーマの作成者
作者のブログへ:「sanpolove」さんのブログ
その他のテーマ:「sanpolove」さんが作成したテーマ一覧(34件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9 >

葛藤は朝の海にあらいながして

. あたまをつかうひつようがない . うまくやるひつようもない . このほしとながいごえんだから . なみおとがよびさますJUGEMテーマ:光の12日間 2011

葛藤を捨てて愛の世界へ | 2011.12.14 Wed 15:02

願いを持っていけば

彼女が一番調子を崩されていたときは、睡眠ゼロに近づいていく感じが恐怖でした。(私も付き合ったのですが) おクスリを再開してしばらくは、明かりを煌々とともしたホットカーペットの部屋で、なんとか数時間眠れる状態。 何かの刺激ですぐハッと目を覚まされるので、冷蔵庫の開け閉めも自粛したほどです。 それが今は、旅先の慣れない布団で二人一緒に20時に就寝した形。 先ほどまで気持ちいい寝息を立てておられました。 なにごとも移り変わる。 願いを持っていけば良い方向に。 感謝で日常に戻り「光の12日間」...

葛藤を捨てて愛の世界へ | 2011.12.14 Wed 14:56

魚座の時代の最後をよく見届けてきます

 偶然このタイミングになったのですが、「光の12日間」に先立つ二泊三日、ちょっと旅に行ってきます。 彼女と二人で。 長く続いた分裂の時代の終わり。 孤立して籠城して、効率悪く頑張る時代の終わり。 日本はもともと調和の伝統があり、震災が暴動につながらないなど葛藤レスで恵まれた国。 すんなり皆で次の時代へ行けそうに感じます。 ともあれ、魚座の時代の最後をよく見届けてきます。 この世ってどうだったのかと。 皆既月食がさっそく祝福してくれていましたね。※彼女のエントリ...

葛藤を捨てて愛の世界へ | 2011.12.12 Mon 02:49

「感謝vs葛藤=幸福vs不幸」

  努力してもほとんど実らず、願いは叶わず、言えない思いだらけ。許せない思い出だらけ。 ここから「ただ感謝」に反転することは簡単です。 春になってコートを脱ぐようなもの。 着込む時は着込むのですが… 1億円貯金があっても、不安と憤まんだらけでいられる。 水一杯飲むのにも感謝できる。「設定」は誠に頼りないもの。それ単体では無力なもの。 高気圧は雲を吹き飛ばし、低気圧は雲を呼び込む。 幸福になりたければ、コテコテの葛藤からミクロの感謝に切り替えるだけ。 大き...

葛藤を捨てて愛の世界へ | 2011.12.11 Sun 04:37

物事をうまくやろうとしない

 賢くなれ、頭を使え、努力しろと呪いをかけられ大人になるそれが価値だと信じて世の中を見る不十分な自分に苦しみ続ける不十分な他人に腹を立て続けるそのまま肉体が朽ち果てるならなんたる人生だろうでもある日もとからすべてがPerfectだと気付く飢餓感は幻だったと作為は無駄中の無駄だったとワザと生きるなにものもない種は自覚なく花になるサナギは予感なく蝶になる急ぐことが唯一の障害頭は使う必要がない※彼女のエントリー  『遠浅』2011/12/9JUGEMテーマ:光の12日間 2011

葛藤を捨てて愛の世界へ | 2011.12.10 Sat 05:27

葛藤=モノサシ、判断基準

  安心すると捨て去るものです。 逆に「私はまだ承認されていない」「正しく生きられていない」「このままではダメだ」「変えなくてはならない」 と思っているとどんどん膨らむのが葛藤。 いろいろ“基準”を設けます。 服装、生活、仕事内容、蓄財、教育、、、、 逸脱すると、非難・攻撃の対象となる。 自分に対しても、他者に対しても。「なっちゃいない」と。 死ぬまで続ける気ですか?。 それとも感謝に切り替えますか?。 森羅万象に切り取り線は存在しません。 聖者...

葛藤を捨てて愛の世界へ | 2011.12.09 Fri 04:44

深刻病について

  現代日本に生まれて、普通に仕事して生活するだけで、深刻病にかかるように私には見えます。 海外の友人に私の労働時間を話した折、「Crazy」という反応が返ってきました。 その時は「これが当たり前」くらいに思ったのですが、仕事をちょっと離れると家のまん前に立派な寒椿の木があって、何年も前から植わっている筈なのに初めてであるように感じられて… グーンと狭まった視野で生きていたと気づきました。 そんな旦那さんの帰りを待って家事・育児に明け暮れる奥さんもまたタフ。 一般的な日...

葛藤を捨てて愛の世界へ | 2011.12.08 Thu 05:03

綺麗な海への憧れ(明晰夢)

  どちらが本当の人生か分からなくなるほどリアルな夢を、毎晩見ます。 出現頻度No.1は圧倒的に『綺麗な海』。 主に南洋系なのが、何だか笑える… ノリが「悲しみ本線 日本海」ではないのです。 豊富な光の量の中、いつもキラキラ輝いておられる海。 森と湖のそばにログハウスを建てたいという今生の夢があるのですが、夢の中では旅また旅。 海が綺麗な南国を移動しつつ生命をJoy。 深層心理では願っているのでしょうね。 新しい光に出会っていきたいと。※彼女のエントリー&n...

葛藤を捨てて愛の世界へ | 2011.12.08 Thu 00:11

潜在意識にアクセス

  生活の中で意識の表面はブクブク泡立ちますが、その奥に「案外静かな」広い海が広がっていることに気づきました。 何がどうあってもこの世を愛している気持ちは変わらない。 恋人への思いも変わらない。 ただ安心している。 ともかく大らか。 表面のブクブクよりこちらに軸足を置いた方が良さそうです。 そもそもメモリー数が違う。  1:2000 くらい。 1の部分で毎瞬頑張っていたらブクブク泡だって当たり前でしたー フト頑張れる時、アイデアが湧く時、「今だ!」と思...

葛藤を捨てて愛の世界へ | 2011.12.07 Wed 06:59

この世はテーマパーク

  渦中に入ってワタワタやっている時は気付かないのですが、休息を取ると見えてくるものがあります。「この世というテーマパークに滞在中」だと。 良く出来ていますよね。 舞台裏がほとんど分からない。 自分用にカスタマイズされている。 ハードな学びと気楽な遊びがミックスされている。「自分が変われば世界が変わる」というのもミソ。 原因と結果、つまり“因果”なるものを、休息を取ったあとの脳みそはスンナリ理解する事ができます。 この世に遊びに来たのかな~ お土産もまた残して...

葛藤を捨てて愛の世界へ | 2011.12.07 Wed 00:02

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9 >

全89件中 11 - 20 件表示 (2/9 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!